大変なことになっている北朝鮮情勢。

関係国の経済的なプレッシャーもあってか
現在まで、何も起きていないものの

国内の緊張状態は高まったままです。

このような声も

最近は、ストレスで夜も眠れないわ・・・
カリアゲ黒電話からの攻撃は
ブーメランのように
北朝鮮に向かうだろう!

そんな中、北朝鮮の国内に存在する美女達にも注目が集まっています。

今回の記事では、巷で話題になっている
北朝鮮の美女軍団について
その実態などをまとめてみました!

北朝鮮の美女軍団がヤバすぎる!

ここ最近、ネットを騒がせていたのが

北朝鮮の国内で活躍する美女ばかりのグループです。

「金正日」(第2代最高指導者)の時代には、歌や踊りを披露する「喜び組」が首相や上層部の接待をしていました。

喜び組は、目的別に3つのグループに分けられていたそう。

喜び組の種類としては、疲労回復のためのマッサージ・指圧を担当する「幸福組」や
ダンサーや歌手を中心とした「歌舞組」などがある。

金正恩氏が最高指導者になってからも
独裁政権であることは、変わっていないので

上記のような美女グループは
今も活動していると思われます。

もちろん、北朝鮮のアナウンサーが
ダントツでかわいいと私は思いますが。

朝鮮中央放送委員会のアナウンサー李春姫(リ・チュニ)氏↓(通称・北側クリステル)
北朝鮮 美女 

天然の美女が多いと言われている北朝鮮では、

綺麗な女性は、外国人や国内の富裕層、
党の幹部などを歌でもてなす役割があるとのこと。

このような声も

ノースコリアって呼ばれている割に、
天然の美女が多いんだな。(意味深)
北朝鮮の美女軍団を見るためだけに平壌に行きたいわw

北朝鮮の美女軍団の写真(画像)などをまとめてみた

美女が多いと言われている北朝鮮ですが、

上層部からの命令を断れない、などの理由から
脱北を考える女性も多いそう。

写真は韓国で活動する脱北者アイドルグループ「タルレ音楽団」↓

KBS(韓国版NHKの番組)では「タルレ音楽団」の楽曲を視聴可能。

アコーディオン演奏が特徴的なグループです。

北朝鮮のアイドルグループと言われている「牡丹峰楽団」(モランボン楽団)↓

「モランボン楽団」は、北朝鮮の「少女時代」と呼ばれる80年代風グループで
現在、メンバーが結婚の適齢期に。

北朝鮮の「KARA」などと呼ばれている「青峰楽団」(チョンボン楽団)↓

正式名称は、ワンジェサン芸術団・青峰楽団。

2015年に結成された「青峰楽団」は、「金正恩」氏がプロデュースした女性アイドルグループであり

各楽団の実力者で構成されています。

喜び組とは

北朝鮮の国内で活動する上記の2つの楽団(牡丹峰楽団・青峰楽団)とは
構成員が異なると思われる喜び組は、

毎年、「北朝鮮」の学生の中から選ばれる18〜25歳までの
美女50名で成り立っており

給料も一般人の2~3倍。

定年は25歳とのこと。

定年後は、秘密保持のために幹部と結婚するそう。

「金正恩」氏の母である「高英姫」氏も、
以前は、この「喜び組」に属していたようです。

「金正日」氏の時代に、歌やダンスで個人パーティーなどを盛り上げていた「歌舞組」

休息を確保する(疲労回復のマッサージ・あん摩)目的で結成された幸福組など
「喜び組」には、様々な組織が存在していたみたいですね。

まとめ

さすがは独裁政権の将軍様。

国内屈指の美女の生演奏が聴けるだなんて、羨ましい、の一言に尽きますが、
私も生きているうちに一度は、
なんて、縁起でもないですかね。

というわけで今回は、「北朝鮮」の美女軍団について
その実態などをまとめてみました!

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。