2017年10月23日追記_「堀内詔子」議員3度目の衆院選当選を果たす↓

2017年の衆院選は、各政党からの立候補者に注目が集まっていました。

今回の記事では、2017年の衆院選に出馬していた「堀内詔子」衆議院議員について
経歴やプロフィール情報などをまとめてみました!

「強力な選挙地盤を持つ」とも言われている「堀内」氏なので
気になる家柄なども調べてみました!

堀内詔子の経歴やプロフィール情報まとめ!

名前:堀内 詔子(ほりうち のりこ)
生年月日:1965年10月28日
出身:山梨県:笛吹市(ふえふきし)

「自民党」の衆議院議員である「堀内詔子」氏は、

皇族の子孫も通う学習院女子の高等科を卒業後、学習院大学の文学部に入学していました。

その後は、博士課程まで進んでいたようでかなりの高学歴みたいですね!

堀内詔子の家族がスゴい?

そんな堀内詔子氏ですが、

以前は、富士急ハイランドなどで知られる
富士急グループの美術館「フジヤマミュージアム」(山梨県・富士吉田市)で館長をされていたようです。

旦那さんは、鉄道事業などを展開し山梨に本社がある「富士急行」社長の「堀内光一郎」氏。

「光一郎」氏の父親は、富士急行の会長で「自民党」総務会長でもあった故・「堀内光雄」氏です。

堀内詔子氏の旧姓は小林ですが

祖父の「小林中」氏は「日本政策投資銀行」の総裁であり、父の「小林喬」氏は「フコク生命」の社長。

エリート一家だったのですね。

堀内詔子と長崎幸太郎の因縁とは?息子もスゴい??

初の国政選挙への出馬となった2012年の衆院選(山梨2区)では、自民党から公認を受けるも同じく「自民党」の「長崎幸太郎」氏に敗れていた堀内詔子氏。

比例で復活し、初当選していました。

2014年も比例復活し2期目の当選を果たしていたそう。

強力な地盤を持つ堀内氏と、無所属ながら同じ選挙区を争い、連勝中だった「長崎幸太郎」氏。↓

追記)2017年の衆院選では堀内氏に敗れ、比例復活もできなかった「長崎」氏ですが

その後は「二階」幹事長の派閥に特別会員として籍を置き、2019年の山梨県知事選挙で初当選していました。

長崎氏は、今後も自民党に籍をおいたまま活動する予定だそう。

「堀内」家と「長崎」氏との間では、代々、因縁が続いていたみたいですね。

山梨2区は、堀内詔子の義父「光雄」に対して
「長崎幸太郎」が「小泉刺客」として送り込まれて以来、
因縁というべきレベルで堀内VS長崎が続いている。「堀内詔子」に代替わりしても、この構図は変わっていない。
「光雄」が郵政民営化に反対したため
「自民党」の公認を得られないまま2005年の衆院選に出馬。そこに長崎幸太郎が刺客として送り込まれていた。900票ほどの差で勝利した光雄だったが長崎は比例で復活し初当選。
この両者の戦いは続いている。

そんな堀内詔子氏ですが、自民党の山梨2区の支部長もつとめており、
党内では、「岸田」派に所属しています。

2016年8月には、第3次安倍・第2次改造内閣での厚生労働大臣・政務官に
就任していた堀内詔子氏ですが

息子さんはメガバンクに勤務しており、

「秋篠宮家の次女「佳子」さまの花婿候補」
との噂もあるみたいです。

メガバンクと聞くと、どうしても小室圭さんを想像してしまいますが。

堀内詔子が長崎幸太郎を応援??気になる評判も

2017年の衆院選では、「自民党」から推薦を受け
3度目の当選(長崎氏に初勝利)を果たしていた「堀内詔子」氏。

「二階」氏は「長崎」氏を復党させ、
「自民党」の公認候補にしたかったようですが。

自民は、今回どちらの候補も公認せず堀内氏は推薦にしたのか。

このような声も↓

金持ちだし賢いから、
政治資金の面では安心できるかな。
いくら地盤が強いとはいえ、
有権者は政策を見て投票相手を選べよ!

追記)2019年の山梨県知事選挙では、小泉進次郎氏とともに長崎氏の応援に駆けつけていた
堀内氏ですがその心境は複雑だったのでしょう。

2020年9月に発足した菅内閣では環境副大臣および内閣府副大臣に就任した堀内氏ですが、

岸田内閣では「東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会担当大臣」、「ワクチン接種推進担当大臣」に就任しました。

2021年10月の衆院選(山梨2区)にも出馬され、再選も果たしています。

というわけで今回は、自民党の堀内詔子氏の経歴や家族などの情報を調査しました!

スポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。