2019年のラグビーワールドカップに出場している、サモア代表のジャック・ラム選手に注目が集まっています。

ジャック・スパロウみたいでカッコいい名前ですが、

見た目は俳優の渡辺謙さんやトム・ハーディ氏に似ていてイケメン、との声も。

イギリスの俳優トム・ハーディ氏↓

いったい、どのような選手なのでしょうか?

今回は、2019年のラグビーワールドカップでサモア代表をつとめるジャック・ラム選手について
プロフィール情報などをまとめてみました!

ジャック・ラム選手(サモア代表)プロフィールをwiki風に!

名前:ジャック・ラム(Jack LAM)
身長&体重:183cm(101kg)
生年月日:1987年11月18日(2019年9月時点で31歳)
代表キャップ:34(得点35トライ数7)
ポジション:FL(フランカー)No.8
所属クラブ:ブリストル

ニュージーランドの北島ハミルトン市で生まれたジャック・ラム選手。

学生時代のポジションはCTB(センターバック)※でした。

※センターバックとは・・・ディフェンスライン中央(ゴール前方)に位置するディフェンダーのこと

機動力が持ち味とされているラム選手ですが、

現在は、フォワードのFL(フランカー)※として活躍されています。

フランカー※とは・・・スクラムの際に3列目の左右に位置するポジションで

モール、ラック、チャージダウンといった
地上攻撃のあらゆる局面に参加して味方をサポートするほか

ボールを保持したまま、密集地のサイドを突破するなどの役割も。

スクラム※とは・・・FWに指定された選手が3列に組み合わさって作られる
試合再開の型(セットプレー)のこと。

ラム選手は、2011年にニュージーランドの「ハリケーンズ」の選手としてスーパーラグビーに初出場、

新人王に輝いていました。

オーストラリアのU19代表に選ばれたこともあったラム選手ですが、2013年にはサモア代表になることを選択。

2015年にワールドカップ出場を経験し、日本代表などと対戦していたそう。

今回(2019年)のワールドカップでは

海外経験が豊富なベテランとしてチームを引っ張る存在に。

前回、日本代表を苦しめたジャック・ラム選手に対しては、

このような声も

歴戦のツワモノって感じだわ!

ジャックラム選手の親戚がスゴい?

2014年から、イングランドの1部(プレミアシップ)に所属する
ブリストルでプレーしているジャック・ラム選手ですが、

今期限りで退団するそうです。

ちなみに、ブリストルで指揮官をつとめる元サモア代表のパット・ラム選手(44)は、
ジャック・ラム選手の従兄弟(いとこ)なのだそう。

まとめ

今年(2019年)9月のテストマッチで負傷していたジャック・ラム選手ですが、

初戦のロシア戦では、

クリス・ブイ選手がサモア代表のキャプテンをつとめていました。

果たして、今回のワールドカップでもラム選手の活躍が見れるのか

注目したいですね!

というわけで今回は、2019年のラグビーワールドカップ
サモア代表のジャック・ラム選手についてまとめてみました!

また追加の情報があればアップしていきたいと思います!!

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。