過去、ワンピースに登場していた
剣豪リューマを覚えていますか?

剣豪リューマ 

原作では、すでに病気で亡くなった
歴史上の人物として
紹介されていましたが、

スリラーバーグ編では、
片目を包帯でふさぎ

アブサロムなどと共に
侍の姿のジェネラルゾンビとして登場。

現在ルフィ達が上陸している
ワノ国出身の侍であり、

ホグバッグなどによって復活させられた
リューマのゾンビには、

ブルックの影が入れられていましたね。

「るろうに剣心」の「志々雄真実」に
姿が似ているとも言われており、

ゾロとの戦いの末、敗れていたものの

当時のワノ国で
最強の侍だったのでは?
と噂されているリューマ。

今回は、そんな剣豪リューマについて、
竜斬り伝説や
その強さなどをまとめてみました!

※最新話のネタバレを含んでいるので
コミックス派の方は
ご遠慮いただければと思います。

剣豪リューマ(ワンピース)がかっこいい!その強さや竜斬り伝説とは?

かつてルフィたちと
スリラーバーグで戦った
ゲッコーモリアの部下で、

モリアが率いるゾンビ兵の中でも、
上級クラスの
将軍ゾンビであった剣豪リューマ。

剣豪リューマ 正体

体(肉体)は本人のものでも、
ブルック(影の主)の
性格などを受け継いでおり、

本来の戦闘スタイルでは
なかったものの、

影を取り返しにきたブルックを
返り討ちにするほどの
強さでした。

元々の入れ物(生前の肉体)が強い
リューマだからこそ、
将軍ゾンビとして扱われたのでしょう。

ひょっとすると生前は、ミホークとの修行を終えた今のゾロと
同じくらい
強かったのかもしれません。

本名はリューマ・ド・キング

↑どことなくゾロに似ている??

「尾田栄一郎」先生の短編(読み切り)集「WANTED」の
「MONSTERS」という話の中で
登場していたリューマ。

志々雄のような姿になる前は、
普通の青年のような
見た目をしていましたね。

以下は「MONSTERS」の内容です。

「世界一の兵(つわもの)の魂」を持つ
最強の剣豪「キング」を
探す旅の道中

くだばる寸前であった主人公のリューマは、
ある町に住む「フレア」という
女性に助けられる。

その後、悪い剣士2人が町を壊滅させる目的で
竜を呼び、
火事場泥棒を繰り返していた事を知ったリューマは、

口封じのために襲われるも
2人を一瞬で倒し、

襲い来る竜も一刀両断した。

このやり取りが、後世に語り継がれ、

竜を斬った伝説の侍として
リューマの名が知れる事になる。

彼は気づいていないが、剣豪キングとは、
リューマ本人のことであった。

リューマはカイドウを切ったのか?

凶暴で巨大な竜を
一太刀で切り落とした
竜切り伝説を持つリューマ。

このリューマの刀を所持しており、姿形も似ているゾロが
今度はワノ国における、
新たな竜斬り伝説を作るのでしょうか?

追記)最新話で、カイドウの正体が
本物の龍だと判明しており、

リューマは過去に竜(カイドウ)を
切ったとも言われています。

一説では、カイドウの腹の傷は
その時につけられたものであり、

ビッグマムに助けられ
絶命を逃れたとも。

カイドウを切ったのだとすれば、
リューマの評価は
さらに上がりそうですが、

大昔の話なので、リューマが切ったのは
カイドウではなく
読み切りで登場した竜なのでしょう。

大昔ウソか本当か、空飛ぶ竜を切り落としたと
語り継がれる伝説の侍

リューマ:「私の名前を知らないんですか?
剣豪リューマと聞けば
誰もが身をすくめるほどの・・・」(スリラーバークにて)

ワノ国で墓を荒らした真犯人とは?

ワノ国の英雄であったリューマですが、

過去には、そのお墓が何者かに荒らされていたようで

王下七武海であった
ゲッコーモリア、
もしくはその部下(ホグバッグなど)の仕業だと言われています。

モリアがリューマの肉体を
復活させたもの、
再びカイドウに挑むためだったのかも。

剣豪リューマ ワノ国

モリアの部下(ゾンビ)として登場した際には、
大業物の21工の1本である「秋水」(黒刀 乱刃)を
所持していたリューマ。

この名刀「秋水」は、そのリューマに勝利した
ゾロが譲り受けていたのですが

ワノ国の国宝でもあった「秋水」なので、最終的には、
ゾロが持ち主(リューマの墓)に
返してしまうのかもしれません。

そうなると、ゾロも新たな刀を
手に入れる
必要があるのですが、、、

その辺りに注目して、
今後の展開を考察していきたいですね。

というわけで今回は、ワノ国の侍である剣豪リューマについて、
過去の竜斬り伝説や
強さなどをまとめてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。