悪化を続ける「北朝鮮」の情勢ですが、

2018年1月現在、いつ開戦しても
おかしくない状況になっています。

拉致や実験などの
イメージが強い「北朝鮮」ですが

美女が多い国としても知られているようで

国内にはアイドルのような
グループが存在しているとのこと。

彼女たちは、いったい何者なのでしょうか?

今回は、北朝鮮の音楽グループである
「モランボン楽団」について
2018年現在のメンバーをまとめてみました!

脱北者の「アラ」さんや
国の内情についても調べてみました!

北朝鮮の「モランボン楽団」とは?

2012年の7月に、「金正恩」第一書記の
命令で結成された
北朝鮮の音楽ユニット牡丹峰(モランボン)楽団。

モランボンとは、「北朝鮮」の首都
ピョンヤン(平壌)にある
丘陵の名前のこと。

丘陵とは・・・なだらかな小山のある地形

楽器は、いずれも日本製の
一流メーカーのものを
使っており、

少ないながら、男性の演奏者も
在籍しているようです。

スタイルも良く、
天然の美女ぞろいのグループだと言われている「モランボン楽団」

北朝鮮の「少女時代」などとも呼ばれ

80年代風の見た目で、

歌う姿は独特、

「つい見入ってしまう」との声も

2015年には、中国で初の海外公演を行っていたようです。

「北朝鮮」では、AKBのような
派手なアイドルグループの
存在は認められていないためか、

日本のアイドルとは違った
おしとやかさが求められるみたいですね。

「韓流」を目の敵にしているという「金正恩」委員長

メンバー全員が、
天然のアイドル並の
ルックスだと言われているモランボン楽団に対しては

「日本の昭和のアイドルみたい」
「(どこかの国と違い)一人ひとり顔が違う」
といった声も。

2018年には、牡丹峰電子楽団(モランボンでんしがくだん)に改称していました。

メンバーは結婚の適齢期?

「金正恩」第一書記によって選抜された
モランボン楽団ですが

現在メンバーの年齢が
結婚の適齢期
さしかかってきているようです。

何名かは、すでに国の軍官などと結婚しており、
2015年には、モランボン楽団の解散
米国のメディアが報じていました。

しかし、解散したという事実はなく、
現在も、北朝鮮の国内で
公演などを行っているとのこと。

楽団のメンバーは、演奏者と歌手(ヴォーカル)に
分かれており、

その時々で人数が変動するものの、

普段は、ヴォーカルと数名の
演奏者で活動しています。

↓楽団のメンバー(ヴォーカル)↓

キム・ユギョン

キム・ユギョン

過去には、功勲俳優の称号を
与えられていました。

功勲(こうくん)・・・各分野で活躍した人物に
授与される栄誉称号。

独唱曲としては、「金座布団」や
「燃える願い」など。

キム・ソルミ

独唱曲「鉄嶺の下のリンゴの海」が、
「金正恩」氏に気に入られたため、

「金正日」氏の名前が入った
腕時計を表彰されていました。

リュ・ジナ

リュ・ジナ

楽団のエース(メインヴォーカル)であり、
代表的な独唱曲は、

普天堡電子楽団版(ポチョンボでんしがくだん)
カバー曲の「我らは勝利者」など。

過去には、「功勲(こうくん)俳優」などの
称号を与えられていたそう。

パク・ミギョン(ミギオン)

パク・ミギョン モランボン

パク・ソニャン

チョン・スヒャン

元ワンジェサン芸術団※のヴォーカルです。

ワンジェサン芸術団(軽音楽団)※・・・金正日の指令により発足した音楽グループ。
平壌放送や朝鮮中央放送などで
その楽曲が放送された。

リ・ミョンヒ

独唱曲としては「首領様を偲ぶ心」など。

ラ・ユミ

功勲俳優であり、2014年9月4日の
新作音楽会が
最後の演奏だったようです。

独唱の代表曲は、普天堡電子楽団版
(ポチョンボでんしがくだん)カバー曲である
「平壌を私は愛する」など。

リ・オクァ

リ・オクァ

以前は、ワンジェサン軽音楽団に
所属していました。

リ・スギョン

青峰楽団(ワンジェサン芸術団)にも
同姓同名の人物が存在するものの
別人だそうです。

チョ・グキャン

入団前には、朝鮮中央テレビで放送された
アニメ映画「少年将帥」の劇中歌も歌っており、

モランボン楽団の中でも、
かなりの美人だと
言われているメンバーです。

キム・ヒョシム

2015年にデビューしたメンバー。

こめかみのほくろが特徴的です。

米朝首脳会談のため
シンガポールへ向かう玄松月氏(団長)に
同行していたそう。

オ・スヨン

現在は、三池淵(サムジヨン)管弦楽団の
「二軍歌手」としても
活動しています。

ユ・ボンミ

音大卒であり
以前は、青峰楽団(チョンボンがくだん)で
活動されていました。

キム・チョンイェ

モランボン楽団の新メンバーであり、
万寿台芸術団(マンスデげいじゅつだん)から
移籍していたようです。

キム・オクチュ

元「普天堡電子楽団」の重唱組である
「牡丹峰」に所属しており

青峰楽団(牡丹峰重唱組のメンバー等で構成)
を経て、
2017年9月に合流していました。

⇣ヴァイオリニスト⇣

ソヌ・ヒャンヒ

モランボン楽団の学長
以前は、万寿台芸術団(マンスデげいじゅつだん)に
在籍していました。

2015年の公演以降、
安否が分からなくなっていましたが、

2017年の音楽舞踊の総合公演で

生存が確認されていたようです。

ホン・スギョン

これまでに、ワンジェサン芸術団や
万寿台芸術団などに所属、

ソヌ・ヒャンヒ氏の不在時に
リーダーをつとめていました。

⇣チェロ⇣

ユ・ウンジョン

2018年9月より
三池淵管弦楽団(サムジヨンかんげんがくだん)に。

⇣シンセサイザー⇣

リ・ヒギョン

リ・ヒギョン

以前は、ワンジェサン芸術団で活動していました。

⇣ピアノ⇣

キム・ジョンミ

2012年に加入したメンバー。

⇣ギター⇣

チョ・ギョンヒ

モランボン楽団の初代メンバーであり、

北朝鮮のジミ・ヘンと呼ばれた
カン・ピョンヒの
後任ギタリストです。

⇣ベース⇣

チョン・ヘリョン

一度は、青峰楽団や功勲国家合唱団に
移籍したものの、
モランボン楽団に復帰していたそう。

⇣ドラムス⇣

ハン・スンジョン

ハン・スンジョン

朝鮮人民軍協奏団(ちょうせんじんみんぐんきょうそうだん)元メンバーで
パーカッションから
ドラムスに移動していました。

⇣楽団長⇣

玄松月(ヒョン・ソンウォル)

楽団長であった「玄松月」(ヒョン・ソンウォル)氏は、
「金正恩」氏の元カノであり
安否が心配されていましたが、

ご健在だったようです。

ヒョン・ソンウォル

北朝鮮内では、陸軍大佐という
称号を持つ「玄松月」氏。

2018年2月の平昌五輪に向けて、

北と南では

140人もの管弦楽団が
ソウルと江陵市で公演を行うことで、
合意していたとのことで

「モランボン楽団」のリーダーである「玄松月」氏は、
1月22日に、国立劇場などの
公演予定地を視察していたようです。

楽団のメンバーは全員、軍の将校の
肩書きを持っており、
軍服でステージに立つことも多いそう。

脱北した美女アラのプロフィールについても

「No.1脱北美女」とまで言われた「キム・アラ」さん。

12歳で脱北し、

美しすぎる脱北者として
韓国の人気番組でブレイクしていました。

モランボン楽団 アラ

アラさんいわく、国内の貧困は深刻であり、
年に一度しか風呂に入れず、

虫や蛇を食べて、飢えをしのいでいたそう。

アラさんは、現在までに、
結婚などされていないとのこと。

独身だったことにも驚きですが、

極貧の中でもこれだけの美貌を
保っていただなんて、

凄いですよね。

平昌五輪まで、間も無くとなりましたが、
引き続き「北朝鮮」の動向に
注目していきたいと思います。

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。