1990年台の後半に大ブレイクした
元祖トレンディ俳優「吉田栄作」さん。

モデル出身の演技派として
新時代を築き、

2000年台の前半に人気を集めたリアリティ番組
「マネーの虎」の司会として
新たなファンを獲得しましたよね。

紅白への出場経験もお持ちで

「マネー成立です」「ノーマネーでフィニッシュです」
などのセリフでも
おなじみの栄作さんですが、

マネ虎の放送終了から
15年以上がたった現在は

どういった活動をされているのでしょうか?

今回は、吉田栄作さんの
2019年現在までの活動や
若い頃のイケメンぶりをまとめてみました!

吉田栄作の若い頃がイケメン過ぎ!気になる生い立ちなども

吉田栄作さんの若い頃

幼少時代は、空き瓶を拾うなどして
小遣を稼いでいた吉田栄作さん。

かなりの貧乏だったそうで、

苦労人だった時代に、
ハングリー精神で頑張ったからこそ

俳優として成功できたのかもしれませんね。

90年代には、加勢大周さん織田裕二さんと共に
「トレンディ御三家」「平成御三家」などと、
もてはやされた栄作さん。

若い頃の吉田栄作さんは、

妙に格好つけたり、
独特の熱さを持っていたようで、

自分が優秀だとアピールしすぎたためか、
人気が下火になってしまったそう。

そのような中、

1995年に芸能活動を一時期休止し、

ハリウッドに挑戦するため、
アメリカに渡っていたようです。

帰国後は、俳優として復帰していた栄作さんですが、

30代の前半くらいから
出演したマネーの虎では、

司会を担当していましたね。

一般人でもある起業家が
事業計画をプレゼンし、
投資家たる審査員(虎)に気に入られれば

出資を受けることができた「マネー虎」。

独特の落ち着いた雰囲気や
「マネー成立です」の
セリフが印象的だった栄作さんですが、

その後は、ドラマや舞台演劇などで
高評価を得ていたようです。

舘ひろしには敵わないが
カッコいいな栄作

吉田栄作の出演ドラマは?

2015年には、カリスマモデルの平子理沙さんと
離婚していた栄作さんですが、

2018年9月公開の映画
「響HIBIKI」に出演され

10月には、テレビ東京の連ドラ「天 天和通りの快男児」で
アカギ(赤木しげる)の役を
演じていました。

アカギ・・・「天 天和通りの快男児」から派生した
麻雀漫画「アカギ 〜闇に降り立った天才〜」の主人公であり、
麻雀界で伝説を築く神域の男

「ビジュアルを似せることで
気持ちからキャラクターに近づき、

映像の中でも、世界観を再現したい」

と語っていた栄作さん。

演技の評判も上々だったようです。

栄作さんはアカギをよく理解しているな

かつてのトレンディ俳優は現在、
渋さが際立つ
ダンディな役者に。

顔だけでいえば、
マネーの虎で共演した貞廣社長の方が
アカギっぽいですけどね。

2019年1月19日にスタートした、
リーガルドラマ「イノセンス冤罪弁護士」にも出演し、

息子を亡くした父親(重雄)を
演じていた栄作さんですが、

2018年の末には、
大手の芸能事務所
(ワタナベエンターテインメント)を退社、

フリーになり、個人事務所を
設立されていたそう。

まとめ

2018年の夏には、女優の内山理名さんとの
交際が報じられた栄作さん。

50歳を目前にして、
年内の結婚説も
噂されていましたね。

2019年年末には、「天 天和通りの快男児」の続編となる
テレビ東京のドラマ
「天 赤木しげる葬式編」が放送予定で、

栄作さんが再びアカギを
演じるとのこと。

動画配信サービス・Paraviでは、
11月11日より
完全版が独占(先行)配信されるそう。

原作終盤の展開を実写ドラマ化した「天 赤木しげる葬式編」

ちなみに、マネーの虎で共演した
岩井社長と栄作さんは、

収録の空き時間に喫茶店で
話したことも
あったそうです。

(私は、主にマネーの虎でしか、
社長という社長を見てきていませんが)

みんな、ああいう風に
なるのでしょうか?(栄作さん)

少なくとも僕は、あんな傲慢(ごうまん)にはなれないと思います(岩井社長)

現在のお二方は、
交流こそ無いみたいですが、

昨今は、芸能人がユーチューバーと
コラボすることが
増えてきたので

「吉田栄作」さんには、ぜひ岩井社長のユーチューブの番組に出演して
マネーの虎の裏話や
近況を語っていただきたいですよね。

というわけで今回は、
俳優の吉田栄作さんについて
現在までの活動などをまとめてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。