ラスボス級の敵が登場し
ワノ国編も盛り上がっている
ワンピースですが、

来年(2019年)には、頂上戦争を超える
巨大な戦いが描かれる
などと言われています。

そこで重要になってくるのが

海軍の戦力に
数えられている王下七武海。

今回は、ワンピースに登場する
七武海のメンバーについて
その強さをランキング形式でまとめてみました!

2018年現在の七武海の強さをランキング形式でまとめてみた!

2018年、11月時点で、
最も強い七武海は誰なのでしょうか?

今回が、現存するメンバーを
強いと思われる順にまとめてみました!

1位 鷹の目のミホーク

海上レストランで、ドンクリークを追う海賊として
初登場したミホーク。

世界最強の剣豪であり、

その能力は不明

部下を持たずに、七武海として
君臨し続けていること
などから、

タイマンでの強さは
最強だと言われています。

四皇・赤髪のシャンクスと
互角に渡り合ったと言われているので

この順位は妥当ではないか?

と思われます。

2位 エドワード・ウィーブル

白ひげ(エドワードニューゲート)と
その愛人「ミスバッキン」の間に生まれた
息子と言われているウィーブルですが、

頂上戦争が終わり、ジンベエなどが抜けた
七武海に加入しています。

能力は明らかになっておりませんが、

現在、白ひげ傘下の海賊を
潰して回っているようです。

その強さは、白ひげの若い頃を
彷彿(ほうふつ)とさせるほど
だそうで、

少なくとも、マルコと互角に渡り得るほどの
戦闘力はありそうですね。

3位 ドンキホーテ・ドフラミンゴ

七武海 強さ

元は懸賞金3億4000万ベリーの海賊

元天竜人であり、ドレスローザの国王として、
国を支配していました。

イトイトの実(パラミシア)の能力者であり
覚醒させています。

四皇・カイドウの部下であり、
大接戦の末
修行を終えたルフィに倒されてしまいましたがが

カタクリとの対戦した時と同じくらい
ルフィが苦戦していたので、
この順位が妥当と思われます。

4位 海賊女帝ボア・ハンコック

相手を石化させるメロメロの実の能力者で
アマゾンリリーの現皇帝。

天竜人の奴隷であった過去を持ち

覇王色の覇気の持ち主でもあります。

センゴクにあの女は強いぞ、
と言わせたほどの実力者なので、

修行前のルフィよりは
強かったように思えますが、

現在は、同じか、
ルフィ以下だと思われます。

5位 バーソロミューくま

元革命軍の幹部であり、ソルベ王国の国王だった「くま」。

ニキュニキュの実の
肉球人間で
あらゆるものを弾き飛ばすことができます。

政府の言うことを忠実に聞く
唯一の七武海でしたが、

現在は、天竜人の奴隷となっているようです。

スリラーバーグでは、ルフィたちを
圧倒していたくまですが、

その実力を発揮したのは、
いずれも麦わら海賊団が、
壊滅的な状況でしたから、

単純な戦闘力だけで言えば、
モリアやイワンコフなどと
同程度だと思われます。

7位 トラファルガー・ロー

最悪の世代のルーキーの一人。

船医であり、オペオペの実の能力者で
放出するドーム状の
エリア内で移動が可能。

現在の懸賞金は5億ベリー

ルフィたちと海賊同盟を組んでおり、

ドフラミンゴに負けていたので
この順位に。

7位 道化のバギー

イーストブルーでルフィ達と戦った海賊で、
もともとの懸賞金は1500万ベリー。

バラバラの実の能力者で
体をバラバラにできるバギーですが、

ゴールドロジャーの船員(見習い)で、
四皇・シャンクスの
同期だったことが判明、

頂上戦争で活躍したことで
一気に名を上げて、
七武海の仲間入りを果たしています。

単体での戦闘力は、間違いなく
七武海で最弱だと言えるでしょう。

終わりに

今回の記事では、現在までに判明している
七武海のメンバーと
その強さをランキング形式でまとめてみました!

頂上戦争の前後で、メンバーの入れ替わりが
激しくなっていた七武海ですが、

ドレスローザでの戦いの後
ローやドフラミンゴは
七武海を脱退、

後任の2名は、未だ明らかになっていないものの、

藤虎いわく、「今後、七武海は不要」とのことなので、
後任が選ばれないまま、

七武海制度も
廃止されてしまうかもしれませんね。

追加の情報があればアップ
していきたいと思います!

関連記事とスポンサーリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。