2018年春の選抜高校野球で連覇を果たした「大阪桐蔭」(おおさかとういん)。

下馬評では、優勝候補に名前があがっていました。

そんな桐蔭の連覇の立役者である「西谷浩一」監督とはどのような人物なのでしょうか?

大のベビースター好きで知られる「西谷」監督なので

現在もたくさんのベビースターを食べているのか

そのあたりも、気になっている方が多いようです。

そこで今回は、西谷浩一(監督)の
指導法などに加えて、好物のベビースターについてまとめてみました!

西谷浩一(監督)の指導法がスゴい?年収についても

現役時代は、関西大学で捕手(キャッチャー)として活躍していた「西谷」監督、

兵庫の報徳学園高校でもプレーしていました。

「逆転の報徳」の異名を持つ報徳学園は、勝利への執念が校風として受け継がれるそうで

2018年現在も兵庫を代表する強豪校として知られています。

甲子園の出場校(優勝候補)の監督としてその名が知られている西谷監督ですが、

その指導法は、いたってシンプル。

打撃(バッティング)練習に本番のピッチャーを投入するなど、毎日、実践形式での練習を行なっているそう。

このような声も↓

不調になっても監督は口を出さない。

自分の頭で考えることを求められるので、工夫するしかない。

本当にいきづまったときだけ、声をかけてくれました。

選手いわく

自ら考え行動できる、自立型の選手に育ててくれるみたいですね。

社会科の教師でもある西谷監督は、午前中は教師のお仕事をされ、

午後から野球の監督として活動しています。

私立の高校教師の年収は700万円と言われていますが、

西谷監督は、高校野球の強豪校の監督でもあるので、

1000万円はもらっていそうですよね。

青学陸上部の「原」監督も、かなりの高給取りだと噂されていますし

セミナーや講演などに呼ばれていれば、講演料などの副収入も得ていそうです。

西谷監督がかわいい!家族の情報についても

「かわいい。」などと言われており、

若い頃、特に現役時代はモテモテだったと思われる西谷監督。

体型のおかげか、一つひとつの仕草が可愛く見えるみたいですね!

あのお腹は癒し系。
今日は西谷監督と選手のやり取りを見て癒されよう。

残念ながら、奥さんや子供など、家族についての情報はネット上には存在しませんでした。

公にしていないだけで、既婚者の可能性もありますが。

普段から、選手のスカウトのために全国を飛び回っている「西谷」監督なので、

家族と過ごす時間がとれないのかもしれません。

教え子一人ひとりが「西谷」監督にとっての大切な家族なのでしょう。

西谷監督のベビースター好きの噂ついても

お菓子のベビースターラーメン※が大好物だという「西谷」監督。

ベビースターラーメンとは※・・・おやつカンパニーの味付けフライ麺風のスナック菓子。

大会の直前には、OBから大量のベビースターの差し入れをもらっているようで、

その数は、ここ3年で2000袋近くになるとも。

多すぎて、圧倒されてしまいますね。(笑)

本当に一人で食べているのでしょうか??

だとすれば監督の大きなお腹は、間違いなくベビースターのせいでしょう。

このような声も↓

あの大きなお腹には、ベビースターと幸せが詰まっているんだろうなー!
大阪桐蔭を倒すには、監督からベビースターを奪うしかない。

今年(2018年)には、OBである阪神の
「藤浪」選手に大量のベビースターをもらっていた西谷監督ですが

いっさい、手をつけなかったようです。

健康面など、気にしているのでしょうか??

最近は「少しシュッとした?」などとも言われている西谷監督ですが、

選抜高校野球などの時期には、封印しているのかも。

ベビースター用のサーバーも空にしていたようです。(笑)

結構なお年なので

これからも健康に気をつけつつ、お仕事を頑張っていただきたいですね。

というわけで今回は、大阪桐蔭の西谷浩一(監督)について
好物のベビースターの噂などを
まとめてみました!

また追加の情報があれば、
アップしていきたいと思います!

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。