ワンピース 最終回 

ビッグマムとの戦いが決着し、
急展開を迎えている
「ONE PIECE」ですが

世界会議(レヴェリー)編に突入し、

政府と革命軍の衝突が予想されています。

4年に一度、聖地マリージョアで開催されるレヴェリーでは、

実に50の国の王や政府の役人が
世界中の由々しき案件を
言及・討議する。

レヴェリーの参加国(一部)は以下に

アラバスタ王国:ネフェルタリ・コブラ
悪ブラックドラム王国:ワポル
イルシア王国:タラッサ・ルーカス(前々回のレヴェリーでドラゴンの問題を提起した男)
ゴア王国:ステリー
サクラ王国 (元ドラム王国):ドルトン
ジェルマ王国(世界政府から外され不参加に?)
ドレスローザ王国:リクドルド3世
花ノ国:国王(八宝水軍は麦わらの傘下)
プロデンス王国:エリザベロー2世(リク王の友人)
リュウグウ王国:ネプチューン

シシャノ王国 :タコス王
タジン王国  :モロロン女王
ロシュワン王国:
バリウッド王国:ハンバーガー

サイなど八宝水軍が活躍していた「花ノ国」の王も登場

そんな中、905話では、
「サボ」の義理の弟である
ステリーが再登場していたようです。

ルフィの義兄弟でり、エースのメラメラの実を受け継いでいたサボ

謎も多いステリーですが、
どのような人物なのでしょうか?


今回は、ゴア王国の国王「ステリー」について、
国王になれた理由などを
まとめてみました!

ステリーは世界会議編のキーマンとなるのか?そもそもステリーって何者?

王族の娘との結婚を望んでいた「サボ」の両親(アウトルック家)が、
家出したサボに変わり、
養子として迎え入れたのが「ステリー」でした。

現在は革命軍のNo.2である「サボ」ですが、
もともとは貴族の息子だったんですよね。

ステリーも貴族の家系で、
非常に優秀だったそうですが、

ある事情で、子育てを放棄されていたようです。

天才、と呼ばれていたステリーですが、
その性格は最悪。

当時8歳で、サボの2歳下、
義理の弟であったステリーは

両親の前では良い子を演じ

裏では、サボを見下すなどの
態度をとっており、

グレイターミナルの住民を
ゴミの様に見ていました。

あれから、10年の月日が流れた現在、

大人になり、ゴア王国の国王となっていたステリー。

サボとは、正反対の道に進みましたが、

二人とも、それぞれの道で
大出世しましたよね。

嫁のサリーとともにレヴェリーに参加!サボとの衝突はあるのか?

ワンピース823話(ざわつく世界)にて、
20巻ぶりに、登場していたステリー。

王妃である「サリー・ナントカネット」と共に
世界会議(レヴェリー)に
向かう準備をしていました。

ホテルのスタッフに対しては、
「目障りだ、ゴミは早く消えたまえ」と
言い放つなど

性格は相変わらずでしたね。

もともと、このような
性分だったため
親から育児放棄をされたのか、

それとも、親に見放されたことで、
性格が歪んでしまったのか、、

おそらくは、前者だと思いますが。

どうやってサリーナントカネットを奥さんにしたのか?

王の器ではないステリーですが、

そもそも何故、アウトルック家の
養子になれたのでしょうか?

サリー王妃と結婚できたワケなども
作中で、明らかにされていませんが、

ちなみに、ゴア王国の前の王や
サリー王妃の元夫と思われる王子は、

すでに亡くなっていたそう。

ネットでは、ステリーが手に入れた地位は

すべて、悪知恵を働かせたことによるもの
などと言われています。

そんなステリーですが、
一国の王にとどまらず、
今後、さらなる地位を目指したいそう。

若干20歳にして、王妃と結ばれ
数ヶ月前から
ゴア王国の王となっていたステリーですが、

革命軍のNo.2となったサボは、
王国の兵士として、
レヴェリーに潜入しているので、

二人の再会は、間もなくでしょう。

ステリーは、勘が良さそうなので、
すぐに兵士がサボだと
気付きそうですね。

聖地マリージョアに到着して早々、
ガープに絡んでいたステリー。

早い話、こうだガープ、
貴族とのコネクションをよこせ(ステリー)

私はゆくゆく
天竜人になりたいのだ。(ステリー)

あんなゴミクズにか?(ガープ)

!?・・・えーっ!!?(ステリー)

あっダメなんじゃった、
今のナシ(ガープ)

こいつコワっ(ステリー)

果たして、今後ステリーの
活躍は見られるのか?

レヴェリーの動向などにも
注目して見ていきたいと思います!

というわけで今回は、ゴア王国の国王となった
ステリーについてまとめてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います

おすすめ記事とスポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。