2019年の参院選に立候補していた「尾田美和子」氏が、「美人!」「優秀すぎる!!」などと注目を集めています。

野党の統一候補の新人として香川の選挙区を戦う「尾田」氏ですが、

どのような人物なのでしょうか?

今回は、参院選に出馬する「尾田美和子」氏について、プロフィールや経歴のほか
気になる評判をまとめてみました!

尾田美和子のプロフィールや経歴まとめ!

名前:尾田美和子(おだみわこ)
年齢:46歳(2019年5月時点)
出身:兵庫県・姫路市
在住:香川県・高松市・屋島(やしま)

兵庫県・姫路市の出身である「尾田美和子」氏ですが、中学からは香川県に在住していたそう。

公立の「高松商業高校」を卒業後は「徳島文理短期大学」や

法政大学の経済学部・経済学科(通信教育課程)などに在学していました。

生命保険会社や旅行代理店、学校法人「村崎学園」などで働かれた「尾田」氏は、

その後、香川大学の大学院・経済学研究科(経済学専攻・修士課程)を修了されます。

呉服(ごふく)屋を営む祖母の影響で、幼い頃から着物に親しんでいた尾田氏は

大学院時代に、京都の先染め織物である西陣織(にしじんおり)※の企業戦略を研究していたそう。

西陣とは・・・※京都(西陣)で生産される先染(布を織る前に糸や繊維を先に染色する)の紋織物(もんおりもの)の総称。
国の伝統工芸品に指定されている。

多品種・少量生産が特徴の西陣織について研究した尾田氏は、

2015年に、日本の伝統工芸品を用いた商品開発などを行う
「tsutaeru」(ツタエル)を設立していました。

「tsutaeru」は、伝統工芸品の良さを伝えることを目的とする会社です。

日本の伝統工芸品を新しい形に、新しい価値として提供し、
多くの方にその感性と美しさを味わい
楽しんでもらいたい。(尾田美和子氏)

会社の目玉商品とも言える「西陣織のベビーシューズ」は、
過去に「ブータン王国」の王子に贈答(プレゼント)されたことも。

これまでに、京都・女性起業家大賞(京都府知事賞)など数々の賞を受賞し、

現在は、香川大学ビジネススクール(地域マネジメント研究科)の非常勤講もされている尾田氏。

大変優秀な方だったのですね。

ハイスペックな美人候補が香川の選挙区から参院選に

「tsutaeru」の代表として、香川県・高松市で伝統工芸品のプロデュースを行っていた「尾田美和子」氏ですが、

2019年夏の参院選(香川選挙区)に出馬しており、

立憲民主党や社民党、国民民主党などから推薦を受けています。

香川選挙区は、当選できる人数が1人。

いわゆる1人区と呼ばれる重要な区です。

この選挙区には、自民党の現職である三宅氏のほか、

共産党の田辺氏が立候補を予定していましたが

打倒・安倍政権に向けて野党が候補者の一本化をはかったため

共産党側が擁立を取り下げたようです。

↑野党統一候補として2016年の参院選に、
出馬していた「共産党」の田辺健一氏。

まとめ

アベノミクスの恩恵を受けていない中小・零細企業が抱える課題解決を目指す「尾田美和子」氏。

これまで、職人(後継者不足)の問題などに取り組んでこられた「尾田」氏ですが

国政の立場で、地域経済の活性化に力を注ぎたいそうです。

「政治経験の無さ」や「知名度不足」を不安視する声もあがっていますが、

参院の野党第1会派を争う2つの党では、「尾田」氏の奪い合いも↓

この人「国民民主党」から応援されているけど、(玉木代表の地元は香川)
「立憲民主党」がわがもの顔で議員情報に載せていて笑った!

各党からラブコール?が絶えない「尾田」氏の選挙結果に注目したいですね。

追記)2019年の参院選・香川選挙区に出馬した「尾田美和子」氏ですが
15万1107票を獲得するも、自民党の現職(三宅氏)に敗れていました。

「伝統工芸の振興を目指す芯の強い女性」
などと言われている「尾田」氏の今後に注目したいと思います。

というわけで今回は、2019年の参院選に出馬していた「尾田美和子」氏について、
プロフィールや経歴などをまとめてみました!

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。