2019年1月27日投開票の山梨県知事選挙が
話題になっています。

2019年は選挙イヤー、ということで
統一地方選挙や
夏の参院選の前哨戦に位置づけられている今回の知事選。

自民党は国政並みの体制で
臨んだものの、

思わぬ苦戦を強いられていたようです。

今回は、2019年の山梨県知事選挙に出馬している
「長崎幸太郎」氏について
経歴や評判などのほか、堀内詔子氏との関係をまとめてみました!

長崎幸太郎のプロフィールや経歴をまとめてみた!2019年の山梨県知事選挙に

名前:長崎幸太郎(ながさきこうたろう)
生年月日:1968年8月18日(2019年1月時点で50歳)
出身:東京都


前・衆議院議員であり、

自民党の幹事長・政策補佐の役職に
ついている「長崎幸太郎」氏。

商店を経営する両親のもとに生まれ
開成高校をご卒業後、
東京大学の法学部に入学。

格差の是正を志し
大蔵省(現在の財務省)に
入省されました。

エリート街道を
走ってこられた長崎氏ですが、

2005年には、自民党の公認で
衆院選(山梨2区)に出馬しており、

「自民党」の通産大臣などをつとめ
無所属で出馬した
現職の「堀内光雄」氏に敗れるも、

比例で復活し初当選。

2009年、自民党を離党して
臨んだ衆院選では、
2位の票数で落選していたようです。

2012年の衆院選にも

山梨2区から無所属で
出馬していた長崎氏。

堀内光雄氏

自民党は、「堀内光雄」氏の長男の妻である
「堀内詔子」氏を
公認していたものの、

長崎氏が、およそ7000票差で堀内氏を破り、
2度目の当選を果たされていました。

(堀内氏は比例で復活)

2014年の衆院選にも
無所属で出馬した長崎氏は、

二階氏から支援を受け、
自民党が公認する
「堀内詔子」氏を1万票差で破り、

3度目の当選を果たしていたそう。

そして2017年の衆院選の際には、
自民党に復党。

追加の公認をかけて、
無所属(自民党・推薦)の「堀内詔子」氏と

3度目の対決に臨んだ長崎氏ですが、

惜しくも落選していたようです。

現在は、議員ではないものの
自民党に所属しているみたいですね。

長崎幸太郎と堀内詔子との確執がヤバい

自民党は、今回(2019年)の山梨県知事選挙で
候補者を一本化した
と言われていますが、実際は少し違うようです。

なんでも、「堀内詔子」氏の支援団体ほか、
党の山梨県連、

地元の企業グループなどが
現職である「後藤ひとし」候補を
応援しているそう。

「長崎幸太郎」氏の応援に駆けつけていた
堀内詔子氏ですが

堀内氏は長崎氏と、
何度も衆院選で同じ選挙区を
争った仇敵。

長崎氏が、次回の衆院選に
出馬する場合、
戦いは避けられないでしょうね。

二階氏が、新人の頃から面倒を見ていた

いわゆる子飼い
だと言われている長崎氏。

今回の県知事選で、自民党の候補は

二階幹事長が推す
長崎氏に一本化されており

表向きには、分裂を避けられたみたいですが、

実際には、組織票が
割れるかもしれません。

自民党が、一枚岩になれない理由としては、
過去の長崎氏の発言も
関係しているのでしょう。

長崎氏の決起集会で、

菅官房長官が
「安倍政権のおかげで
有効求人倍率が0.9→1.6倍に増えた」と、

強調したことに対して、

増えたとしても、
ロクな就職先ではない、
などと批判していた長崎氏。

党内からは、長崎氏を批難する
声が寄せられていたようで。

長崎氏は後日、フェイスブックで
この件について
釈明していました。

このような状況の中で、自民党の議員が一つになって
長崎氏を応援できるのか
疑問の声も。

まとめ

1月現在(中盤〜終盤にかけて)の県知事選の情勢は、

「立憲民主党」などが推薦する現職の後藤氏と
自公が推薦する長崎氏の
激しい接戦となっています。

党内の反対勢力も多く、
逆風が吹き荒れる中で、

自民党が44年ぶりに一本化して擁立した長崎氏は、
当選を果たせるのでしょうか?

選挙の結果が判明次第
追ってまとめていきたいと思います!

追記)2019年1月27日に県知事選の投開票が行われた結果、
現職の後藤氏らを破り
長崎氏が初当選していたようです。

長崎氏は、今後も自民党に籍をおいたまま
活動する予定だそう。

というわけで今回は、2019年の山梨県知事選挙に出馬していた
「長崎幸太郎」氏について
その経歴などをまとめてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。