2019年のラグビーワールドカップ準々決勝、

日本VS南アフリカの試合が
まもなく始まりますね。

今回の南アフリカ戦は

スコットランド戦のような
高視聴率が期待されています。

そのような中で

日本代表を応援しながらも

南アフリカ代表のイケメンが気になってしまう
女性は多いみたいです。

ということで今回は、
ラグビーワールドカップに出場している南アフリカ代表の
イケメン選手をまとめてみました!

ジェシー・クリエル

生年月日:1994年2月15日
身長:186cm(96kg)
出身:南アフリカ

南アフリカのブルズ※に所属する
CTB(センター)の選手であり、
来季からキャノンでのプレーを予定。

ブルズとは※・・・スーパーラグビーに参戦するラグビーチーム。

9月21日に行われた
W杯・予選プールのニュージーランド戦で
ハムストリングを負傷したため、

残りの試合には出られず、
すでに帰国していたようです。(泣)

モデル級のルックスをお持ちのクリエル選手ですが、

シーズン中は、ガールフレンドのホープさんが
応援にかけつけるそう。

オフには、二人でバリ島などに
出かけるみたいです。

ファフ・デクラーク

生年月日:1991年10月19日
身長:172cm(80kg)
出身:南アフリカ

イングランドのセール・シャークスに所属する
南アフリカのhyde。

SH(スクラムハーフ)であり、他の選手と比べて、
小柄ではあるものの
パスワークは1級品。

FL(フランカー)顔負けの
フィジカルを誇り

ラックからでたボールを
すぐさま蹴り込む
ボックスキックの精度も高い選手です。

デクラーク選手については、以下の記事で詳しくまとめています↓

金髪のサラサラヘアの
ケアには余念がなく

アメリカのミュージシャンである
カート・コバーン似
とも言われているデクラーク選手ですが、

カート・コバーン氏↓

2017年から交際していた
ミネ・ヴァン・ニーケルクさんは
ブロンド髪の似合う美女です。

ウィリー・ルルー

生年月日:1989年8月18日
身長:186cm(90kg)
出身:南アフリカ

高精度のキックと、
自在なランが持ち味のFB(フルバック)。

W杯後は、トヨタ自動車ヴェルブリッツに移籍されます。

カッコいいだけでなく、
ダンディなルルー選手ですが、

すでに結婚されており、
お子さんもいるそう。

絵になる美しさですね↓

フランソワ・ロウ

パワフルなNO.8(ナンバーエイト)であり

フランカーとしての堅実さを
あわせ持つ選手です。

クリス・プラット似なロウ選手ですが

アメリカの俳優クリス・プラット氏↓

前回(2015年)のW杯・日本戦では、
先制点を決めたものの

終了間際に
逆転トライをあげられ
唖然とした表情になっていました。

ハンドレ・ポラード

生年月日:1994年3月11日(25歳)
身長:190cm(98kg)
出身:南アフリカ

U20(20歳以下)大会の後に、
代表に合流したSO(スタンドオフ)。

2015年のワールドカップにも出場しており

2019年のスーパラグビーでは
得点王に輝いていました。

高精度キッカーであり
持ち前の突破力で
トライも決めるポラード選手は

40数回の代表戦で
381得点をあげていたそう。

超絶イケメンなポラード選手ですが

幼馴染の奥さんも
超絶美人ですね。

終わりに

今回は、南アフリカ代表(スプリングボクス)の
イケメンラガーマンをご紹介しました。

選手それぞれに
素敵なパートナーがいるようで

充実したプライベートを
過ごせていそうですね。

もちろん選手の魅力は
顔だけではありません。

プレー中は反則級に男前なコルビ選手。

最高峰のLO(ロック)であり、世界指折りの突破力を誇るデヤハー選手。

イケメン選手が多すぎて
南アフリカ代表を応援したくなる

女性もいるかと思いますが

実は、日本代表にも
イケメン選手がいたのです!

顔の余白を足したディカプリオ、と言われているファンデルバルト選手(ヴィン様)↓

というわけで今回は、
ラグビーワールドカップ・南アフリカ代表の
イケメン選手をまとめてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!!

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。