アブサロム シリュウ

スケスケの実の能力者であり
元王下七武海の
ゲッコーモリアの部下であったアブサロム。

触れたものや
自身の姿を消すことができる能力者
でした。

私が思うに、

スケスケの実の能力は、
スパイ活動にも
適しているので

カイドウのナワバリに侵入している
現在のルフィ達に
必要な能力だと言えそうです。

アブサロム自体、なかなか面白いキャラで
個人的には
好きだったのですが、、、

どうやら、われわれの知らない間に
気の毒な最期を
むかえていたようで、

今回は、ゲッコーモリアの部下である
アブサロムについて、
頂上戦争後の活動や、その正体などをまとめてみました!

※最新話のネタバレを含んでいるので
コミックス派の方は
注意していただきたいと思います。

アブサロムの最後が悲惨すぎた?

頂上戦争の後は、表舞台に出ることなく
ひっそりと活動していたアブサロムですが、

どうやら、黒ひげのナワバリ(海賊島のハチノス)に侵入した際、
その命と同時に
能力までも奪われていたようです。

悪魔の実の能力者の
命を奪い、

その能力を得る方法を
知っていた黒ひげ

スケスケの実の能力は、

現在、黒ひげ海賊団の
船長の一人、
雨のシリュウのものになっています。

現時点までで、
アブサロムが本当に亡くなってしまったのかは
定かではありませんが、

可能性は高いでしょうね。

フリーライターアブサの正体はライオンのミンク族だった?

ホグバックの手術のおかげで
高い戦闘力を得ており

スリラーバーグでは、
ジェネラルゾンビを率いて
サンジに挑むも、

スケスケの実を攻略されて
敗れていたアブサロム。

頂上戦争では、
ピンチのモリアを救い、

その後は、フリーライターのアブサとして
様々なスクープを
新聞社に提供していたようです。

ミンク族だという噂もあったようですが、

元々は、人間であり、
ホグバッグに肉体改造され
現在の姿になったようです。

アブサロムの肉体には、ライオンのアゴ、ゾウの皮膚、
クマとゴリラの筋力が
移植されていた。

ミンク族のシシリアンと、
ソックリなアブサロム

確かに見た目は
ミンク族っぽいですが、

透明人間ですし、
人間であるナミにも惚れていましたからねー。

親しみのあるキャラクターで
人気のアブサロムは、

新世界での再登場や
活躍が期待されていましたが、

残念な結果に終わってしまいましたね。

ぜひとも、ホグバッグやモリアの力で
復活させて欲しいものです。

というわけで今回は、ゲッコーモリアの部下である
アブサロムについて、
頂上戦争後の活躍などをまとめてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!

関連記事とスポンサーリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。