「医療法人(社会福祉法人)さわらび会」の統括本部長(兼副理事長)である「山本左近」氏(36)が、2019年の参院選に出馬しています。

元F1ドライバーでもある左近氏。

F1(フォーミュラ・ワン)とは、最高峰の四輪自動車レースです。

F1のレーサーとして活動してこられ、現在は介護の現場に携わっている山本氏ですが、どのような人物なのでしょうか?

今回は、2019年の参院選に出馬している「山本左近」氏の経歴などに加えて気になる評判を調査してみました!

山本左近氏のプロフィールや経歴をまとめてみた!父親についても

名前:山本左近(やまもと さこん)
出身:愛知県・豊橋市
生年月日:1982年7月9日(2019年時点で36歳)

愛知県で生まれ育った「山本左近」氏。

県立の豊橋南高校を卒業されており、「南山大学」の総合政策学部に進学していました。

6歳のときに両親に連れられてF1レースを見に行ったことがきっかけで、11歳でカートを始めた左近氏ですが、

地方のローカルレースからスタ−トし、高校生のときには全日本のチャンピオンになっていたようです。

2001年にはF3※の試合に初参戦し、2004年に初優勝していました。

F3とは※・・・F1への登竜門となっている四輪レースのこと。

モータースポーツの活動に専念するため、大学を中退してヨーロッパにわたり、

2006年に当時の日本人・最年少ドライバーとしてF1デビューを果たした左近氏は、2010年頃までF1に出場していたそう。

福祉施設などを運営する「さわらび会」の理事長「山本孝之」氏を父親に持つ左近氏。

F1の活動には莫大な資金が必要だと言われていますが、

大病院の跡取りである「左近」氏は、父親の援助もあってレースを続けてこれたのでしょう。

左近氏はその後、モータースポーツ番組「SuperGT+」(テレビ東京系)で解説のお仕事をされ、

カートコースの監修なども行っていたようです。

現役引退の噂が流れる中で、2015年にはフォーミュラE(電気自動車のF1)にも一時的に参戦した左近氏。

「くりぃむクイズ ミラクル9」(テレビ朝日)3時間SPに、アスリートナインの一員として出演したことも。

彼女はいるの?

現在は名古屋市立大学「医学部」の非常勤講師をつとめるほか、非営利で地域の医療や福祉を支える福祉法人の統括本部長として、病院経営などを行っている左近氏。

ハイステータスなイケメンでありながら、2019年現在まで独身を貫いているそう。

同じく独身の小泉進次郎氏をリスペクトしているのでしょうか?顔も少し似ていますよね。

追記)進次郎氏は2019年8月に、滝川クリステルさんとの結婚を発表していました。

過去には、モナコGPで知り合ったと言われるセレブ・モデルの
マリエさんとの交際が報じられた左近氏ですが、

そのような事実は無いそうです。

山本左近氏が2019年の参院選に!気になる評判なども

「自民党」の比例代表の候補として2019年夏の参院選に出馬していた山本左近氏。

子供もお年寄りも、安心して暮らせる社会が必要。地域包括のケアシステムを構築できるよう頑張りたい!

選挙では、「モータースポーツは単なる走り屋じゃないというメッセージを伝えていきたい。」と語っていた左近氏ですが

ネット上からはこのような声が↓

比例は山田太郎に決めているけど
次点で山本左近だな。
自民党には票を入れたくないけど、左近氏には投票したい!

追記)山本左近氏は参院選の比例で7万8236票を獲得するも落選していました。2021年の衆院選にも自民党から出馬し、比例・東海ブロックで初当選していたようです。

というわけで今回は、元F1ドライバーの「山本左近」衆議院議員の経歴などを調査してみました!

また追加の情報があればアップしていきたいと思います!

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。