今回は、ハンターハンター王位継承戦で活躍したカチョウ王子の警護兵「キーニ」についてまとめてみました!

キーニ

最新話で、男を上げたキーニ。

個人的に、カッコいいと思ったオッサンなので、今回取り上げてみました!

キーニは初老だが強い?熟練すぎるハンター協会員

ハンター協会員であり、センリツなどと一緒にカチョウ王子の警護を担当していたキーニ。

王子を守るため、部屋全体に円をはっており、「しんどい」などと漏らす場面も

おそらく円の範囲はノブナガ以上かと。

カチョウ王子の部屋で何が起きていたのかも把握していたので、熟練のハンターなのでしょう。

フウゲツ王子もキーニが護衛していれば

ベンジャミンの私設兵に変な虫をつけられずに、すんでいたかもしれません。

カチョウ・フウゲツ王子の脱出計画にも協力的であったキーニ。

ミザイストムから、「下層で見つかったフウゲツ王子が逃走する可能性がある」と告げられ

逃走防止を命じられた際には、諦めるかのような素振りを見せていました。

しかし実は、

ミザイの本当のメッセージは「カチョウ・フウゲツ王子の逃走をサポートしろ」

といったもので

ハンターにしかわからない暗号になっていたようです。

キーニは、自らを犠牲にして二人を守る決意をしていました。

キーニのイケメン過ぎる最後

キーニは愛する妻と娘に先立たれており、死に場所を探していたようです。

晩餐会でピアノを弾いていたキーニは、

カチョウとフウゲツを脱走用の小舟まで送り届け、

単独犯として全ての罪をかぶり、自害していました。

383話は、1話まるごとキーニの回だった、
とも言われており、

キーニがスゴくイケメンに見えてきました!

ピアノを演奏できるのもカッコいいですよね♪

キーニ:行け!!早く!!

カチョウフウゲツ:ありがとう・・・

笑顔で手を振るキーニ。

救命艇が発車!

キーニ:頑張れ・・!!逃げろよ・・!!・・・・さてと

キーニ:これで胸をはって妻と娘に会えると思うんだ、

素敵な女の子を、二人も助けてきたってね・・・

ハンター協会は、惜しい人材を無くしたと思います。

というわけで今回は、ハンター協会員であるキーニについてまとめてみました!

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。