ラグビー日本代表の司令塔である田村選手。

日本が優勝した今年の
PNC(パシフィック・ネーションズ・カップ)では、

地面のボールを蹴る
プレースキックの安定感が
増したことに加え

ハイパント、ゴロパント、タッチキック
といった
プレー中の3種類のキックを見事に繰り出し

得点につなげるシーンが印象的でしたね。

好調時は世界トップ3のSO(スタンドオフ)
などと
評されていた田村選手ですが、

今回のワールドカップでは、海外選手を含んだ
得点数ランキングで
48点とダントツの1位に。

「南アフリカ戦での日本勝利は

田村選手にかかっている」
との声もあるほどですが、

いったい、どのような人物なのでしょうか?

今回は、日本代表ブレイブブロッサムズの
「田村優」選手について
乱闘騒動や高校時代などをまとめてみました!

田村選手のスコットランド戦での乱闘騒動とは!?

2019年10月13日に
行われたスコットランド戦では、

後半67分、28対21で
日本が7点リードしていた際に

スコットランドのFL(7番)ジェイミー・リッチー選手が
田村選手に対しボールと関係ないところで
押さえつけるなどし、

乱闘寸前の小競り合いが
起きていたようです。

焦っていたのか

この試合で、ラフプレーの多かったジェイミー選手ですが

田村選手も、いい加減
頭にきてしまったようです。

小競り合いには、姫野選手や、リーチ選手
トンプソン・ルーク選手が、
仲裁に入っていたみたいですね。

二人は、試合後のツイッター上で
和解したとのこと。

田村選手の医者の噂も

医者という関連キーワードと
一緒に検索されていた
田村選手ですが、

これは、福岡選手と間違えられたのだと思います。

代表引退後は医者を目指す福岡選手

二人とも、注目されることが多い選手ですし、

顔もどことなく似ていますからね。

田村選手の高校時代はフルバックでキックの天才?

名前:田村優(たむらゆう)

生年月日:1989年1月9日(2019年10月時点で30歳)
身長:181cm(92kg)
出身:愛知県
所属:キャノンイーグルス(トップリーグ)
ポジション:SO(スタンドオフ)・FB(フルバック)・CTB(センター)
代表キャップ数:62(2019年8月時点)
得点数:220(トライ数5)

リーチキャプテンが天才と評する
田村選手ですが、

2015年のワールドカップ(イングランド大会)でも、
日本代表の3勝に
大きく貢献していました。

ジョセフジャパンでは、瞬時に最良のプレーを選択できる
視野力を戦術眼を発揮し、
司令塔としてチームを牽引します。

今でこそ、SO(スタンドオフ)として
プレー中のキックやパスを中心に
大活躍されている田村選手ですが、

中学時代はサッカー選手であり、

國學院大學・栃木高に進学。

高校時代にラグビーをスタートさせ、

トヨタ自動車で活躍した
父親譲りの才能もあって、
2年時から花園に出場

当時は指示を出しながら、自らも敵の攻撃を止めたり、
キックなどで攻撃にも参加する
フルバック(FB)のポジションをつとめており

エース級だったそう。

当時から頭もよかったそうで、

医学部を目指す福岡選手と
間違えられるのも

仕方ない気がします。

10月20日の決勝トーナメント・南アフリカ戦では、

田村選手と、ハンドレ・ポラード選手とのSO対決が
見どころの1つ、

などとも言われていますが

練習の虫と言われていた
田村選手のキックや

日本代表の勝利を信じたいですね!

というわけで今回は、
日本代表ブレイブブロッサムズの
「田村優」選手についてまとめてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。