2019年6月に、4年ぶりの復活を遂げる
全国ハモネプリーグ

610組が参加した予選を勝ち抜き、
全国へと駒を
進めたグループによる

ハイレベルな戦いが予想されます。

※過去のハモネプ出場者やグループについては、以下の記事でまとめています↓

年齢制限が無い今回のハモネプですが
出場しているのは
どのような方々なのでしょうか?

今回は、2019年の全国ハモネプリーグへの出場を
予定している
15組をまとめてみました!

ゴラッソ(GOLAZO)

立命館大学アカペラサークル
「Song-genics」に所属する
滋賀のグループであり、

全国の猛者が金沢市内で一斉にストリートライブを行う
「金沢アカペラタウン」では
ファイナリストに名を連ねていた「ゴラッソ」。

日本最大クラスのアカペラ大会「アカスピ」の
年代別に部門分けされた
EX大会では

社会人部門で3位という
好成績をおさめていたようです。

関東を拠点とした、
日本最大級のアカペラストリートイベント
「Japan Acappella Movement」(通称JAM)では

Best Of JAM2018に選ばれていました。

以下はゴラッソのメンバーです↓

・みほ
・こーよー
・しおり
・ふるるん
・かつしま
・ばっさー

たびとも

アカペラでつながった
個性的な社会人の男女による
アカペラグループ。

地域活性化を目指している「たびとも」ですが

自分たちでプロモーションを行い

旅先で歌うことが多いそう。

以下は「たびとも」のメンバーです↓

・けんご
・がく
・ちゃんかわ
・しょーりん
・ともか
・やー

あまがさ

明治大学アカペラサークル「SoundArts」に所属する
大学3年生グループです。

演歌を得意としており、

アカスピ全国大会では、
EXの2年生部門(関東ブロック)での
優勝経験をお持ちだそう。

以下は「あまがさ」のメンバーです↓

・こうた
・みゆき
・ゆうか
・さとりく
・ふゆき
・たけや

浦上サイダー

阪大や関西大、立命館、京都大学などの
学生で結成された
関西の大学生アカペラグループ。

第7回アカスピ関西・最終予選や
JAM2018敗者復活戦にも
出場していました。

以下は「浦上サイダー」のメンバーです↓

・しんちゃん (リード・ヴォーカル)
・なお (コーラス)
・おふくろ (コーラス)
・まこっちゃん (コーラス)
・ぐら (ベース、ヴォーカル)
・たかたか(ボイスパーカッション)

無糖ホワイト

関東のインカレ(複数大学の混合)バンドであり
無糖ブラックを
名乗ることもある無糖ホワイト。

「無糖ブラック」は洋楽を歌う時の名前で
無糖ホワイトは
邦楽の時の名前だそう。

早稲田&慶応の最強選抜チームで
2015年のハモネプ全国大会にも
出場しており、

安室奈美恵さんの「CAN YOU CELEBLATE」を熱唱し

準優勝に輝いていました。

現在は、社会人4年目。

以下は「無糖ホワイト」のメンバーです↓

・はかまだ
・なおと
・ゆうや
・しんき
・げんいち
・たいぞー

背徳の薔薇(はいとくのばら)

2014年に、アカペラサークル「鳴声刺心」(めいせいししん)の
メンバーで結成された
ビジュアル系アカペラグループ。

2017年3月には、新宿BLAZEで
ワンマンライブ
「背徳之狂宴The Final」を開催し

チケット800枚は1分で
SOLD OUTしたそう。

2015年のハモネプにも出場していました。

以下は「背徳の薔薇」のメンバーです↓

・Takuya有限(ボイスパーカッション)
・Jesse Taku(ベース)
・Vegety Jun(コーラス・リード・ヴォーカル)
・Cherry Ken(コーラス・リード・ヴォーカル)
・Darkness Yasu(コーラス・リード・ヴォーカル)
・ealousy Mikiya(コーラス・リード・ヴォーカル)

たむらまろ

関東を中心に活動する
社会人アカペラグループであり、

独特な世界観・重厚なハーモニーが特徴。

アレンジや表現力に定評があり、
2015年には
JAM(Japan Acappella Movement)で優勝。

台湾の世界大会への
出場経験もある「たむらまろ」ですが

完全生中継・生配信の
「オーディエンス参加型ライブパフォーマンスグランプリ」である

OTONOVAアカペラグランプリファイナル2018でも
優勝していたようです。

以下は「たむらまろ」のメンバーです↓

・加藤(リーダー)
・田中(ベース)
・一里山
・阿部
・木村
・武久

NagieLane(ナギーレーン)

2018年8月に結成された、
渋谷を中心に活動する
男女混合アカペラグループ。

1970年代の「City Pop」(都会的なイメージを前面に出したポップス)に
影響を受けたサウンドを
声のみで表現しています。

洋楽に大きく影響され、日本で独自に進化を遂げた
「City Pop」は
近年、海外で注目されているみたいです。

以下は「ナギーレーン」のメンバーです↓

・平野学(ベース)

・出倉タイセイ(ボイスパーカッション)
・Rei(コーラス・リード・ヴォーカル)

・いまでまゆ(コーラス・リード・ヴォーカル)
・Mikako(コーラス)
・Hiro(コーラス・リード・ヴォーカル)

sus4

2017年8月に
神戸大学のアカペラサークルのOBで結成された
兵庫の男性4人組バンド。

ジャンルに縛られず

即興や変わったアレンジを
得意としています。

以下は「sus4」のメンバーです↓

・近石涼
・柴田大和
・島田彬宏
・戸田大生

DIVA!!

明治大学のアカペラ同好会SoundArtsの
同期6人で結成された
男女混合グループです。

女性4人の圧倒的な歌声が特徴で

JAM2017の本戦にも
出場していました。

以下は「DIVA!!」のメンバーです↓

・もえか
・みよし
・めい
・川本
・みずき
・おぐら

DUC(Dreamers Union Choir)

出身校や年齢、音楽ジャンルなど
バックグラウンドの異なるメンバーで結成された
楽器を用いた音楽グループです。

東京経済大学アカペラサークルbeatbaby-の
OBなどが
参加しており、

ゴスペルを基調とする
Power Chorus(パワーコーラス)が
持ち味だそう。

過去には「ジョン・レノン・ソングライティング・コンテスト2016」
Session IIで入賞しており、

今回のハモネプには、
ボイパなどのアカペラ要素を加えての、
参加となります。

追記)関係者の方から
ご指摘を受け
D.U.C→DUCに修正させていただきました。

モラトリアムチョップ

北海道大アカペラサークル
「NoSeRA」所属の学生グループ。

北海道アカペラフェスティバル
「ハモサツ」などへの
出場経験があるようです。

以下は「モラトリアムチョップ」のメンバーです↓

・ゆき
・こりょう
・さとひ
・わかな
・もとき
・りょうーた

パインアメ

北海学園大学のアカペラサークル「Lapis」4年目の
同期で結成された
男性4人、女性2人のグループであり

心が温まる邦楽が中心だそう。

アレンジ力に定評があり

過去には、第7回「アカスピ!」決勝に進んだほか
「アカスピ!」(EX2018)
3年生部門で優勝していました。

以下は「パインアメ」のメンバーです↓

・きみちう
・だい
・こせ
・わだっぺ
・すみす
・さくまゆ

ハイスクール・バンバン

愛知代表。

高校生4人と大学生1人
(男性2人、女性3人)による
謎の5人組グループです。

エイベックス・アーティストアカデミーに
在籍中のメンバーが
3人所属しており、

ビートボックスのアジア大会で
3位に入賞した
ボイパの実力者も。

以下は「ハイスクール・バンバン」のメンバーです↓

・ふるはしいぶき
・かんだいみづき
・なかすぎあまね
・龍成
・にしむらあいな

E&BYE(いいあんばい)

東京代表、2015年に誕生した
ハイパーインカレバンドです。

今回のハモネプには
メンバーを変えて、
出場するそう。

以下は「E&BY」のメンバーです↓

・みや
・ななみ
・うめ
・たくお
・よしりな
・ゆいは

以上になります!

今回のハモネプは、
ディズニーとのコラボが実現。

ヒカキンさんや、
キンプリの高橋海人さんなども
出演予定だそうで

当日の放送が楽しみですね!

追記)2019年のハモネプ優勝グループは
「たむらまろ」でした。

というわけで今回は、
2019年のハモネプに出場した
15組をまとめてみました!

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。