2020年の「東京都知事選挙」が、ついに投開票日を迎えましたね。

今回の知事選は、自民党が候補者を擁立しなかったので

実質的に小池知事VSその他の候補21名

という戦いだったと思いますね。

投票率などの行方も気になりますが、

出馬している人物についても知りたい、
という方が多いようです。

そこで今回は、都知事選に出馬しているミュージシャンの「服部修」氏について
プロフィールや経歴などのほか気になる評判をまとめてみました!

服部修氏のプロフィールや経歴をwiki風にまとめ!

名前:服部 修(はっとり おさむ)
年齢:46歳
出身:長野県・長野市

服部氏は、1998年に千葉県にある東京成徳大学の
人文学部を卒業され

元RALLY PALLY SU:PLEX (ラリーパリースープレックス)の
ドラムとして活動。

仲間由紀恵さんや伊藤英明さんが出演し
2001年に公開された映画LOVE SONG「ラブ ソング」に

挿入歌を提供するなど活躍していたそう。

現在は、プロミュージシャンを目指す若手の指導・育成を手がける
合同会社いろは音楽塾を経営されています。

アーティストの、アーティストによるアーティストのための

総合音楽マネージメントプロダクション音楽団体「虹色音学館♪」の代表でもあり

2007年に東京から大阪に拠点を移し

主に大阪市や兵庫県・西宮市で活動されているそう。

2013年からは、ホームレス支援や献血啓発やを進める
市民団体の代表もつとめていました。

政治団体「NHKから国民を守る党」の公認を受けて、昨年(2019年)の参院選に出馬していた服部氏ですが

滋賀県選挙区を戦い2万票ほど獲得するも
落選していました。

2020年8月には大阪府・箕面市長選挙に
出馬する予定だそうです。

服部修氏が2020年の都知事選に!気になる公約や評判も!

以下は、「みなさんの大切なものを守りたい」

と語る
服部修氏
公約です。↓

当選したあかつきには、

堀江貴文氏の提言を、1つずつ実行していかれるのでしょう。

過度な自粛によって

音楽や舞台、イベントなどの業界は壊滅的だと訴え

都知事選を戦う服部氏に対しては、このような声が↓

ネタキャラだと思っていたけど意外に真面目に
しゃべっていた。

N国(追記:NHK党)やホリエモン新党の候補者なので

先入観を持たれがちですが、

根は真面目な方なのでしょう。

服部氏の政見放送はいたって普通なので
一度、チェックしたいですね!

まとめ

今回の都知事選には、「立花孝志」氏や、

堀江氏の秘書を務める「齊藤健一郎」氏と同様、

ホリエモン新党の公認(NHK党推薦)で出馬している服部氏。

なかなかの神社マニアだそうで、
これまでに全国で数百の神社を参拝したそう。

今回の都知事選は神社パワーで
当選できるのでしょうか?

投票率の行方とともに服部氏の選挙の結果に、
注目したいと思います!

というわけで今回は、2020年の「東京都知事選挙」に出馬している「服部修」氏について、プロフィールや
経歴などをまとめてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います。

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。