チャンネル登録者数700万人超えの
大人気ユーチューバーヒカキンさん。

痩せていた頃は、イケメンとも言われていたヒカキンさんですが、

本当なのでしょうか?

今ヒカキンがイケメンに見えた私は
きっと疲れてる!
痩せたってセイキンになるだけだろ!
サングラスをしていたら
イケメンに見える!!

今回は、ヒカキンさんのイケメンの噂について
ネット上に寄せられている声を
まとめてみました!

これだけ人気者のヒカキンさんなので
彼女の存在や年収
気になっている方も多いようです。

そのあたりについても調べてみました!

ヒカキンって若い頃イケメン過ぎませんか?

こちらが若い頃のヒカキンさん。

ヒカキン イケメン

ぱっと見では、
イケメンというより、
近所の優しそうなお兄さんって感じですね。

髪型でごまかしていた?

スーパーで働いていた頃
(20代前半)のヒカキンさんは、

見た目がさわやかで、
顔のパーツもマイナスな点が少なく、

イケメンの部類だったと言われています。

ヒカキンさんのファンからは、
嵐の二宮さんに
似ている、との声も。
(流石に言いすぎですよね。笑)

今年(2019年)で30歳になるヒカキンさん、

本人いわく

ストレスのせいか、
髪も薄くなってきたみたいですね。

ヒカキンさん自身は、
「自分はダンテと同じモテない組だ。」

などと謙遜(けんそん)していましたが。

全体的にシュッとさせて
メガネを外せば
イケメンの部類には入るかもしれません!

以前、スペインの男性ユーチューバーが、
ヨーロッパ系と思われる女性に対して

「ヒカキンはカッコいいと思うか?」

と動画でインタビューした際、

他のイケメンユーチューバーには
辛口だった女性から

彼なかなか良いわね!

などと好意的なコメントが。

ヒカキンさんは海外でも、
そこそこ通用するのかもしれません。

意外なことに、日本では超イケメンとされている
はじめしゃちょーやPDRさんは

女性たちから、
あまり好かれていなかったようです。

ヒカキン2018年現在の彼女は誰?気になるデート写真も

2014年の質問コーナーでは、

過去に1年半付き合った
彼女
がいたことを
明かしていたヒカキンさん。

しかし、フラれてしまい、

電話をかけまくったら
着信拒否されたそう。

そんなヒカキンさんですが、

「みれい」という女性との
関係が怪しい、
などと

ファンの間で噂されていました。

昔から、動画のカメラアシスタントをしていた「みれい」さん。

2012年頃は、
ヒカキンさんの動画に
ちょくちょく出演していたみたいです。

しかし、ヒカキンさん本人が
関係を否定しており
あくまで、仕事上の付き合いだそう。

小柄な女性が
タイプだというヒカキンさん。

個人的には、「さぁや」さんなどが
お似合いなのでは?と
思っていたのですが。

2019年には、
引っ越先の家で彼女らしき女性の姿が
目撃されていたヒカキンさん。

昔からのマネージャーや
スタッフのようですが、

ジャージ姿でうつり込んでおり、

実は、お家デート中だったのでは?

とも噂されています。

ヒカキンさんの家に
ジャージで入れるくらいなので、

親密な間柄なのでしょう。

結婚はあるというヒカキンさん。

個人的にはヒカキンさんが
女性と結婚する姿が
想像できませんけどね。

ヒカキンは年収もスゴかった!UUUMの株を売って億万長者に?

カッコいいだけでなく、面白くて、やさしそう
女性からは、絶対にモテる
とも言われており、大人気のヒカキンさん。

数億円と言われている年収のほかにも、財産がありそう。

ヒカキンは、UUUMの株全体の約2.24%を保有しており、
換金すると26億円をこえる。
彼が1億円をばらまく動画をアップする日は、そう遠くないのかもしれない。
元新米サラリーマンたいちゃん元新米サラリーマンたいちゃん

ウームは2017年に上場したけど、上場前からウームの株をたくさん持っていたヒカキンさんは、今売れば億万長者!

東京に来て、はじめて付き合った彼女には
1ヶ月ほどで
フラれてしまったヒカキンさんですが、

現在は、彼女が出来ないことが
信じられないくらい
人気者になりましたね。

ユーチューバーの活動が忙し過ぎて、
恋愛どころでは
ないのかもしれませんが、

ヒカキンさんの口から
結婚の報告が聞ける日を
楽しみに待ちたいです!!

というわけで今回は、
ヒカキンさんのイケメンの噂や
彼女の噂について、まとめてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。