2019年8月14日に放送された
「東大王」の2時間SPが話題です。

新シリーズが始まった東大王ですが、

今回から2週連続で
東大王チームの候補生が
登場します。

前回の放送では、候補生だったジャスコ林さんが
正規メンバーに
昇格していましたね。

今回、新たにメンバー候補となった東大生とは
どのような人物なのでしょうか?

今回は、東大王チームの候補生である
岡本沙紀さんについて
プロフィール情報などをまとめてみました!

岡本沙紀が東大王の候補に?筑波から東京大学に

名前:岡本沙紀(おかもとさき)
年齢:19歳(2019年8月時点)
出身校:筑波大学の附属高校

2019年8月14日に放送された
「東大王」2時間SPの
サードステージで初登場していた「岡本沙紀」さん。

東京大学の理科一類、
1年生だそう。

岡本さんは、偏差値76の
理科一類に、

「一般入試よりも難しい」
とも言われている推薦入試で合格した才女です。

「鈴木光」さんの母校でもある
「筑波大学」の附属高校(偏差値77〜78)
に通っていた岡本さん。

在学時には

「クイズ研究部」という
部活に所属し

毎年夏に放送される
日本テレビ系「全国高等学校クイズ選手権」
(高校生クイズ2017)にも

出場していたそう。

決勝まで進み、
全国3位の好成績を
おさめていた岡本さん。

「卒業後は東大に進むのでは?」とも
噂されたみたいですね!

2018年に行われた

世界30カ国以上から中高生が参加する
国際言語学オリンピックにも
日本代表として出場していたようで

豊富な知識と言語力
武器だそう。

スペイン語やイタリア語、ロシア語、
ドイツ語、オランダ語など、

さまざまな言語が読めるみたいです。

本当に頭が良い人は
複数の言語を覚えることができる

と言われていますが、

岡本さんは、東大王の先輩方に
負けないほど
優秀な候補生なのでしょう。

↓以下は岡本さんの座右の銘です↓

想像力は捕獲された状態では育たない
ある種の動物のように
捕らえられた状態では育たない(ジョージ・オーウェル)

イギリスの作家・ジャーナリストとして活躍した
「ジョージ・オーウェル」氏は

生み出した作品が
英語圏で人気を博しており

高校の英語教材として
使用されるほど
影響力の大きい人物です。

東大生は、記憶力や情報処理能力が
ずば抜けている
イメージですが、

オーウェル氏の影響を
強く受けていた岡本さんは、

何にもとらわれずに
想像力をめぐらすこと(柔軟な発想?)も
大事にしていたみたいですね!

憧れの人物は鈴木光

2017年の10月と

2018年の8月に放送された

東大王の高校生大会「東大王VS高校生選抜」にも
出場していた岡本沙紀さん。

番組内では、

高校生選抜チームで
活躍されていたようです。

そんな岡本さんの憧れの人物は、
鈴木光さんなのだそう。

学業を理由に、7月31日の「東大王」を欠席していた鈴木光さん。

岡本さんは、学業が忙しい鈴木光さんの
代打としての活躍も
期待できそうですね。

「かわいい」「真面目そう」
「品が良さそう」などと

早くも視聴者から
好感を持たれている岡本さんですが、

ジャスコ林さんと違い
初登場時から
緊張している様子が感じられず、

「堂々としていて凄い」とも
言われていました。

落ち着いているように
見えるだけで

内心は緊張していたの
かもしれませんが。

まとめ

人気・実力ともに
申し分無いと思われる岡本さんですが、

番組内に新たな風を
吹かせてくれるのでしょうか?

このような声も

理科一類に
推薦で入学できた時点で凄い!
大活躍すること間違いなし!

岡本さんの東大王での活躍が
今から楽しみですね!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!!

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。