2020年7月5日に「都議会議員・補欠選挙」の投開票が行われます。

4つの選挙区で予定されている今回の補欠選挙ですが

「日本維新の会」所属「おときた駿」参院議員(地域政党あたらしい党代表)の辞職にともなう

北区選挙区の補選は、
新人の女性5名による異例の戦いとなっています。

2019年の北区長選挙で善戦するも落選した「おときた」氏↓

選挙の結果も気になりますが

立候補している人物についても知りたい、
という方が多いようです。

そこで今回は、北区選挙区の都議補選に出馬している「佐藤こと」氏について
プロフィールや経歴などをまとめてみました!

気になる政策なども調べてみました!

佐藤こと氏のプロフィールや経歴まとめ!

名前:佐藤 古都(さとう こと)
年齢&生年月日:1988年4月22日(2020年7月時点で32歳)
出身:静岡県・浜松市

所属する日本維新の会のほか

「おときた駿」氏が代表をつとめる「あたらしい党」の公認を受けて、

在住する北区の都議補選に出馬している「佐藤こと」氏。

東京都・政対策委員をつとめています。

静岡県立「浜松北高校」の普通科を卒業後

アイルランド最古の国立大学である「トリニティカレッジ」(ダブリン大学)
心理学部に進学した佐藤氏。

卒業後は、広告代理店でデジタル領域を専門に5年間働き、

2018年に障害者の就労を支援する
「株式会社ゼネラルパートナーズ」に入社し、

現在まで広報室長をつとめています。

幼少期からガールスカウト※の活動をされており

2004年にメキシコ派遣、

2010年には、ロンドン・パックスロッジでボランティアを経験していました。

ガールスカウト※とは・・・スカウト運動とよばれる
団体活動を国際的規模で展開する少女のための教育団体の名称。

健全かつ幸福で社会に貢献する女性の育成が活動目的。

2012年には、国連人口基金(UNFPA)主催のGlobal Youth Forum(パリで開催)に
日本代表として参加したそうです。

趣味は手話だそうで、

お子さんが、1人いるみたいです。

佐藤こと氏が2020年の都議補選に!政策(公約)なども!

佐藤こと氏の都議補選の公約(政策)です↓

東京JC主催の討論会では、

ウイルス対策に際しての小池氏の曖昧な発表を

「私たちがどのように活動すれば良いか分かりくい!」などと批判し

「情報公開がもっとも大事。(おときた氏も言い続けてきた)

(大阪モデル参考に)客観的なデータを発表し、信頼できる都政を目指す」と

語っていました。

今回の都議補選北区選挙区(定数1)には、佐藤氏のほかに

「自民党」公認の「山田加奈子」氏(元北区議)や、

筆談ホステスでおなじみ「立憲民主党」公認の斉藤りえ氏、

「ホリエモン新党」公認の新藤加菜氏(配信者)。

「都民ファーストの会」公認の天風いぶき氏
(小池知事の元秘書)が出馬しています。

今回「あらたしい党」の公認を受けている佐藤氏ですが、

党の代表であり2017年の都議選(北区選挙区)で「都民ファーストの会」の公認を受けトップ当選した

「おときた駿」参院議員は、

2016年の北区議選で応援した「斉藤りえ」氏のことも

古巣の都民ファーストの候補者のことも応援していないみたいですね。

「おときた」氏は維新の候補を応援しているようです↑

「ホリエモン新党」の候補者(新藤加菜氏)のこともこっそり応援していそうですね。↑

「佐藤氏こと」氏は、2018年から、「おときた」氏の
政策スタッフをつとめていたそう。

まとめ

今回の都議補選は都知事選と同日に
投開票されることもあり

高い投票率が期待されます。

特に、北区の選挙区は注目度が高そうです。

都知事選は、自民党が対抗馬を擁立しなかったため

盛り上がっていないと言われますが、都議補選の方が注目されていそうですね。

「佐藤」氏は、対立候補と比べると、やや存在感が薄い気もしますが、

初当選できるのでしょうか?

北区補選の選挙結果や票数に注目ですね!

追記)「佐藤こと」氏は、今回の都議補選で
3万3903票を獲得するも
「自民党」公認の山田氏に敗れていました。

というわけで今回は、2020年夏の「都議補選」に出馬している
「佐藤こと」氏について、経歴などをまとめてみました!

また追加の情報があればアップしていきたいと思います。

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。