ワンピースでも謎が多い
キャラクターの一人である
黒ひげですが、

何者なのでしょうか?

今回の記事では、マーシャルDティーチこと
黒ひげについて
その正体などを考察してみました!

懸賞金が規格外すぎる
などと話題のティーチなので

その辺りについても調べてみました!

ティーチの懸賞金の額がやばすぎるwwww

最新話で、判明したティーチの懸賞金は
22億4760万ベリー

あぜんとしちゃいますよね(笑

これまでに、作中で判明している
最も高い懸賞金は
五皇ルフィの15億ベリーでしたが、

ティーチ 正体

黒ひげは、それをはるかに上回る
賞金首だったようです。

頂上戦争の後で、能力者の命と悪魔の実の力を奪う
能力者狩りを行い、

白ひげのナワバリを
荒らし回っていた黒ひげ。

その凶悪さも、懸賞金に
反映されているのでしょう。

ティーチは異形だが強い!その能力は?

これまでの戦いでは、危機一髪のところで
生き延びることが
多かった黒ひげ。

かつてシャンクスと戦い
その目に傷をつけたことも

マルコいわく、黒ひげは体の構造が普通とは違っており、

悪魔の実の能力を
二つ以上得ることができるようです。

一説では、ゾオン系・幻獣種
イヌイヌの実(モデルケルベロス)
を食べており、

体(心臓)が3つあるため、
3つまで、悪魔の実が食べられる、とも。

海賊旗に、ドクロが三つ書かれていたことや、

シャンクスの目の引っかき傷
(ケルベロスの爪跡?)などから、
このような噂が、ささやかれるようになったそう。

ルフィとゾロは、黒ひげが複数の体を持つことに気づいていた?

登場するたびに、抜けた歯の位置が
変わっている黒ひげですが、

ケルベロスの3つの顔が
交互に出現していたため、
なのでしょうか?

黒ひげをよく知るエースは
ティーチに対し、

「人の倍の人生を歩んでいる」
などと言っていましたが。

これは、別々の人格が
違う人生を
歩んでいたから、ということなのかも。

ケルベロスは冥界の番人であり
昼夜問わず
見張りをしているため、3つの頭のうち一つは必ず起きてしまう

黒ひげの幼少期を描いたシーンでは、
月を見て泣いている様子が。

この能力のおかげで、夜は
別人格が活動しており、
色々と辛い目にもあってきたのかもしれません。

地震を操るグラグラの実と
サッチから奪ったヤミヤミの実の
二つの能力を手に入れた黒ひげ。

あらゆるものを引きずり込む
ヤミヤミの能力は、

他の能力者から、悪魔の実だけを引きずり込み
奪えるのでは?とも言われています。

黒ひげティーチの正体とは?すでに1巻で登場していた?

エースと白ひげが命を落とした
頂上戦争の後、
あっという間に四皇に上り詰めた黒ひげ。

ワンピースの1巻には、黒ひげがラスボスとして
すでに描かれていた
などと噂されています。

第1話(1巻)に登場した10年前のシャンクスは、
すでに目に3本線の傷を
負っていたようで、

その犯人(ティーチ)も1巻に登場していたのではないか?

と気になった読者もいたようです。

しかし第1話には、第1級のお尋ね者である
山賊のヒグマさんしか登場しておらず、

シャンクスに対して、お前のような海賊を
56人は始末してきた、
などと発言しており、

読者からは、シャンクス級の敵を56人倒してきた
=ラスボス級の強さ=黒ひげ
などとネタにされていたみたいです(笑)

ヒグマには逃げられ、
海の主にも手を食われていた
シャンクスなので、

ティーチとの戦いで、油断こそしていなかったとはいえ
10年前は、そこまで強くなかったのかも。

それなら、ヤミヤミの能力を手にしていない黒ひげに
傷をつけられたのも、納得できそうです。

ティーチの評価は?過去の名言なども 

ワンピースに登場するキャラの中で
最も海賊らしい海賊、などと言われている黒ひげですが、

キャラがハッキリしている分、
ファンも多いようです。

黄金郷や空島を夢見るルフィ達をバカにした
ベラミーに対しては
このような発言をしていましたね。

あいつ等の言う
新時代ってのは糞だ!!

海賊が夢を見る時代が
終わったって???

人の夢は!!!終わらねぇ!!!!

そうだろ??

笑われていこうじゃねえか
高みを目指せば
出す拳の見つからねえケンカもあるもんだ!!!

今の黒ひげと全然違いますよね(笑

ひょっとすると、この時は
別の人格が
現れていたのかも。

海賊王に最も近い男、などとも呼ばれている
黒ひげですが、

ルフィとの直接対決が楽しみですね。

というわけで今回の記事では、
ワンピースに登場する黒ひげについて
その正体などを考察してみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!

関連記事とスポンサーリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。