ラグビー界のカリスマである「清宮克幸」氏(51)。

その指導力は日本トップクラス
などと評される清宮氏ですが

ビジネスにも役立つ著書を
たくさん出されているので

その名前を聞いたことがある、

というビジネスパーソンは
多いのではないでしょうか?

現役時代は、No.8(ナンバーエイト)や
FL(フランカー)のポジションで活躍し、

監督をつとめた早大ラグビー部は

関東対抗戦でV5を達成。

大学選手権(大学ラグビー日本一を決める大会)では
3度の優勝を経験し、

2006年の日本選手権(ラグビーの全国大会)では
社会人チームにも勝利していました。

低迷していた早稲田を
5年で復興させた後は、

トップリーグに参加する「ヤマハ発動機ジュビロ」の
監督をつとめた清宮氏。

ジェイミー・ジョセフ氏(日本代表監督)の
後任を期待する声も寄せられた清宮氏ですが、

2019年1月には、監督引退を宣言していました。

そんな清宮氏ですが

現在は、どういった活動を
されているのでしょうか?

今回は、ラグビーの名監督である「清宮克幸」氏について
現在までの活動や
名言をまとめてみました!

清宮克幸氏は2019年現在ラグビー協会の副会長に?

大阪出身の清宮氏は、

府立の「茨田高校」在学中に
ラグビーをスタートし、

1985年、高校日本代表の主将に。

早稲田大学でも、
ラグビー部の主将をつとめた清宮氏ですが

大学2年生の時には、
社会人優勝チームを下し
部は日本一に輝いていました。

現役を引退する2001年までは

就職先のサントリーで
営業などの仕事をされながら

ラグビー部の主将をつとめた清宮氏。

チームは日本選手権での
優勝を経験していたそう。

その後、早稲田大学や
サントリーラグビー部の監督を経験し

2011年からは、五郎丸選手などが在籍する
ヤマハ発動機ジュビロの監督を

8シーズンにわたり
つとめた「清宮」氏ですが

2019年6月にはラグビー協会※の副会長への就任が決まったようです。

ラグビー協会とは※・・・日本におけるラグビーの高校や大学、トップリーグを
総括する国内競技連盟。

清宮氏は、「自分にしかできない
日本のラグビーの未来をつくる
仕事がしたい。」

と語っていました。

清宮克幸氏の妻や子供(息子)についても

結婚されている「清宮」氏ですが、

奥さんの清宮幸世(さちよ)さんは
慶應義塾大学を卒業しており
中学時代は野球部のマネージャーを、大学ではゴルフ部の主将をつとめていたそう。

長男は、北海道日本ハムファイターズで活躍する「清宮幸太郎」選手です。

もともとラグビーをされており

父親である「清宮」氏いわく、同世代では敵なしだったという
「清宮幸太郎」選手ですが
その後、野球に転身。

早稲田大学・初等部の頃には
世界大会優勝を経験し

アメリカで和製ベーブルースと紹介されるほどの
怪物スラッガーに成長しました。

次男の福太郎さん(幸太郎さんの4学年下)も
野球少年だそうです。

清宮克幸氏の名言も

日本最高峰のラグビー指導者といっても過言ではない清宮氏の、ビジネスでも役立つ名言は以下に↓

きっと上手くいくと考えて、
いつもプラスに発想する。

あれこれ悩まない。

目指すものをビジュアル化したり、
数値化すること。

結果を比較できるようにすると、
自分の成長を
事実で理解できる。

なぜラグビーをやるのか。
究極は、泣くためですね。

「なぜ」がすべての出発点。

ダメなことを何とかモノにしようとは思わない。
早く見切りをつけて、
ほかの道を考えること。
「学生ラグビー史上最も強いチームになろう!」と、
あえて強者のふるまいを
意識させた。
本当にやるべきことは、
基本のプレーと基礎体力の部分
これがゲームの8割を占める。

↑どれも当たり前のことのような気がしますが。

これらのことを普段、
全て意識できている人は
少ないのではないでしょうか?

基礎基本の重要さにしても、頭では分かっていても
なかなか徹底できない
という人が大半ではないかと思います。

ニュージーランド代表が
ワールドカップで90%近い勝率をあげている理由は

基本が徹底できているから
とも言われますし。

今回のW杯で日本代表が躍進する前から、ジョセフ氏の監督続投を訴えていた清宮氏↓

結果を見てから後任を探すと
空白期間が生まれる。

今後の清宮氏の動向に
注目したいですね!

というわけで今回は、
ラグビーの名監督である
「清宮克幸」氏についてまとめてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!!

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。