「民主党」政権時代の鳩山首相に対し、「この愚か者めが!!」
「ルーピー!!」などと
ヤジを飛ばしていた「自民党」の「丸川珠代」参議院議員

2019年の参院選に
出馬されるそう。

「変わった」、「愚か」などの意味を持つ
「ルーピー」というアダ名ですが

これは、アメリカのワシントン・ポスト社が
鳩山首相に命名したものです。

以降、「鳩山」首相が特異な発言をする度に
ルーピー発言などと
揶揄(やゆ)されることが増えたそう。

「自民党」の女ヤジ将軍と呼ばれた丸川氏ですが、
東京オリパラの担当相を
つとめていた際には、

2016年の都知事選で「自民党」に強く反抗した「小池ゆりこ」氏のことを
「チームプレー」ができない
などと批判していたそうで、

選挙後には、小池都知事に
面会を求めるも
拒否されていたようです。

丸川氏は、過去に小池知事から選挙応援を受けたことも

小池知事と、森喜朗(五輪・組織委員長)との間で
板ばさみになるなど、
苦労も多かったという丸川氏。

今回は、そんな「丸川珠代」氏について
アナウンサー時代のかわいい画像や、
過去の発言などをまとめてみました

丸川珠代氏かわいいのに愚か者www

過激な発言の数々が注目を集めていた丸川氏

2010年3月、参議院・厚生労働委員会にて

当時の政権与党であった「民主党」が
子供手当ての支給を
強行採決※した際、

「この愚か者め!」「このくだらん選択をした馬鹿者どもを絶対に忘れん」

などと口汚くののしっていた丸川氏。

※強行採決とは・・・与野党の合意が得られず、
少数派の議員が審議の継続を求めている中で、
多数派の議員が審議をうち切り、
委員長などが採決を行うこと。

「自民党」の参院選のPRために
作られたという
「愚か者Tシャツ」は

選挙後も売れ続けていたようです。

テレ朝出身のアナウンサーとは
思えないほど
右に寄った発言が目立つ丸川氏ですが、

「しがらみのない政治、大胆な改革を築いていく」
などと発言していた
小池百合子氏と同じく

局の都合(立場)など
おかまいなしなのかも!

ある意味では、自民党にとって
厄介とも言える存在ですね。

丸川珠代の若い頃の画像を集めてみた!

名前:丸川 珠代(まるかわ たまよ)
出身:兵庫県・神戸市
学歴:東京大学・経済学部卒
生年月日:1971年1月19日(2019年5月時点で48歳)
所属派閥:細田派(保守の名門派閥)

テレ朝を退職した2007年の参院選に
東京都選挙区(定数5)から
「自民党」の公認で出馬し、4位の得票数で初当選していた丸川氏。

第3次・安倍改造内閣には

環境大臣および原子力防災担当相として
2015年に初入閣されています。

その後は、東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会の担当国務大臣に
横滑り※していたものの
2017年8月に退任していたようです。

横滑りとは・・・同格の他の地位に移ること

「テレビ朝日」のアナウンサー時代には

「ビートたけしのTVタックル」
などの番組で
司会をつとめていた丸川氏。

以下は↓「ビートたけし」さんの番組出身の国会議員です↓

TVタックル
・石井苗子(維新の会)
・丸川珠代(自民党)
スーパージョッキー
・蓮舫(立憲民主党)

野党時代の自民党で活躍していた「丸川」氏

全盛期は、とんでもない美人だったみたいですね!

フリーアナウンサーから
政治家への転身を果たした丸川氏ですが、

2013年の参院選で100万票以上を獲得し
公明党の山口代表を上回る
トップ当選(2選)を果たしています。

ルックスだけでなく頭も良く、

出馬すれば票がとれる
などと言われていた丸川氏ですが、

小池フィーバーの年であった
2017年の衆院選では

東京10区での当選を目指していた
「希望の党」の若狭氏の対抗馬として、

「自民党に担がれるのでは?」
といった声もありました。

2020年の都知事選に、
「自民党」から擁立される
との噂もあった丸川氏ですが

2019年夏の参院選への出馬が決まり、
「塩村文夏」氏や「吉良よし子」氏などと
東京の選挙区を戦われます。

3選を目指す丸川氏の、獲得票数などから
目が離せなくなりそうですね。

というわけで今回は、自民党の「丸川珠代」氏について
アナウンサー時代や
過激発言などをまとめてみました

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!

関連記事とスポンサーリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。