2018年の南城市長選挙が
ついに投開票の日を迎えましたね!

沖縄の首長選挙であることに加えて

与野党を含めた
総力戦となっている今回の市長選は、

有権者の関心も高く

その候補者にも
注目が集まっています。

そこで今回は、2018年の南城市長選挙に出馬していた
元衆院議員の「瑞慶覧長敏」氏について、
プロフィールや経歴などをまとめてみました!

瑞慶覧長敏のプロフィールや経歴をまとめてみた!

名前:瑞慶覧 長敏(ずけらん ちょうびん)
出身:沖縄県・島尻郡(大里村)
生年月日:1958年10月24日(59歳)

南城市のご出身である「瑞慶覧長敏」氏。

かなり珍しい名前ですが、

沖縄では、普通なのでしょうかね。

同じ名字を持つ、駅伝のランナーも
いるみたいですし

「島袋」などと同様に
県内ではメジャーなのかもしれません。

「長敏」氏の父親は、元沖縄の県議であり、

政治団体「沖縄社会大衆党」の
委員長をつとめていた
瑞慶覧長方(ずけらんちょうほう)さんです。

「沖縄社会大衆党」(社大党)は
沖縄の革新※勢力をまとめる存在として
現在も強い影響力を持っています。

革新※とは・・・政治体制の変更を優先的に要求する思想のこと。
政治機構の改革などを主張する左派の立場。
(反対する概念は伝統や現状を優先する保守)

「長敏」氏は、アメリカのセントラルワシントン大学の
経済学部を卒業され、
「琉球大学」法文学部・経済学科に編入。

卒業後は、英語教育に
携わる仕事をされた後に、

沖縄で英語塾を始めていました。

2009年には、「民主党」から衆院選
(沖縄4区)に出馬し

「自民党」の候補者である「西銘」氏を破り
初当選していたようです。

しかし、党の方針に反対するなどして
2012年に離党し、

同年に無所属で衆院選に出馬するも
前回戦った「西銘」氏に
大差で敗れていました。

政党のバックアップなしでは
厳しかったのでしょうね。

その後の「長敏」氏は
2015年に、東アジア共同体研究所琉球・沖縄センターの
事務局長に就任されていたそう。

元衆院議員が南城市長選に!ネットの評判をまとめてみた!

夏場にかけては、ランニング一枚で
辻立ち※していたという「瑞慶覧長敏」氏

※演説などのため、街角の道ばたに立つこと。

そんな「瑞慶覧長敏」氏ですが、

2018年1月21日投開票の
南城市長選に立候補されていました。

革新派※と言われている「長敏」氏ですが、
選挙では、子育て支援や
産業振興などを掲げ

民進党などの野党系・大衆党のほか
「翁長」沖縄県知事からも
応援を受けていたようです。

今回の選挙では、苦戦が予想される「長敏」氏。

2000年の九州・沖縄サミットで、

「長敏」氏の選対本部長が
当時23歳の安室奈美恵さんに抱きつく、

といった不祥事が
過去にあったみたいですが、

(2000年11月25日
日刊スポーツの記事より)

ご自身の不祥事では無いとはいえ、
イメージダウンは
避けられませんよね。

また、選挙期間中には、
長敏氏の息子さんが登場し

「長敏」氏の対立候補である
現職の「古謝市長」を
応援していたとのこと。

味方であるハズの
ご子息ですが、

謎ですよね。

激戦が予想される今回の首長選。

果たして、どのような結果が
待ち受けているのでしょうか?

2018年1月22日追記)南城市長選挙は開票の結果

オール沖縄勢力を形成する社民や共産、
社大(沖縄社会大衆党)、民進、
自由の5党から推薦を受けた「瑞慶覧長敏」氏が

自公・維新推薦の現職を65票差で下し、

初当選されたそう。

というわけで今回は、
元衆院議員の「瑞慶覧長敏」氏について、
プロフィールや経歴などをまとめてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。