「維新の会」所属の都議会議員である
「柳ケ瀬裕文」氏(44)が

2019年夏の参院選に
比例代表として出馬しています。

維新でただ一人の都議であり、

なかなかのイケメン、
二枚目などとも評される「柳ケ瀬」氏。

参院選に東京選挙区から出馬する「おときた」氏とともに、

次世代目線での改革を訴えている
「柳ケ瀬」氏ですが、
どのような人物なのでしょうか??

今回は、維新の会の
「柳ケ瀬裕文」氏について
経歴や評判などをまとめてみました!

柳ケ瀬裕文氏プロフィールや経歴をwiki風にまとめてみた!

名前:柳ケ瀬 裕文(やながせ ひろふみ)
出身:東京都・大田区
生年月日:1974年11月8日(2019年6月時点で45歳)
趣味:山登りや茶道
好きなアーティスト:吉川晃司・やしきたかじん

大田区の商店街にある
カメラ屋で生まれた柳ヶ瀬氏は、

海城中学・高校を卒業後
早稲田大学に入学されます。

卒業後は、1997年に
株式会社ジェイアール東日本企画に入社し、

ポケモンなどのキャラクタービジネスに
参画していました。

2004年からは、「立憲民主党」の副代表であり
参議院・幹事長をつとめる
「蓮舫」参院議員の公設第一秘書に。

2007年の大田区の区議選に
民主党公認で出馬し
トップの票数で初当選。

区議会で「民主党」政策調査会長などの
役職を経験された後

2009年に、都議選(大田区)に出馬し
初当選していたそう。

2012年には、都議会の会派「東京維新の会」
(日本維新の会・東京都議団)の
立ち上げに加わり

幹事長や政調会長を歴任、

2013年には会派の代表を
つとめていた柳ケ瀬氏。

徹底した行政改革や、
ムダの削減に取り組み、

2013年の都議選で
2期目の当選を果たしていました。

前回(2017年)の都議選にも
日本維新の会から出馬し

天下り禁止などの維新八策(東京版)をかかげて
3選されていたようです。

地域政党「東京維新の会」
(おおさか維新の会:東京都総支部)の
幹事長をつとめるなどしていた柳ケ瀬氏ですが、

2017年頃には、人気絶頂だった
小池都政を批判していたそう。

維新と都民ファーストの会は似ている
などとも言われていますが

「柳ヶ瀬」氏は、当初から
是々非々(良いところは良い、悪いところは悪いと言う)
の関係として、

小池知事への批判も
行っていたようです。

柳ケ瀬裕文氏が2019年の参院選に!おときたとの関係も

2019年7月の参院選に、
維新の比例区から
出馬していた「柳ケ瀬」氏。

現在は、参議院・東京比例区・支部長を
つとめています。

イケメンな柳ヶ瀬氏ですが、
すでに結婚されており、
息子さんが一人いらっしゃるようです。

「政治」や「選挙」の姿を伝えるユーチューブ番組「やなチャン!」

2019年の北区の区長選で落選し、
「維新の会」の公認で
参院選(東京選挙区)に出馬していた音喜多駿(おときたしゅん)元都議(35)とは、

中高大と同じ学校で
先輩後輩の間柄だったという柳ケ瀬氏。

おときた氏は、ネットを中心に
積極的な情報発信を行う、
日本初のブロガー議員として活動中。

柳ヶ瀬氏が、ユーチューブ番組を始めたのも
おときた氏の影響だと
言われています。

小池知事が特別顧問をつとめた
「都民ファーストの会」の
都議団・幹事長などを経て

2018年に発足した地域政党
「あたらしい党」に代表として所属していた「おときた」氏は

同年には、都議会の新会派
「維新・あたらしい・無所属の会」を
柳ヶ瀬氏とともに結成していたようです。

現在は、オンライサロン(党員)の
メンバーも募集中だそう。

柳ケ瀬裕文の評判も

維新の支持者からは、
絶大な人気を誇っている「柳ヶ瀬」氏ですが、

今回、参院選に出馬したのは、

「東京の比例票を掘り起こすためでは?」などと
言われています。

柳ヶ瀬氏に都民の比例票が入れば
維新の得票数(当選者数)が
増えますからね。

おときた氏に参院選の出馬を打診をしていた柳ヶ瀬氏

東京以外での知名度は、
まだまだ低いと思われる柳ヶ瀬氏ですが、

全国的に知名度が高い「おときた」氏の協力で
東京以外からも
比例票を集める狙いがありそうです。

「おときた」氏も、東京の選挙区で当選するのは、
簡単ではないハズなので

持ちつ持たれつというワケですね!

追記)2019年の参院選・比例で5万3086票を獲得し
「おときた」氏と共に
初当選していた柳ヶ瀬氏。

二人の今後の活躍に
期待したいですね!

というわけで今回は、
維新の会の「柳ケ瀬裕文」氏について
プロフィールや経歴などをまとめてみました!

また追加の情報があれば、
アップしていきたいと思います!

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。