2018年の平昌五輪では、北朝鮮の美女応援団が注目を浴びましたよね。

南北合同チームの応援のため、13年ぶりに韓国入りしていたようです。

ある意味では、五輪以上に話題を呼んだ北の美女軍団。

北朝鮮には、なぜここまで美女が多いのでしょうか?

サムジヨン楽団のヒョンソンウォル氏↓

気になっている方も多いようです。


そこで今回の記事では、北朝鮮に美女が多い理由や北の幹部と結婚するワケについて
まとめてみました!

北朝鮮に整形ナシの美女が多いのはなぜ?

長身でスタイルが良く、真っ白な肌、シュッとした口元、整った目鼻立ちなど、

日本にはいない美人が多いと言われている北朝鮮。

北朝鮮で喜び組などと呼ばれている集団は、北の全土から選抜された美形揃いなのだそう。

北の美人には来客をもてなす役割もあるようです。

整形ナシの美女が多いと言われている北朝鮮ですが、

2018年現在は、北朝鮮の全域で美容整形が流行っているみたいです。

美しさがお金に変わる北朝鮮。

国内の貧困が深刻なためか韓国と同じくらい、

もしくは

それ以上に美容への関心が高いのかもしれません。

現在の北朝鮮では、美白クリームなど韓国のコスメ商品が人気みたいですね。

平昌五輪で音楽を披露していた応援団のメンバーの何名かは、年齢層がやや高いせいか

お世辞にも可愛いとは言えない、といった声も。

一部の美女がメディアで注目されただけで、

国内の美人の割合は日本と変わらないのでしょう。

ちなみに、食糧難におちいっている「北朝鮮」では、

ややポッチャリな体型の女性が結婚相手として
好まれるみたいです。
(お金持ちそうなイメージを持たれるのでしょうか??)

なぜ応援団は幹部と結婚するのか

「モランボン楽団」など

北朝鮮の楽団のメンバーは、機密保持のため軍の幹部と結婚することが一般的なのだそう。

キム委員長と李雪主(リ・ソルジュ)夫人↓

李雪主夫人は、「牡丹峰(モランボン)」重唱組に所属していたようです。

上層部と結婚できれば、裕福な生活ができるので

そういった意味でも、整形をする女性が後を絶たないのかもしれません。

キム・アラさんのように、芸能人として脱北後に他国で働ける可能性も出てきますからね。

韓国で女優として活動中の脱北者キム・アラさん。

まとめ

国民を厳しい管理下に置いている北朝鮮。

平昌五輪に派遣された230名の応援団も

非常に統率の取れた動きを見せていましたよね。

今後の北朝鮮情勢がどのように変わるのか

注目していきたいところ。

というわけで今回の記事では、
北朝鮮に美女が多い理由などをまとめてみました!

また追加の情報があればアップしていきたいと思います!

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。