2020年の「東京都知事選挙」がついに告示日を迎えましたね!

都知事選は、注目されやすい選挙です。

選挙の結果や情勢なども気になりますが、

出馬している人物についても「詳しく知りたい」という方が多いようです。

そこで今回は、2020年の都知事選に立候補している「小野泰輔」氏について
プロフィールや経歴などをまとめてみました!

気になる評判なども合わせて調べてみました!

小野泰輔氏のプロフィールや経歴などの情報を調査してみた

名前:小野泰輔(おの たいすけ)
生年月日:1974年4月20日(2020年6月時点で46歳)
出身:東京都・目黒区

「小野」氏は、全国でも屈指の進学校の一つとされる「海城高校」を卒業後「東京大学文科一類」に入学し、

卒業後は世界最大の経営コンサルティングファーム「アクセンチュア」に入社しました。

2000年〜2002年の期間、自由党の「藤島正之」(元衆院議員)の公設秘書をされていた小野氏ですが

2008年には、東大のゼミの恩師である「蒲島 郁夫」氏(東大名誉教授)の熊本県知事選挙への出馬を手伝い、

蒲島氏が当選してからは、県の政策調整参与を任されました。

2012年には、38歳という若さ(当時の全国最年少)で副知事に起用されたそう。

「小野」氏は、相当優秀で信頼に足る人物だったのですね。

小野泰輔氏が2020年の都知事選に!気になる政策(公約)や評判も!

2020年の東京都知事選挙に「日本維新の会」の推薦を受けて立候補している「小野泰輔」氏。

地域政党「大阪維新の会」を母体として結成された国政政党であり

「松井一郎」氏が代表をつとめる「日本維新の会」↓。

「維新の会」はここ数ヶ月吉村知事のメディア露出が増え、人気が増したように思えますね。

徹底した行財政改革や、都条例「学校外教育バウチャー」、知事報酬・期末手当・退職金の一律50%カット

などの公約をかかげている「小野」氏。

副知事としての任期が今年6月に終了するそうで

「都知事選は無風で現職(小池氏)が再選しそうだが、本来なら、今後の社会経済についてもっと議論されるべき。」

などと考えている中、

高校の同級生であり維新の会の参院議員である「柳ヶ瀬」氏から連絡をもらい、出馬が決まったようです。

そんな小野氏に対しては、以下のような評判が。

行政能力がありそう。

このような声も寄せられています。

右でも左でも無さそうなのがまた良い。
選択肢としてはアリだけど知名度が低すぎ!

主要候補の一人としてマスコミでも取り上げられており、

前回の都知事選で「小池」氏を応援したおときた氏などが、今回小野氏を応援しているので、結構な票が入りそうです。

都民ファーストと維新は方向性が似ているとも言われるので、小池氏に入るハズだった票が小野氏にも流れそうですね。

まとめ

東京都の首長としての活躍が期待される小野氏。

知名度の低さなどが課題だと思いますが、当選できるのでしょうか?

追記)2020年の都知事選では61万票以上を獲得するも当選を逃した「小野泰輔」氏。2021年10月の衆議院選挙にも出馬し、東京1区では落選するも比例復活で初当選を果たしました。

というわけで今回は、衆議院議員である「小野泰輔」氏のプロフィールや経歴などの情報を調査しました!

また追加の情報があればアップしていきたいと思います。

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。