緊迫している「北朝鮮」情勢ですが、

2019年2月末には、
2回目の米朝首脳会談が予定されています。

金委員長とトランプ大統領の
会談内容に注目が集まる中

「北朝鮮」国民の
現在の生活についても、
気になっている方が多いようです。

今回は、「北朝鮮」の生活実態について
判明している情報をまとめてみました!

北朝鮮の生活実態は2019年も貧しいままなのか?

貧困のイメージが強い「北朝鮮」ですが、

ここ最近は、

それなりの生活ができる国民が、
急増しているそう。

実験の関係者などは

首都「平壌」の再開発エリアにある
高層マンションに、
住んでいるみたいですね。

韓国に脱北した家族からの仕送りを元手に
ビジネスを立ち上げ

裕福な暮らしができている人も
増えています。

外国のアニメも人気で、

富裕層の子供たちの間では、
インターネットゲームや
DVDの視聴が流行っているそう。

道路が舗装(ほそう)されている
都心部では、
多くの乗用車が走っています。

2017年12月から北朝鮮への追加の経済制裁が行われたことで
一時期はガソリンの価格が
値上がりしたものの

2018年1月からは下がり続け、
2019年になっても
下落する一方。

国内供給の増加などにより
価格の上昇は
抑えられていたとのこと。

中古車なのか、ローンなのかまでは
分かりませんが、
車を購入し維持できる国民が増えていることは、間違い無さそうです。

一方、車の普及率が低い田舎では、

電力供給不足などで
電車が来ない日もあるそうで

徒歩や自転車での移動が
一般的なようです。

都心部と田舎では、
生活レベルの差が大きいのでしょう。

北朝鮮で暮らす女性の実態とは?

北朝鮮では容姿が物を言うのだそうで、
女性はスキンケアなどの美容
こだわっているそう。

そのため

国内では、韓国の化粧品が人気であり、

美容整形する国民も増えているようです。

国内はインターネットが規制されているため

北朝鮮の国民は、
ラジオから国外の情報を
仕入れるとのこと。

電気もほとんどなく、
停電は当たり前で、

首都の平壌ですら、
エレベーターが動くのは数時間なのだそう。

苦労して手に入れた電化製品も
簡単に壊れてしまうみたいですね。

食料不足が深刻に?

2017年は、農業による収穫量が
比較的、多かった北朝鮮ですが、

2018年は、猛暑や雨不足の被害が
深刻だったようです。

金正恩

最近の「金正恩」委員長は、
平地でも栽培できる、といった理由から
米ではなくじゃがいもを主食にする計画を進めているそう。

北朝鮮の、農作物の生産量は
世界平均を大きく下回っており、

各国の支援を受けているにもかかわらず、

食料配給制度の崩壊などによって

2019年現在、首都である
平壌ですら食料不足が
続いています。

1990年代後半に起きた
大飢饉の以降は
食料価格が安定したものの

個人の耕作地で
栽培されたものが多いため

凶作で品薄になれば
価格が高騰してしまうそうです。

そのため、精鋭兵ですら
深刻な飢餓に
おちいっていたとのこと。

美人すぎる脱北者として
韓国などで活躍中の「キム・アラ」さんは、
年に一度しかお風呂に入れず、

虫などを食べて育ったのだそう。

「アラ」さんの場合、幼い時に
母に捨てられたので
極端な例かもしれませんが、

あまりにも国内での生活が困難なため、
脱北をはかる兵士も
出てきているみたいですね。

2016年に、韓国に亡命していた元外交官の「太永浩」(テ・ヨンホ)氏

自国の富裕層に売るために、
「日本海」で魚を取る
業者も出てきているそう。

最近では、100隻を超える北の漂流船が
日本の近くに現れる
なんて騒動もありましたね、

ネットからはこのような声も

北の漁業者を手厚く保護すれば、
今後も漁船が相次いでやってくるぞ!

もはや限界を迎えつつある「北朝鮮」。

脱北を試みた国民に対しては、厳しい罰が課され

罪を軽くしてもらうには、
賄賂を払うしか無いようです。

脱北をはかれるのは
一部の富裕層に限るのでしょう。

というわけで今回は、「北朝鮮」国内の
2019年現在までの
生活実態についてまとめてみました!

さらに詳しい情報が判明次第、
追記していきたいと思います。

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。