2019年9月に投開票が行われる東大阪市の市議会議員選挙ですが、

参院選で議席を獲得した「NHKから国民を守る党」(追記:NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で)の候補者に注目が集まっています。

参院選の直後(2019年8月6日)の野党支持率↓

N国党(追記:NHK党)からは、どのような人物が出馬しているのでしょうか?

今回の記事では、NHKから国民を守る党(追記:NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で)の「嶋谷昌美」氏について
プロフィールや経歴などを調べてみました!!

立花代表から気に入られて政党入りしていた嶋谷氏なので、気になる評判もまとめてみました!!

嶋谷昌美(NHK党)プロフィールや経歴をwiki風に!

名前:嶋谷昌美(しまたに まさみ)
生年月日:1971年02月02日(2019年9月時点で48歳)
出身:兵庫県・川西市
在住:大阪府・東大阪市

2019年の東大阪市議選挙に、NHKから国民を守る党(追記:NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で)から立候補している嶋谷氏。

関西学院大学の商学部を卒業後、「株式会社 オービック」などに勤務されており

現在は、キャリア・コンサルティングなどを行う「オフィスメンター」の代表をつとめています。

衆院秘書を経験された嶋谷氏は、2014年と2018年の川西市議選(兵庫県)に無所属で出馬するも落選。

2019年4月の統一地方選挙では、N国党(追記:NHK党)の候補者として姫路市の市議選に出馬していましたが、

わずかに票がおよばず。

2019年7月の参院選には福井選挙区から出馬し2万票以上を獲得するも、

自民党や共産党の候補に敗れていました。

嶋谷昌美の評判も

2019年9月に投開票される東大阪市の市議選に、「NHKから国民を守る党」(追記:NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で)から立候補されている嶋谷氏。

嶋谷氏の公約はもちろん、受信料を支払わない人がNHKを見れなくする
NHKスクランブル化の実現(放送法の改正)

党の代表である立花氏いわく、嶋谷氏は内気な性格だそうで

前に前に出ていくタイプでは無いようです。

きっと、参謀向きな方なのでしょう。

嶋谷氏の参院選の演説を聞いた人からは、

「(NHK党で)一番まともそう。」「安定感がある。」などの感想が寄せられました。

ユーチューブチャンネルもマトモそうですね!

真面目で大人しそうな雰囲気の嶋谷氏ですが

「政治家として熱いものを秘めている。」とも言われています。

個性的で自己主張が強そうな党員が揃っているN国(追記:NHK党)においては

異端と言える存在なのかもしれませんね。

立花氏はこういったタイプの人に政党入りしてほしいと考え、自らオファーしていたみたいです。

まとめ

東大阪市と姫路市の政対策委員もされていた嶋谷氏ですが、

同日開催の東大阪市長選挙に立候補しているN国(追記:NHK党)の浜田氏と連携して、今回の市議選を戦うと思われます。

選挙結果だけでなく、N国(追記:NHK党)の今後の獲得議席にも注目していきたいですね!

追記)「嶋谷」氏は、今回(2019年9月)の東大阪市議選で2421票を獲得し、
当選を果たしていたようです。

また追加の情報があればアップしていきたいと思います!

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。