前回のイングランド大会に引き続き、

ラグビー・ワールドカップ日本代表の主将をつとめる
リーチマイケル選手。

試合前のスコットランド代表に対するコメントが話題に!

10月13日のスコットランド戦に、先発出場するリーチマイケル選手。

いったい、どのような人物なのでしょうか?

今回は、ラグビー日本代表のリーチマイケル選手について
リーダーとしての資質や過激発言などを
まとめてみました!

リーチマイケルのスコットランドボコる発言の真意とは?

確固たるリーダーシップで
日本代表を率いているリーチマイケル選手。

日本中が熱狂した
前回(2015年)のW杯南アフリカ戦では、

チームを鼓舞し続け
魂のキャプテンとも呼ばれていました。

2015年からは、スーパーラグビーに参戦する
ニュージーランドの「チーフス」でプレーしていた
リーチマイケル選手は、

オールブラックスの
キーランリード主将の姿を見て
リーダーの在り方を学んだのだそう。

リーダーはまず率先してやってみせること、
そしてチームを一つの方向へ
引っ張っていく

スコットランドへの発言は、チームの指揮を高める狙いもあったのでしょう。

そんなリーチマイケル選手ですが、

2013年には、
日本人の女性と結婚し
日本国籍を取得されていました。

リーチマイケルの出身校などプロフィールまとめ!スコットランド戦の背番号も

名前:Michael Leitch(リーチ・マイケル)
生年月日:1988年10月7日(2019年10月時点で31歳)
出身:ニュージーランド
身長:190cm(110kg)
所属:東芝ブレイブルーパス

ポジション:FL・NO.8
代表キャップ数:62(得点95・トライ数19)

世界的なバックロー※の選手であり、

日本代表ブレイブブロッサムズの
キャプテンをつとめる
リーチマイケル選手。

※バックローとは・・・FW(フォワード)の中で
スクラムの3列目(6、7、8番のポジション)のことで
フランカーやナンバーエイトを指す。

スコットランド系の父と
フィジー出身の母との間に
生まれたリーチ選手ですが、

ラグビー王国ニュージーランドのご出身です。

5歳の時にラグビーをスタートし、
15歳で来日、

「札幌山の手」高校に
進学されたリーチマイケル選手。

進学先の東海大学では、
20歳で日本代表に選ばれていました。

22歳のときに、ニュージーランドで開催された
2011年のワールドカップに出場し、

26歳のときには、日本代表のキャプテンとして
W杯での南アフリカ撃破に貢献。

現在までに、モンゴル人留学生の
来日を支援する活動も
行われています。

まとめ

ベスト8入りをかけた
スコットランド戦では、先発出場が決まっている
リーチマイケル選手。

背番号は6番。

日本代表の悲願のベスト8進出は
リーチ主将にかかっている

といっても過言では無さそうです。

果たして、試合当日は
宣言どおり、「スコットランドをやっつける」ことが
できるのでしょうか?

リーチ主将の当日のキャプテンシーとともに

ポジションごとのリーダーたちによる
リーチ選手をささえる
フォロワーシップにも期待したいですね!

というわけで今回は、
ラグビー日本代表の
リーチマイケル選手についてまとめてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。