任期満了にともなう2020年の「東京都知事選挙」が告示され、
1週間以上が経ちましたね。

今回は自民党が対抗馬を擁立しておらず、小池氏優位だと言われています。

5日の投開票の行方も気になりますが、

出馬している人物についても知りたい、
という方が多いようです。

そこで今回は、都知事選2020立候補者の「長澤育弘」氏について
プロフィールや経歴などのほか気になる評判をまとめてみました!

長澤育弘氏のプロフィールや経歴まとめ!

名前:長澤育弘(ながさわ やすひろ)
年齢:34歳(昭和60年生まれ)
出身:大分県・日田市

無所属の新人として、
今回の都知事選に出馬している「長澤育弘」氏
ですが、

大分県立・日田(ひた)高校を卒業されています。

この日田高は、2011年に、文部科学省から
スーパーサイエンスハイスクールに指定されたそう。(県下で2校目)

薬剤師だという長澤氏ですが、
大学に通うために上京したそうで

帝京大学の薬学部を卒業されているみたいです。

2年ほど、救急指定の病院に勤務し

調剤薬局やドラックストア、
併設ドラックなどを転職しながら

全国をめぐっていたとのこと。

その後、独立し2016年に「池袋セルフメディケーション」を
開局されています。(起業回数は8回)

「女性セブン」にも寄稿していた長澤氏ですが

一般社団法人の理事もされており

病院の薬が薬局で処方箋なしで買える

零売(れいばい)制度の普及を目指しているそう。

ゆくゆくは、日本の医薬品のアクセスも変えたいそうで

東京の医薬品のアクセスを変えるために
都知事選に出馬したようです。

豊島区には、5年程度?在住しているみたいですね。

長澤育弘氏が2020年の都知事選に!公約や評判も!

以下は、長澤氏の公約です↓

都知事選を戦う長澤氏に対しては、このような声が↓

何がやりたいかは分かったが、都知事じゃなくてもできると思う。
むしろ国会議員から厚労族でも目指したほうが良いんじゃない?
零売薬局のチェーン展開されて、

そこで働ける薬剤師が増えれば、
薬剤師や薬学生のモチベーションはかなり上がりそう。

良くも悪くも責任がついてくる。
患者さん命を預かるっていう。

講義とかも寝ないでちゃんと聞く人増えると思う!

まとめ

まだ若く、知名度の低さなどが課題だと思われる「長澤」氏ですが

果たして、当選できるのでしょうか?

投票率の行方とともに

長澤氏の選挙の結果に、注目していきたいと思います!

というわけで今回は、2020年の「東京都知事選挙」に出馬している
「長澤育弘」氏について、プロフィールや
評判などをまとめてみました!

また追加の情報があればアップしていきたいと思います。

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。