ラグビーワールドカップの優勝候補の一角であり
準々決勝で日本と対戦する南アフリカ代表

愛称はスプリングボクス。

2019年10月現在の
世界ランクは5位であり、

今大会では、初戦でニュージーランド代表に敗れたものの
イタリアやナミビア、
カナダには大差で勝利し、

予選プールを2位で通過していました。

スプリングボクスという名前は、

南アフリカのサバンナを駆ける
ガゼルに似たウシ科の動物
「スプリングボック」に由来しており、

ロンドンのメディアに
勝手つけられるくらいなら、と

自分たちで考えたそう。

過去に2度、W杯で
優勝していたスプリングボクスですが、

前回(2015年)大会では、
日本代表に敗れており

今回リベンジを目指します。

W杯直前の9月に行われたテストマッチでは、キック攻撃を多用し
日本相手に41−7で快勝した
南アフリカ代表ですが、

準々決勝では別の対策を講じてくる
と言われており

出場選手や代表監督にも
注目が集まっています。

今回の記事では、2019年のラグビーワールドカップに出場している
南アフリカの代表選手を一覧にしてみました!

注目の選手や監督も調べてみました!

もくじ

南アフリカ(スプリングボクス)2019メンバーを一覧にしてみた!

母国で開催された1995年のワールドカップで
初優勝を飾り

2007年には、2度目の優勝を
果たしたスプリングボクス。

前回(2015年)のイングランド大会以降は
低迷したものの

2018年にエラスムス監督が就任し

上昇気流にのったスプリングボクスは、

今年(2019年)夏に行われた
「ザ・ラグビーチャンピオンシップ」では

ニュージーランドや
オーストラリアを下し初優勝していました。

今回のワールドカップでは、
3度目の優勝を狙います。

シャ・コリシ(SiyaKolisi)

シャ・コリシ

生年月日:1991年6月16日
出身:南アフリカ
所属:ストーマーズ
身長:187cm(99kg)
ポジション:FL・NO.8(ナンバーエイト)
代表キャップ数:42(得点25・トライ数5)※2019年8月時点まで

2018年6月から
キャプテンをつとめている28歳。

「ジャッカル」を武器とし、

FL(フランカー)として、モールやラックといった
密集戦で活躍しています。

スカルク・ブリッツ(Schalk Brits)

生年月日:1981年5月16日
出身:南アフリカ
所属:ブルズ
身長:182cm(100kg)
ポジション:HO(フッカー)
代表キャップ数:13(得点5・トライ数1)

ピーター・ステフ・デュトイ(Pieter-Steph Du Toit)

生年月日:1992年8月20日
出身:南アフリカ
所属:ストーマーズ
身長:200cm(119kg)
ポジション:FL・LO(ロック)
代表キャップ数:49(得点20・トライ数4)

ディフェンスの回数がチーム上位の
長身タックルマンです。

ファフ・デクラーク(Faf de Klerk)

生年月日:1991年10月19日
出身:南アフリカ
所属:セール・シャークス
身長:172cm(80kg)
ポジション:SH(スクラムハーフ)
代表キャップ数:24(得点15・トライ数3)

エルトン・ヤンチース(Elton Jantjies)

エルトン・ヤンチース

生年月日:1990年8月1日
出身:南アフリカ
所属:ライオンズ
身長:176cm(88kg)
ポジション:SO
代表キャップ数:35(得点253・トライ数2)

35キャップ中、253得点を誇るSO(スタンドオフ)。

日本戦では、ヤンチース選手ではなく
ハンドレ・ポラード選手が
先発SOとして出場するそう。

SHのハーシェル・ヤンチース選手の
兄弟ではないみたいです。

ハンドレ・ポラード(Handre Pollard)

生年月日:1994年3月11日
出身:南アフリカ
所属:ブルズ
身長:189cm(98kg)
ポジション:SO
代表キャップ数:41(得点381・トライ数6)

前回(2015年)のワールドカップにも
出場していた超イケメンSO。

20歳でチームの司令塔を
任されたものの

その後はケガに苦しみ、
2018年に復活。

精度の高いキック力を武器としており

2019年のスーパーラグビーでは
得点王に輝きました。

ジェシー・クリエル(Jesse Kriel)

生年月日:1994年2月15日
出身:南アフリカ
所属:ブルズ
身長:186cm(96kg)
ポジション:CTB
代表キャップ数:44(得点60・トライ数12)

CTB(センター)にWTB(ウィング)、FB(フルバック)と
いくつものポジションをこなせる
UBK(ユーティリティバックス)です。

パスセンスと突破力に長けており
腕の筋肉は圧巻。

2019-2020シーズンは
日本のキヤノンイーグルスで
プレーするそう。

チェスリン・コルビ(Cheslin Kolbe)

生年月日:1993年10月28日
出身:南アフリカ
所属:トゥールーズ
身長:170cm(80kg)
ポジション:WTB
代表キャップ数:9(得点15・トライ数3)

ポケットロケットの愛称で親しまれる
俊足のWTBです。

上半身の筋肉が凄まじく、

空中戦も得意なコルビ選手は、

2016年のリオデジャネイロ五輪
(7人制ラグビー)で
南アフリカ代表のメンバーとして活躍し

銅メダル獲得に貢献していました。

スティーブン・キッツホフ(Steven Kitshoff.)

生年月日:1992年2月10日
出身:南アフリカ
所属:ストーマーズ
身長:184cm(125kg)
ポジション:PR(プロップ)
代表キャップ数39:(得点5・トライ数1)

ビンセント・コッホ(Vincent Koch)

生年月日:1990年3月13日
出身:南アフリカ
所属:サラセンズ
身長:185cm(118kg)
ポジション:PR
代表キャップ数:15

ダミアン・デアリエンディ(Damian de Allende)

生年月日:1991年11月25日
出身:南アフリカ
所属:ストーマーズ
身長:189cm(101kg)
ポジション:CTB
代表キャップ数:39(得点20・トライ数4)

ハーシェル・ヤンチース(Herschel Jantjies.)

生年月日:1996年4月22日
出身:南アフリカ
所属:ストーマーズ
身長:167cm(78kg)
ポジション:SH
代表キャップ数:3(得点15・トライ数3)

RG・スナイマン(Rudolph Gerhardus Snyman)

生年月日:1995年1月29日
出身:南アフリカ
所属:ブルズ
身長:206cm(117kg)
ポジション:LO
代表キャップ数:15

南アフリカの超大型FW(フォワード)の筆頭格。

オフロードパスの達人でもあります。

ボンギ・ムボナンビ(Bongi Mbonambi.)

生年月日:1991年1月7日
出身:南アフリカ
所属:ストーマーズ
身長:176cm(106kg)
ポジション:HO
代表キャップ数:29(得点20・トライ数4)

フランコ・モスタート(Franco Mostert)

生年月日:1990年11月27日
出身:南アフリカ
所属:グロスター
身長:198cm(112kg)
ポジション:LO
代表キャップ数:31(得点5・トライ数1)

クワッガ・スミス(Kwagga Smith)

生年月日:1993年6月11日
出身:南アフリカ
所属:ライオンズ
身長:180cm(80kg)
ポジション:FL
代表キャップ数:4

フランソワ・ロウ(Francois Louw)

生年月日:1985年6月15日
出身:南アフリカ
所属:バース
身長:190cm(112kg)
ポジション:FL・NO.8
代表キャップ数:68(得点45・トライ数9)

コブス・レイナック(Cobus Reinach)

生年月日:1990年2月7日
出身:南アフリカ
所属:ノーサンプトン・セインツ
身長:175cm(85kg)
ポジション:SH
代表キャップ数:12(得点15・トライ数3)

イングランドのノーサンプトン・セインツに所属する攻撃型SH。

2018年度の英プレミアシップでは
首位タイとなる
12トライをあげていました。

ルカニョ・アム(Lukhanyo Am)

生年月日:1993年11月28日
出身:南アフリカ
所属:シャークス
身長:186cm(93kg)
ポジション:CTB
代表キャップ数:8(得点5・トライ数1)

ルードデヤハー(Lood de Jager)

生年月日:1992年12月17日
出身:南アフリカ
所属:ブルズ
身長:205cm(122kg)
ポジション:LO
代表キャップ数:40(得点25・トライ数5)

軽やかでダイナミックな走りが光る
205cmのLO(ロック)です。

世界屈指の突破力を誇る
ハードワーカーであり

セットプレーでは、サイズを活かして
チームを引っ張る存在。

前回のワールドカップでは
最多(通算77回)の
タックル数を記録していました。

ウィリー・ルルー(Willie le Roux)

生年月日:1989年8月18日
出身:南アフリカ
所属:トヨタ自動車ヴェルブリッツ
身長:186cm(90)
ポジション:WTB・FB
代表キャップ数:55(得点60・トライ数12)

高精度のキックやランに定評があり

試合全体を見渡せるFB(フルバック)の選手です。

フランス・ステイン(François Steyn)

生年月日:1987年5月14日
出身:南アフリカ
所属:モンペリエ・エロー
身長:191cm(110kg)
ポジション:UBK
代表キャップ数:60(得点132・トライ数10)

今回が3度目のW杯出場となる
ベテランUBK。

ウイングのコルビ選手や
マピンピ選手などと同じく
ワールドクラスの選手ですが、

10月20日の日本戦では、17番の控えに。

エベン・エツベス(Eben Etzebeth)

生年月日:1991年10月29日
出身:南アフリカ
所属:ストーマーズ
身長:203cm(117kg)
ポジション:LO
代表キャップ数:78(得点15・トライ数3)

2013年には、ワールドラグビーの
年間最優秀選手・候補に選ばれた
203cmの暴れん坊。

世界随一の空中戦を制する男と呼ばれた
「ヴィクター・マットフィールド」氏の
後継選手です。

25歳になる前の50キャップ獲得は

南アフリカ史上初であり、

小競り合いでは、
いつも先頭に立つなど
精神的な支柱としての役割も。

トレバー・ニャカネ(Trevor Nyakane)

生年月日:1989年5月4日
出身:南アフリカ
所属:ブルズ
身長:178cm(117)
ポジション:PR
代表キャップ数40:(得点5・トライ数1)

マカゾレ・マピンピ(Makazole Mapimpi)

生年月日:1990年7月26日
出身:南アフリカ
所属:シャークス
身長:184cm(90)
ポジション:WTB
代表キャップ数:7(得点25・トライ数5)

高い得点能力を誇るWTBです。

日本戦では、福岡選手や松島選手との対決を
楽しみにしているそう。

スブ・ヌコシ(Sbu Nkosi)

生年月日:1996年1月21日
出身:南アフリカ
所属:シャークス
身長:183cm(96kg)
ポジション:WTB
代表キャップ数:8(得点35・トライ数7)

ディフェンスをかわしながら
変幻自在に跳躍し
トライを決めるWTB。

コルビ選手にせまるランナーです。

フランス・マルヘルべ(France Malherbe)

生年月日:1991年3月14日
出身:南アフリカ
所属:ストーマーズ
身長:191cm(125kg)
ポジション:PR
代表キャップ数:31

世界最大級の体格を誇るPR(プロップ)です。

ウォーリック・ゲラント(Warrick Gelant)

生年月日:1995年5月20日
出身:ブルズ
所属:南アフリカ
身長:180cm(89kg)
ポジション:FB
代表キャップ数:7(得点5・トライ数1)

テンダイ・ムタワリラ(Tendai Mtawarira)

生年月日:1985年8月1日
出身:ジンバブエ
所属:シャークス
身長:183cm(117kg)
ポジション:PR
代表キャップ数:110(得点10・トライ数2)

南アフリカ代表の「ビースト(野獣)」。

ボールを持つと、「ビーースト!」と
ファンが叫ぶことで有名です。

ドゥエイン・フェルミューレン(Duane Vermeulen)

生年月日:1986年7月3日
出身:南アフリカ
所属:ブルズ
身長:193cm(117kg)
ポジション:FL・NO.8
代表キャップ数:48(得点15・トライ数3)

突破力とタックルが持ち味のNO.8。

体をはったプレーで
攻守両面で活躍しています。

注目選手マルコム・マークス(MalcolmMarx)

生年月日:1994年7月13日
出身:南アフリカ
所属:ライオンズ→NTTコム(W杯後)
身長:189cm(117kg)
ポジション:HO
代表キャップ数:26(得点20・トライ数4)

世界最強のHOと呼ばれる選手。

セットプレー※のキーマンでもあります。

セットプレー(セットピース)とは※・・・・スクラムやキックオフのこと

2018年には、

世界最優秀選手の候補にも
選ばれていました。

監督ラシーエラスムス(Johan Rassie Erasmus)

名前:Johan Rassie Erasmus(ヨハン・ラシー・エラスムス)
生年月日:1972年11月5日
出身:南アフリカ
現役時代のポジション:FL・NO.8

現役時代には、FL(フランカー)※のポジションで活躍し
キャプテン経験もある
ラシー・エラスムス監督。

2011年のワールドカップには、
スプリングボクスの
テクニカルアナリストとして参加しており

自国の「ストーマーズ」(スーパーラグビー参加チーム)や

「バーバリアンズ」(世界の一流選手で編成されるユニオンクラブ)
などでの指導歴を持つ名将です。

2012年には、南アフリカの
ラグビー協会GM(ゼネラルマネージャー)に就任。

2018年に3月に、アリスター・クッツェー氏の後任として
スプリングボクスの
代表監督に就任していました。

南アフリカの代表選手はなぜ強い?

今回のワールドカップが
7大会連続、
7度目の出場となるスプリングボクス。

その圧倒的な強さは、自国のラグビー人気の高さによるものでしょう。

人口5800万人ほどの
南アフリカ共和国ですが、

イギリス統治時代に国に伝わったラグビーは
サッカーとともに
人気のスポーツになり、

競技人口は63.5万人(人口の1%ほど)と世界一です。

前回(2015年)W杯では、

準決勝でニュージーランド代表に
2点差で敗れ、
3位に終わっていたスプリングボクス。

今回のW杯準々決勝・日本戦の出場メンバーは以下に↓

フィジカルは世界最強と称され

アイルランドよりも手強いであろう
スプリングボクスと
日本代表との試合に注目ですね!

というわけで今回は、
ラグビーワールドカップに出場している
南アフリカ代表の選手や監督をまとめてみました!

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。