2020年の「東京都知事選挙」がついに告示されましたね。

前回ほどは盛り上がっていないと思われる都知事選。

選挙の結果も気になりますが、立候補する人物のことも詳しく知りたいという方が多いようです。

そこで今回は、2020年の都知事選に立候補している「込山洋」氏について
プロフィールや経歴などの情報をまとめてみました!

あの有名人の後継者みたいなので、気になる評判なども合わせて調べてみました!

込山洋氏のプロフィールや経歴をまとめてみた!

名前:込山 洋(こみやま ひろし)
生年月日:1973年12月18日(46歳)
出身:神奈川県・横浜市

2020年夏の東京都知事選挙に出馬されている
「込山洋」氏。

私立「横浜商科大学」高校を卒業後「大原経理専門学校」に通われていたようです。

証券会社に営業として10年勤務した後は、2006年に福岡で探偵・調査業務などを行う

コンサルティング会社を設立していました。(2014年に閉鎖)

優秀な方みたいですね。

ちなみに、証券会社では最初の5年は渋谷支店に、その後は福岡に配属されたようです。

2016年4月からは、政治団体「スマイル党」(旧:日本スマイル党)の総裁である

マック赤坂氏の付き人(秘書)を3年半つとめたそう。

前回(2016年)など、3度にわたり都知事選に出馬してきたマック赤坂氏(71)ですが

コミカルなダンスとスマイルのポーズが選挙の風物詩となりましたね。

マック氏の後継者とされる込山氏は、

2016年から、財団法人「スマイルセラピー協会」のインストラクターをつとめ笑顔を普及しており

「東京からスマイルの灯を消してはいけない。」

と、今回の都知事選に向けて立ち上がったようです。

2019年の港区議会選挙で初当選したマック氏は、今回の都知事選に出馬していません。

2015年から渋谷の駅前の喫煙所で

清掃、マナーの啓蒙(けいもう)活動をされていた込山氏ですが

啓蒙・・・知らない人を教え導くこと

2019年5月からは新橋SL広場でも活動し8月に、退職。

9月から、東京チャレンジネットの介護コースを利用し

介護職員 初任者研修課程(介護士資格)を修了していました。

その後は、昼間に介護士として働き、夜にゴミ拾いをされていたようです。

マック赤坂の後継者が2020年の都知事選に!気になる政策(公約)や評判も!

今回の都知事選挙では、スマイル党の推薦を受けており

期間限定でのベーシックインカムの導入(一人に月額10万円給付)などの
政策(公約)をかかげている込山氏。

「東京美しい心 大改革22」と題しており

「毎月8日をスマイル(笑顔)デーとする」など独自の内容が盛り込まれています。

そんな込山氏に対しては、以下の評判が。

公党の支援を受けていない候補者に限れば込山洋氏に票を入れたい!
マック赤坂見附の芸名で立候補して欲しかった!
マックは応援に来るのかな??

まとめ

込山氏は知名度の低さが課題だと思いますが、果たして当選できるのでしょうか?

込山氏の選挙の結果に、注目していきたいと思います!

というわけで今回は、2020年の「東京都知事選挙」に出馬している
「込山洋」氏について、プロフィールや経歴などの情報をまとめてみました!

また追加の情報があればアップしていきたいと思います。

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。