大阪都構想が話題ですね。

大阪府知事を辞職し、

大阪都構想について民意を問うための
出直しの市長選に出馬する意向、と報道された
「松井一郎」氏ですが、

現在の維新は、
「以前のような勢いが無くなった」
と言われており、

来年(2019年)4月に行われる大阪ダブル選挙(知事選・市長選)も

「住民を置き去りにしている」

などと批判の声が
寄せられたそう。

そのような中で、
現・大阪市長であり、4月の知事選に臨むであろう吉村氏にも
注目が集まっています。

「橋下徹」氏などと比べると
知名度が低い吉村氏ですが、

松井知事とともに、
二重行政の解消に
取り組んできた人物です。

吉村市長

僕の思想の根本、

チャレンジすることに
意味がある、と考えています。

年齢のわりに、見た目が若く
イケメンですが、

橋下氏や松井知事が
信頼をおいている吉村氏とは、

どのような人物なのでしょうか?

今回の記事では、2018年現在の大阪市長である
「吉村洋文」氏の経歴や
プロフィール情報をまとめてみました!

吉村洋文氏の経歴やプロフィールまとめ!

名前:吉村洋文(よしむら ひろふみ)
生年月日:1975年6月17日(2018年12月現在:43歳)
出身:大阪府

吉村洋文

現役で「九州大学」の法学部に合格し、

資本試験に受かった後、
弁護士として活動していた吉村氏。

大阪の有名タレント(司会者)であり、
関西のタモリと呼ばれた
「やしきたかじん」さんの顧問弁護士をされていました。

大阪への愛が人一倍だったという「やしきたかじん」さん⇣

当時、維新が人気だったのは

「たかじんさんがいたからだ」
といった声もあるほど。

そんな「やしきたかじん」さんから

「政治家にならないか?」と
誘われたことが

吉村氏が政治を志す
キッカケだったそう。

吉村氏は、2011年に「維新の会」の公認を受けて
大阪市議選(北区選挙区)に出馬し
初当選されました。

市議団の政調会長をつとめるなどした後

2014年には、衆院選に出馬し
比例復活で当選していたようです。

任期中は、大阪の都構想に携わり、

「橋下徹」氏から
絶大な信頼を寄せられていた吉村氏。

2015年には、橋下氏の任期満了にともなう大阪市長選に
「維新の会」公認で出馬し、

「自民党」の新人候補や
元北区長の中川暢三氏らを破り、
初当選していました。

吉村氏は、橋下氏から「やって!」と
頼まれていたようで

この時は、松井大阪府知事との
ダブル当選でしたね。

吉村氏はどんな政治家?気になる評判なども

すでに結婚されており、
小さい子供が3人いる吉村氏。

(長女と次女は双子だそう)

先を見通す力に優れており、

橋下氏とは違ったタイプの政治家だと言われています。

常に先を見越して動き、
問題に備える戦略家。

人柄も良い、と評判の吉村氏に対しては、

「若手議員のホープ」
といった期待の声も。

吉村氏:物事を前に進めていき、社会を良くしていく。
結果を出す、行動する
そのために何が必要かを考えて行動する。

僕は、そんなタイプの
政治家だと思います。

劣勢から始まることが多かった
これまでの選挙では、

政治に対する思いを
ストレートに伝えていこう、と

ブレずに、逃げずに、人気取りでなく
正面から訴えることを
やり切りました。

都構想のほかには、

水道の民営化に
積極的に取り組んでいた吉村氏。

同時並行的に、
複数のプロジェクトをこなす
ハードワーカーだそうです。

「大阪維新の会」の政調会長でもある吉村氏。

追記)今年(2018年)大阪市の市長として
3年目を迎えた吉村氏ですが、
2019年の大阪府知事選挙への立候補を表明していました。

過去、都構想実現に向けた
住民投票で負けたのは、

「デマを流されたから」「維新の慢心」などと

諸説、飛び交っていましたが

次回の住民投票をめぐる、
維新の動きに
注目したいですね。

追記)吉村氏は、2019年4月に行われた大阪府知事選挙(市長選とのダブル選挙)で
「自民党」推薦の候補を下し、
初当選していました。

「吉村」知事の今後の動向に注目ですね!

また追加の情報があれば
アップしていきたいとおもいます。

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。