2019年のラグビーワールドカップで

初の決勝トーナメント進出を果たした日本代表。

10月20日に、南アフリカと対戦します。

優勝候補の一角であり、
スプリングボクスの愛称で親しまれる
南アフリカ代表ですが

キーマンはどの選手なのでしょうか?

今回は、南アフリカ代表の
マルコムマークス選手について
プロフィール情報などをまとめてみました!

マルコムマークス(南アフリカ)プロフィールをwiki風にまとめ

名前:マルコム・マークス
出身:南アフリカ
身長:189cm(117kg)
生年月日:1994年7月13日(2019年10月時点で25歳)

世界最強のHO(フッカー)※の1人と
呼ばれているマルコムマークス選手。

フッカー※とは・・・背番号2番のポジションで
スクラムの最前列中央で
投入されたボールをかきだす役割。

プロップ (PR)の選手と共に
相手と組み合って
押し込むポジションでもあります。

プロップよりは若干小柄な選手が
つとめることの多いフッカーですが、

マルコム・マークス選手は
南アフリカ代表のフッカーの中でも
189cmとやや大柄で、筋肉質。

主に、タックル後などのセットピース時(密集戦)での
相手ボールのダッシュにおいて
力を発揮する選手なのだそう。

ちなみに、南アフリカ戦に先発する
日本代表HO(フッカー)は
堀江選手です。

所属先であるライオンズのユースの時代は、
FL(フランカー)※のポジションを
つとめたマルコムマークス選手。

※フランカーとは・・・スクラムの側面につき、左右から支える役割

※ライオンズとは・・・スーパーラグビーに参加する
南アフリカの名門チーム

HOに転向してからは、3年ほどで
ライオンズ(ユースではない)のメンバーとして
スーパラグビーデビューを飾っていました。

2016年には、南アフリカ代表として
デビューを果たしたマルコムマークス選手。

2017年シーズンは、
全てのFWの選手の中で
最多となる10トライを決め

国内の最優秀選手賞、
最優秀新人賞、
スーパーラグビーMVPの3冠を達成していたそう。

今回のワールドカップ終了後には、

日本トップリーグのNTTコミュニケーションズ
(シャイニングアークス)で
プレーする予定とのこと。

守備力も高いマルコムマークス選手

今大会屈指の体格を誇る
南アフリカ代表の中で

特に、ゴール前の攻防の際などに
驚異的なパワーを発揮する
マルコムマークス選手。

守備範囲が広く、マークス選手に絡まれれば
逃れられない、
との声もあるほど。

ラインアウトスローにも長けている
マルコムマークス選手ですが、

モール(プレー中の密集戦)の最後尾から

サイドを突いて
効果的にトライを狙うことも。

2017年シーズンは、
スーパーラグビーの全FW中、
最多となる10トライを決めていました。

10月20日のW杯・準々決勝

日本戦では、先発を外れ
ベンチ入りとなっていた
マルコムマークス選手。

後半、日本代表が
バテ始めた頃に投入され、

タックルが成立したあとの
密集でのボールの奪い合い
(ブレイクダウン)にて、

ジャッカル(横取り)を連発するだろう、
と予想されていました。

追記)20日の日本戦では前半終了ギリギリに
交代で入っていたマルコムマークス選手ですが、
準決勝ウェールズ戦も控えのようです。

ボールハントの達人であり、
味方にすると頼もしく、
敵に回すと恐ろしい選手ですが、

今後の日本での活躍が楽しみですね!

というわけで今回は、
南アフリカ代表のマルコム・マークス選手について
プロフィール情報などをまとめてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!!

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。