前回のイングランド大会に引き続き、

ラグビーワールドカップ日本代表の主将をつとめる
リーチマイケル選手。

10月13日のスコットランド戦に、先発出場します。

そんなリーチ選手の、試合前のコメントが話題に!

リーチ選手とは、どのような人物なのでしょうか?

今回は、ラグビー日本代表のリーチマイケル選手について
そのキャプテンシーなどを
まとめてみました!

リーチマイケルのスコットランドボコる発言の意図とは?

確固たるリーダーシップで
ラグビー日本代表を率いるリーチマイケル選手。

日本中が熱狂した
前回(2015年)のワールドカップ南アフリカ戦では、

チームを鼓舞し続け
魂のキャプテンとも呼ばれていました。

2015年からは、スーパーラグビーに参戦する
ニュージーランドの「チーフス」でプレーしていた
リーチマイケル選手は、

オールブラックスの
キーランリード主将から
リーダーの在り方を学んだそう。

リーダーはまず率先してやってみせること、
そしてチームを一つの方向へ
引っ張っていく。

スコットランドへの発言は、チームの士気を高める狙いがあったのでしょう。

そんなリーチマイケル選手ですが、

2013年に、日本人の女性と結婚し
日本国籍を取得されていました。

リーチマイケルのプロフィールまとめ!ポジションについても

名前:リーチマイケル(Michael Leitch)
生年月日:1988年10月7日(2019年10月時点で31歳)
出身:ニュージーランド・クライストチャーチ
身長:190cm(110kg)
所属:東芝ブレイブルーパス
ポジション:FL(フランカー)・NO.8(ナンバーエイト)
代表キャップ数:62(得点95・トライ数19)

世界的なバックロー※の選手であり、

ラグビー日本代表ブレイブ・ブロッサムズの
キャプテンをつとめる
リーチマイケル選手。

バックローとは※・・・FW(フォワード)の
スクラムの3列目(6、7、8番のポジション)のことで
フランカーやナンバーエイトを指す。

スコットランド系の父と
フィジー出身の母の間に生まれたリーチ選手は

ラグビー王国ニュージーランドのご出身です。

5歳の時にラグビーをスタートし、
15歳で来日。

「札幌山の手高校」に
入学したリーチ選手ですが

その後は東海大学・体育学部に進学し、

2008年のラグビージュニア世界選手権に
日本代表として出場。

11月に行われたアメリカ戦で日本代表としての
初キャップを獲得していました。

2011年には、当時22歳ながら
ニュージーランドで開催されたワールドカップに出場し、

2015年のW杯では、日本代表のキャプテンとして
南アフリカ撃破に貢献しました。

リーチ選手は現在まで、モンゴル人留学生の
来日を支援する活動も
されています。

まとめ

13日のスコットランド戦に、先発出場するリーチマイケル選手。

背番号は6番(フランカー)。

日本代表のベスト8進出は
リーチ選手にかかっている

といっても過言では無さそうです。

【リーチ、ベンチでも貫いた主将魂。
アイルランドの精神状態崩した行動。】

10月28日のアイルランド戦に
途中出場した主将のリーチ・マイケル。

投入直後の前半34分には
相手を仰向けに倒し、
攻撃の勢いを止めた。

ハーフタイムは相手より早く
ロッカーに帰るよう促し、
プレッシャーをかけた。

果たして、試合当日は
宣言どおり、「スコットランドを倒す」ことが
できるのでしょうか?

リーチ選手のキャプテンシーと

各ポジションの選手による
フォロワーシップに期待したいですね!

というわけで今回は、
ラグビー日本代表の
リーチマイケル選手についてまとめてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。