継承戦に旅団が絡んできて、

面白くなってきた
ハンターハンターですが、

377話からは、

カキン系のマフィアが
次々に登場していますね。

念能力者も多いみたいですが

いったい何者で、
どんな能力の持ち主なのでしょうか?

今回は、シュウ・エイ・シャの3つの組(カキン系ファミリー)について
構成員やボスの能力など
現在までに判明している情報をまとめてみました!

シュウエイシャ一家のメンバーやボスの能力まとめ!

ハンターハンター(王位継承戦)で
新たに登場した

カキン王国のマフィアンコミュニティ

・シュウ一家
・エイ一家
・シャ一家

の3つのファミリー。

各王子(チョウライ、ツェードニヒ、ルズールズ)が

それぞれの組のバックについており
今後の継承戦にも
関わってきそうです。

今回は、
そんな3つの組の
組長と構成員をまとめてみました!

エイ=イ一家 組長 モレナ=ブルード

顔の左側に大きな傷を持つモレナ=ブルードは、

カキン帝国の国王である
ナスビ=ホイコーロと
その愛人との間に生まれた娘。

法的に婚姻関係を結んでいない
二人の間の子供
(いわゆる婚外子)であり、

ホイコーロの子孫でありながら、
正当な後継者には
なれないため、

二線者(偽物)と
呼ばれています。

二線者は、生まれると同時に
顔に傷をつけられるようで

表舞台に姿を見せないことを条件に
生存が許されているそう。

モレナは、ブラックホエール号の第3層での
富裕層との闇取引の斡旋を
主な収入源
とするエイ一家の組長であり

ケツモチ(バックにいる人物)は、
ツェリード二ヒ(第4王子)です。

能力「恋のエチュード」は、
念能力者を増殖(発症)させる能力。
(本人を含めると最大で23人まで可能)

発症者は、命を奪った人間の数や質に応じて
レベルが上がり、
オーラの総量や威力が増すそう。

一般人なら1、
能力者なら10
王子なら、レベルが50アップします。

レベル20を越えると、
独自の念能力
(発)が発現し、

100に達すると、各々の感染集団を
築くことができるようです。
(モレナ本人は現在レベル45)

現在までにエイ=イ一家は、
23人の構成員が登場しています。

エイ=イ一家 構成員  ルイーニー

幻影旅団に憧れている男。

左頬に大きな三日月型の傷があり、

旅団の目の前で、シャア=ア一家の
構成員の命を奪っていました。

モレナから念能力を授けられており、

船内で、すでに20人以上の
一般人の命を奪ったため
現在のレベルは21(本人1+20)。

発現した能力は、

(出入り可能な)扉が1つしかない
壁におおわれた個室内で
壁や床から別の場所に移動できる、というもの。

いつでも、どこからでも
元の部屋に戻れるそう。

ただし、行けるのは、
一度行ったことのある場所に
限定されており

元の部屋の扉が開いて
密室ではなくなると、
能力がリセットされ、

その部屋では、2度と能力が使えなくなります。

エイ=イ一家 構成員 カシュー

「ミザイストム」の取り調べでは、

「ルイーニー」におそわれた被害者のフリをして
嘘を混ぜた証言をしていた
エイ=イ一家の構成員。

捜査側に入り込もうと企んでおり

「恋のエチュード」の現在のレベルは1です。

シャ=ア一家 組長 ブロッコ=リー

カキンの国王であるホイコーロの異母兄弟。
(父が同じで母が違う兄弟のこと)

ブラックホエール号の第5層で、
物資全般を取り仕切っている
シャ=ア一家の組長です。

旅団がヨークシンで
暴れたおかげで
マフィアの勢力図が変わり、

そのドサクサで新大陸の
専有権※をゲットしていました。

占有権とは・・・物を支配する権利のこと(民法第180条)

シャ=ア一家の若い組員には、旅団の隠れファンも多いそう。

ケツモチはルズールス(第7王子)です。

シャ=ア一家 構成員 ソンビン


首にバラのタトゥーが彫られている
シャ=ア一家の構成員。

念能力者であり、

第5層で接触した旅団を
「飼えない野生の火竜」
などと表現していました。

シャ=ア一家 若頭 オウ=ケンイ

シャ=ア一家の若頭であり念能力者。

構成員をおそった
犯人探しの件で、
旅団に共闘を持ちかけていました。

シュウ=ウ一家 組長 オニオール=ロンポウ

ホイコーロの異母兄弟。

第4層で、人と物流のリザヤで稼いでいる
シュウ=ウ一家の組長。

シャア=ア一家の組長(ブロッコ=リー)とは
比較的、仲が良いみたいです。


ケツモチはチョウライ(第3王子)です。

シュウ=ウ一家 若頭 ヒンリギ=ビガンダフノ

シュウ=ウ一家の若頭であり、
組長の「オニオール」から
ヒソカの捜索を命じられていました。

具現化系の能力者であり
能力「手のひらを太陽に」(バイオハザード)は、

触れた武器や機械などを
元の機能を有したまま、
生き物に変えて操作できます。

シュウ=ウ一家 構成員 ザクロ=カスタード

操作系の念能力者であり、

能力「血いさな世界」(ブラッディメアリー)は

自らの血液を自在に操れます。

シュウ=ウ一家 構成員 リンチ=フルボッコ

放出系の能力者であり

能力「体は全部知っている」
(ボディアンドソウル)」は

質問してから相手を殴る事で

殴った相手の体から
答えを聞きだせる能力です。

まとめ

ボスや構成員の能力が
次々と明らかになっている
カキン系ファミリーですが、

構成員は
それほど強くはなく、

ノストラードファミリーの
ネオン護衛団と同じか
せいぜい陰獣※程度でしょう。

ルイーニーなどは能力が発現したばかりですからね。

ノストラードに雇われていた
「ダルツォルネ」は

(不意打ちとはいえ)フィンクスに
一撃でやられていましたし

陰獣も、複数人で戦いを挑んで
単体のウヴォーギンやフェイタンに
負けていましたからね。

チート級の能力者だと
言われているモレナですが、

組のケツ持ち(用心棒)のツェリ王子とは
敵対関係にあるようです。

今後は、各ファミリーと旅団との抗争
もしくは共闘が
期待できそうですね。

「以前ほどの強さが感じられない。」

「キャラの強さのインフレについていけず
弱体化した。」
などと言われている幻影旅団ですが、

今回の継承戦で、
名誉挽回することができるのでしょうか?

旅団の活躍に期待したいですね!

というわけで今回は、
カキン系ファミリーのメンバーや能力などについて
まとめてみました!

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。