ワンピースのゾロの過去のエピソードに登場していた「くいな」に復活の噂があるようです。

ゾロとの2001戦目に勝利した後、階段から落ちて帰らぬ人となった「くいな」ですが、

ネット上では、「再登場が近いのでは?」と噂されています。

いったい、どういうことなのでしょうか?

今回は、くいなの正体や生存説についてまとめてみたいと思います

くいなの正体とは?

東の海(イーストブルー)の外れに存在するシモツキ村。

そのシモツキ村にある剣術道場「一心道場」にて

幼い頃のゾロに剣を教えていたコウシロウの娘である「くいな」。

年齢はゾロより少し上で、同門の剣士です。

名前の由来は、鳥のクイナ。

ゾロにも負けたことがなく、優れた技量の持ち主であった「くいな」ですが

女子であることから剣士としての将来を悲観しており

ゆくゆくは、ゾロに追い越される、と考えていたようです。

くいな、女の子では世界一強くなることはできません。(コウシロウ)
ゾロはいいよね男の子だから。

そんな「くいな」ですが、海軍G-5支部の大佐に就任した「たしぎ」と同一人物なのでは?とも言われています。

「くいな」と同じく、東の海(イーストブルー)出身の剣士である「たしぎ」。

容姿や発言がソックリなのは、偶然かと思われていましたが、

「くいな」が事故(後述)で記憶を失い、その後、海軍に入隊したのでは?との考察があるようです。

二人には、共通点も多いですよね。

「たしぎ」も「くいな」も両方、鳥の名前なんだよなー。

ワンピースの女性キャラは鳥を由来とした名前が多いですが。

⇣タシギ

「くいな」は革命軍の一員になったという説もあります。

父親のコウシロウは、過去に革命軍に食料を支援していたようで、

すでに、その頃から、「くいな」と革命軍が接触していた可能性が。

「くいな」の墓の隣には、イワンコフの墓???

イワンコフに頼んで、男性にしてもらった説もある「くいな」は

その事実や、革命軍に入ったことを隠すために亡くなったことにされた、とも。

コウシロウの出身はワノ国ではないか?とも言われており、

道場で、赤ざや九人男の同志を育てていたとも。

ワノ国編で登場した「赤ざや九人男」は錦えもん側の勢力。

敵対するカイドウは政府(CP0)とつながっているので、

政府の敵である革命軍が、赤ざや九人男側の仲間であっても不思議ではないですね。

「くいな」がワノ国の侍の末裔なのであれば、

サボのように革命軍のメンバーとして再登場する日は近いかもしれません。

そもそも何故「くいな」は階段から落ちたのか?

真剣勝負となったゾロとの2001試合目で勝利していた「くいな」は

後日、階段から足をすべらせて亡くなってしまいます。

くいな 正体

ネット上には、

「ワンピース1タフな男と言われているゾロを負かしたほどの人物。

にも関わらず階段から落ちただけで命を落とすなんて、おかしい。」との声も。

幼少期の話ですし、

「くいな」はルフィ達のような主人公補正のかかった超人ではなく、

普通の村で暮らす一般人ですからね。

ネット上には、ゾロとの決闘で使用した
刀が妖刀だったのではないか?といった考察もあり

そのせいで階段から落ちたのでは?との意見も。

アニメでクイナが和道一文字を持った時、
取り憑かれているような目していたな。

階段から落ちるって、高齢者みたいだよなー。くいなの運動神経ならありえないだろ。何か特別な力が働いていない限り。

生存説も根強く残っています。

ゾロが一度も勝てなかったほどの強キャラが、階段から落ちたくらいであの世に行くのか???

海賊王のロジャーも普通の剣で刺された直後に絶命していましたし、

階段から落ちて、そのまま帰らぬ人にというのは、

ワンピースの世界でもあり得る気がしますが。

「くいな」=「たしぎ」説が本当なのであれば

生きてはいたものの、記憶を失った状態で、海軍に入隊し、

新たな人生をスタートさせたという可能性も!

コウシロウが革命軍側なのであれば、

「くいな」を海軍に送り込む理由などスパイ目的以外には無さそうですが、

記憶喪失状態では、それは不可能。

性別を変えて革命軍入りした、と考えたほうがしっくりきますね。

まとめ

生存説が、根強く残っている「くいな」ですが

2018年9月17日に発売されるジャンプの
ワンピース917話(くいな)での再登場が期待されています。

追記)917話でくいなが再登場することは、なかったようです。

ゾロやコウシロウがワノ国の出身者である可能性は高まってきましたが、

「くいな」が作中で登場することを期待したいですね!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。