19日に告示された2021年の衆議院選挙。

まもなく投開票を迎えますが、依然として各選挙区の候補者に注目が集まっています。

今回の記事では、2021年の衆院選で大阪10区を戦う「池下卓」氏の経歴や評判などの情報を調査してみました!

国政政党「日本維新の会」から出馬している「池下卓」氏とは、どのような人物なのでしょうか?

池下卓氏のプロフィールや経歴をwiki風にまとめてみた

池下 卓氏のプロフィール情報

名前:池下 卓(いけした たく)
出身:大阪府・高槻市
生年月日:1975年4月10日(46歳)

【簡単な経歴】「池下 卓」氏は地元・高槻市の磐手小学校や第八中学校を卒業され、高槻北高校に入学しています。

その後は、関西難関8私大の一角「龍谷大学」 と「龍谷大学大学院」修了されていました。

社会人になってからは税理士として活動していた「池下」氏ですが、大阪の経済や中央集権の体制に危機感を持ったことで

2011年の大阪府議会議員選挙に出馬し初当選。府議として3期活動していました。

「日本維新の会」では会計監査人を、地域政党「大阪維新の会」では、会財務局長をつとめていたみたいですね。

「池下」氏は市議会議員の父親や祖父の背中を見て育ったためか、幼少期から政治に関心があったそう。

「池下 卓」氏の政策(公約)や評判は?大阪10区から2021年の衆院選に

2021年の衆院選では、「維新の会」の公認を受けて大阪10区(高槻市三島郡)から出馬している「池下 卓」氏。

維新の比例近畿ブロックにも名前があります。

高槻市と三島郡は大阪市や京都市ベッドタウン※と言われており、1960年代から1980年代にかけて急激に人口が増加。2000年代以降も若い世代の人口流入が増えている都市です。

ベッドタウン※とは・・・都心に通勤する人の住宅地を中心に発達した、大都市周辺の都市のこと。

大阪10区はベッドタウンの性質を持つことから人工流動が多く、そのせいで無党派層が多いみたいです。

以下は、「池下 卓」氏が掲げる政策(公約)です↓

・身を切る改革を含む政治改革・・・議員定数や議員報酬の削減など統治機構改革・・・地方分権型国家へ

徹底した行財改革・・・持続可能な小さな政府、テクノロジーによる行政コストの削減など

教育、子育て・・・教育予算の対GDP比を他の先進国並みに引き上げるなど

経済、労働政策・・・適切な規制緩和を行うなど

税制、社会保障制度・・・ベーシックインカムの積極的検討など

憲法改正・・・自衛隊の地域を明確化し、国防の助けとなる組織体制を担保するなど

外交安保・・・安全保障などに関わる土地取引の規制強化

8つもありますが、維新八策がもとになっているのでしょうか?

「池下 卓」氏が出馬している大阪10区には、自民党の前厚労政務官「大隈和英」氏(外科医)や立憲民主党の副代表「辻元清美」氏が出馬しており、激戦となっているようです。

「辻元清美」氏↓

残念ながらネット上からは、池下氏の評判を見つけられませんでした。辻本氏の存在感が大きすぎるのか、SNSも辻本氏に関する書き込みが圧倒的大多数でした。

自民と維新で保守票を奪い合っては7期の辻本氏に勝てない、といった声も散見されます。

10月24日現在の情勢では、野党統一候補となった辻本氏がやや優勢みたいですが、池下氏の勢いもかなりのものだそう。

無党派層の多くが投票先に迷っているようなので、最後までどうなるかは分かりませんね。

大阪では維新が強いと言われていますし。

ともかく「池下 卓」氏の得票数に注目したいですね!

こちらもおすすめ
衆議院選挙2021結果速報!維新の会の大阪での議席はどうなる?

というわけで今回は、2021年の衆院選に出馬している「池下 卓」氏の経歴や政策などの情報を調査しました。

追記)「池下 卓」氏は、2021年の衆院選・大阪10区で「辻元清美」氏を破り初当選していました。

また追加の情報があればアップしていきたいと思います!

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。