キメラアント編あたりから、登場キャラクターの強さがインフレを続けているハンターハンター。

今回の記事では、2018年12月までに登場したハンターハンターのキャラクターを

強いと思われる順にランキング形式でまとめてみました!

ハンターハンター登場キャラクターの強さランキング!


ハンター試験から現在の暗黒大陸編までに、たくさんのキャラクターが登場したハンターハンターですが

今回は主人公の4人を除いた作中最強キャラ11人を、強いと思われる順にまとめてみました!

11位 ヒソカ=モロウ

才能ある強者とのタイマン勝負を好む戦闘マニア。

変化系の念能力者であり、自身のオーラをガムとゴム両方の性質を持つオーラに変化させるバンジーガムや、

オーラを様々な質感に変えて物体の表面を覆い再現するドッキリテクスチャーなど、応用範囲の広い能力の持ち主です。

天才的な戦闘センスを誇るヒソカには、並みのプロハンターでは束になってもかなわないと言われています。

これまでにクロロ以外には負けておらず

初期のキャラでありながら強さのインフレにもついていけている、
であろうことからこの順位に。

10位 ネフェルピトー

第一級隔離指定種に認定されている昆虫キメラアントの女王蟻から生まれた蟻。王(メルエム)直属の護衛軍の1人です。

円の形をアメーバ状に変えることができ、その範囲は最大で2kmに達します。

特質系の念能力者であり、念人形を背後に出現させ自身を操り戦闘能力を向上させるテレプシコーラと
肉体の修復と改造を行えるドクタープライスの
2つの能力を備えていたピトーは

念を覚えて間もないにもかかわらずカイトを倒した天才。

ちなみにテレプシコーラは人間も操れます。

その強さは未知数でしたが

戦闘シーンがほとんど見られないままゴンさんにやられてしまったので、今回の順位は10位に。

生きていれば、作中・最強のキャラクターに成長した可能性も。

9位 ゼノ=ゾルディック

ゾルディック家の一員でありキルアの祖父です。

変化系の能力者であり、戦闘ではオーラを東洋の龍に模して攻撃する「龍頭戯画(ドラゴンヘッド)を応用した様々な技を繰り出していました。

円が300mの広範囲におよぶほか、戦闘経験が豊富なことからネフェルピトーよりも上の順位にしました。

8位 クロロ=ルシルフル

幻影旅団(クモ)のリーダーであり、特質系の念能力者。

能力「スキルハンター」(盗賊の極意)は、条件付きではあるものの相手の能力を盗み自在に使えるというもの。

その実力は「ゼノとほぼ互角ではないか?」と言われていますが、

ヒソカと戦った際に以前より戦闘力が向上してることが判明したため少し高めの順位に。

7位 モントゥトゥ・ユピー

キメラアントの王(メルエム)の護衛軍の1人で魔獣との混合(キメラ)です。

体の形を変形させることが可能で、怒りを力にして能力を高めることも。

オーラの総量は計り知れず、単純な戦闘力だけなら護衛軍の中で最強だと言えそうです。

6位 シルバ=ゾルディック

キルアの父親でありゾルディック家の当主。

能力などは不明ですがクロロとは2度対戦しており、過去には旅団のメンバーやキメラアント(師団長)も倒していました。

キルアの相棒であるゴンは、念能力者としては世界でも五本の指に入るジン=フリークスが父親なので
キルアの父親も作中最強クラスと考えられます。

少なくともゼノよりは強いのでしょう。

5位 アイザック=ネテロ

念使い最強と呼ばれたハンター協会の前会長。

強化系であり、百式観音という念能力を駆使して王に挑むも力が及ばず、最後は自爆していました。

4位 メルエム(王)

キメラアントの頂点にして王。

長い尾をムチのように振るい、相手を叩き潰すことが得意です。

他のキメラアントとは比較にならないほどの身体能力を持つ上に身体の硬さもトップクラスで、

ネテロの百式観音の打撃をくらい続けてもほとんどダメージがありませんでした。

念系統は不明であるものの、食べた相手のオーラを自分のものにできる能力者と思われ、体の傷を癒し部位を再生させることも可能です。

ネテロとの戦いでは自爆攻撃で命を失いかけるも、護衛軍2人を食べることで能力を受け継ぎながら回復しました。

3位 ジン=フリークス

十二支んの元メンバーであり、二ツ星(ダブル)ハンターの称号を持つ遺跡ハンター。

その能力は明らかになっていないものの、

オーラの扱いが天才的であり、打撃系の能力は一度受けるとマネできる才能を持っています。

ネテロ会長いわく、念能力者としては世界で5本の指に入る実力者だそう。

全盛期のネテロと同じか、それ以上の実力はありそうですね。

人類絶滅クラスの脅威が存在する暗黒大陸に今も住み続けているとされるドン=フリークスの子孫だと思われるジンは、

主人公ゴンの父親でもあるので、本気を出せばメルエムにも勝てるのではないでしょうか?

2位 ツェードリヒ=ホイコーロ

クラピカの仲間の目(緋の眼)を持つカキン王国の王子。

あっという間に念を覚えてしまうほどの超天才児ですが、その能力も規格外。

条件を満たせば10秒先の未来を見ることができ、

さらに10秒間、自在に動けるようです。

作中最強の能力だと言われていますが、

発動のためには絶の状態で目をつむる必要があるので、その間にやられてしまう可能性も

この弱点を克服できれば、最強だと言えるでしょう。

1位 アルカ=ゾルディック

キルアの弟(妹)であり「キルア」と呼ぶほうがナニカ、「お兄ちゃん」と呼ぶほうがアルカ。

ナニカは、暗黒大陸の出身(五大厄災のアイ)であり

条件を満たし「お願い」を言うと、その願いを実現できる能力者です。

単体での戦闘力はゼロに等しいアルカですが

その能力はもはや念の範疇(はんちゅう)を超えている、とも言われており、

上手く使うことができれば、作中最強と言えそうです。

まとめ

今回は、ハンターハンターに登場したキャラクターの強さをランクづけしてみました。

ツェリ王子やアルカのように本人の基礎戦闘力が未知数である場合、念能力(発)の強さやポテンシャルを考慮して順位に反映させています。

もちろん、能力者同士の戦いは単純な強さだけで勝敗が決まるワケではありません。

参考程度にとらえていただければ、と思います。

また追加の情報があればアップしていきますのでお楽しみに!

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。