カキン王国の継承戦に
旅団が絡み
ますます面白くなってきたハンターハンター。

前回の記事では、「ネオン」の
その後についてまとめました!

そんなハンターハンターですが、

今年中には、ノブナガの能力が
判明するかもしれません。

まぁまだ、戦闘シーンが
見られるかどうかも
定かではありませんが。

旅団のメンバーの中でただ一人、

能力が明らかになっていない
ノブナガですが、

どれほどの強さなのか

気になっている読者も多いようです。

そこで今回は、幻影旅団のメンバーである
「ノブナガ=ハザマ」について
現在までに判明している情報をまとめてみました!

ノブナガのせいで旅団壊滅???

気性が荒く、旅団内では、

ウヴォーギンなどと同じ
特攻役の団員。

鉄砲玉であり、

命をかけて仲間を守る役目を
与えられていた「ノブナガ」。

ゴンやキルアの前では、
ウボォーギンのことで涙するなど、

仲間思いな一面も見せていましたね。

ヨークシン編では、

念を覚えたてのゴンを
旅団に勧誘し

ゴンとキルアを見張っていたノブナガですが、

まんまと逃げられていました。

その後は、円の範囲が
限られていたためか、

クロロをおそった
クラピカやレオリオを取り逃がし、

シズクには後頭部を殴られて
気を失うなど

これといった
見せ場の無かったノブナガ。

ヨークシンでの陰獣(いんじゅう)との戦闘では、

車に乗っていた位置が
悪かったとはいえ

(ふくろう)の能力「不思議で便利な大風呂敷
(ファンファンクロス)」で
捕獲され、仲間に助けられる始末。

ノブナガ 強さ

アジトでは、感情に任せて
ヒソカにおそいかかり、
団長から怒られていましたね。

軽率な行動が目立つノブナガには
団長も手を焼いていたようです。

「信じろ・・・あれはパクだ(ニッコリ」


↑今でこそ名ゼリフとなった
ヨークシンでのノブナガの発言ですが、

パクノダがクラピカに操作されていれば、
この一コマで旅団は
総崩れになっていたでしょう。

ノブナガの能力とは?

旅団のメンバーの中で
ただ一人、個別の能力(発)が
判明していないノブナガ。

初登場時には、ヒソカの件で

旅団メンバーのフランクリンと
殴り合いをしていたノブナガですが

念での戦闘シーンは、
一度も描かれていません。

ヨークシンでのノブナガといえば、

3対1の状況で
無抵抗のスクワラを拘束し
始末したことくらいで

ほとんど見せ場がありませんでしたね。

キメラアント編では、フェイタン同様、

師団長と戦った
可能性もありますが、

戦闘シーンが描かれなかったため、

ノブナガの発が何なのか、
未だに明らかにされていません。

2004年6月のハンターズガイドには
ノブナガは強化系であり、
念の応用技の一つ「周」で強化した刀で敵を一刀両断にする、

などと書かれています。

自分の肉体以外にもオーラをまとわせ強化する「周」↓

その居合抜きの太刀筋を見抜くのは
至難の業みたいですね。

(流石に円や周だけが
ノブナガの能力ではないと思いますが。)

過去に、フランクリンが

「ノブナガの能力はタイマン限定みたいなもの」
だと明かしており

一説では、太刀の間合いに入った敵を必ず倒す
能力だと言われています。

こちとら居合斬りを手加減するほど、
器用でもお人好しでもねーよ!(ノブナガ

一対一の勝負なら
ヒソカにも勝てそうです。

ノブナガの円の範囲を信じろ!

能力が謎である今も
「ヒソカ」に勝てる気がしないノブナガ。

仮にヒソカと戦ったとして

1週目はノブナガの能力のお披露目で終わり
2週目あたりで
バンジーガムにやられてしまいそうです。

円※の使い手でもあるノブナガ。

※円とは・・・オーラの間隔を広げることで、
その範囲内に入ったものの形や
動きを察知できる念の技術。

「ゴン」と「キルア」をアジト内で
追いかけた際には、

自身の円※の範囲は、
太刀の間合い(4mまで)だと
明かしており

ほかの念能力者には、遠くおよばないようです。

円の範囲=カイト:45m 
ゼノ:300m 
ネフェルピトー:2km(2000m) 
コルトピ:2.5km以上(コピーした対象物からの範囲)

「円の達人(笑)」「4mの円がノブナガの能力」
などと
読者からネタにされていたノブナガですが、

作中でネタとして扱われることも。

円の範囲は4mという
制約(ルール)を
あえて課していたのかもしれませんが。

まとめ

かつては、最強の念能力集団、
などと
恐れられていた幻影旅団ですが、

登場キャラの強さが
インフレしすぎたためか

ヒソカと団長の戦い以降は、
雑魚キャラに
認定されつつあるようです。

グリードアイランド編までは
強キャラに思えた
「フィンクス」や「フェイタン」ですら

今のヒソカに勝てるイメージがわきません。

勝てないことを自覚してクロロと組んだ
シズクやボノレノフは
助かりそうですが

フランクリン・マチのどちらかは
真っ先にやられるでしょうね。

とはいえ、生き残っている旅団メンバーは、
全員、奥の手を
隠し持っていそうなので、

能力次第では、
しぶとく生き残る可能性も??

このような声も↓

ノブナガは、シズクの不意打ちで戦闘不能になるくらいだから
ヒソカに襲われたら
勝てるわけがないwww

最新話では、カキン系ファミリーを相手に
円を使っていた「ノブナガ」ですが、
すぐに対象を見失ってしまいます。

得意技をかわされ
一瞬で見せ場が
終わってしまったノブナガ。

果たして旅団は、
今回の継承戦で
生き残れるのでしょうか?

今後の展開に注目していきたいですね。


というわけで今回は、幻影旅団の「ノブナガ」について
まとめてみました!

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。