「マネー成立です」「ノーマネーでフィニッシュです」などの「吉田栄作」さんのセリフでも
おなじみのリアリティ番組マネーの虎。

放送終了から15年以上が経過した今現在も根強い人気を誇っています。

若いファンも増えており、2019年からは岩井社長による新マネーの虎もスタートしていたそう。

今回の記事では、かつての「マネーの虎」に出演していた30人近くの成功者(虎)を
一覧にしてみました!

当時の虎の行方が気になっている視聴者も多いようなので

判明している虎については、2019年現在までの活動も合わせてまとめてみました!

マネーの虎の社長30人近くを一覧にしてみた!

加藤和也

美空ひばりさんの長男である加藤社長。

出演当時は30歳前後でした。

「自信がある人に投資したい」と語り、番組内では世界一のパスタ屋さんのビジネスなどに投資していましたね。

そんな加藤社長ですが、2019年現在も「ひばりプロダクション」の代表として母親の権利事業を守り続けているそう。

川原ひろし

とんこつラーメンを関東に浸透させたなんでんかんでんの「川原ひろし」社長。

「天才、宇宙人みたいな人に投資したい」と語っていた川原社長ですが、

番組ではトータル日焼けビジネスなどに投資していましたね。

2012年頃には、お店が閉店し、1億円以上もの借金を負っていた川原社長ですが

2018年、高円寺に「復活店」がオープン、

タレント活動もされていたようです。

小林敬

創作料理店の経営やプロデュースを行っていた小林事務所の代表取締役である「小林敬」社長。

当時年商65億の虎であり、「信念とフロンティアスピリッツのある志願者に投資したい」

などと語っていた小林社長は、パソコンドクターやケバブビジネスなどに投資していました。

2016年に、飲食プロデューサーとして復活したと思われた小林社長ですが、

2018年には、長年の構想による創作バイキングレストラン

「京風創作おかずの楽しい食卓 樂’s KITCHEN(ラクズキッチン)」をオープンさせていたようです。

高橋がなり

「SOD」の事業で年商78億円を叩き出していた高橋がなり社長。

「不器用で真面目に生きているやつに投資したい」などと語り多くの志願者に投資していました。

その後は「国立ファーム有限会社」の代表として農業ビジネスに参入。

赤字が続いたためか、2013年には再び「SOD」の株主となり、

2019年現在は、ユーチューバーのような活動をされています。

堀之内九一郎

株式会社「創庫生活館」の代表であり、

当時、年商50〜100億の虎として番組に出演されていた堀之内社長、

「全部を見せれる人間に投資したい」と話し、ケバブビジネスの志願者などに投資していましたね。

「マネーの虎」出演後は会社を手放したこともあった堀之内社長ですが、

2019年現在、鑑定士として復活しています。

安田久

監獄レストランをヒットさせるなどして年商10億の虎になった安田社長。

「目的が金儲けな奴に投資したい」と語っていた安田社長は、

出演当時、40歳前後でありロコロールの志願者などに投資していました。

その後、株式会社エイチワイシステムが破産し、近況が分からなくなっていましたが

2019年現在は復活し、飲食の虎塾などを運営されています。

吉川幸枝

歩く100億円でおなじみ吉川社長。

「私のパワーの中に入ってくださったら」などと投資の条件を語り、

番組内で花屋さんなどに投資していました。

現在もレストランやブライダル関連の事業を行い
グループ年商は70億円とのこと。

番組終了後は、講演活動やテレビ出演を行うほか2012年からは「本物の女塾」を運営されていたそう。

愛田武

年商16億の「ホストの帝王」として名をはせ、歌舞伎町ホストクラブ協力会の初代会長でもあった愛田社長。

マネーの虎では、「おとなしくて優しくて真面目な奴はカネをつかむ資格がない」と語り、

初期の準レギュラーとしてインディーズバンド(オリコンプロデューサー)の回などに出演していた「愛田」社長ですが、

2018年に、78歳という若さで逝去されていました。

市東(しとう)剛

マネーの虎出演時は、42歳。

ホテルの経営を行うホテルセーラグループの代表取締役である市東社長。

「革命を起こせる人に投資したい」と語り、ファンも多い社長でした。

ホテルは北関東を中心に現在も営業中だそうで

川原社長とは、マネーの虎終了後も連絡をとっていたようです。

杉本博彦

年商18億の虎であり、

ヨーロッパの古着販売や飲食店の経営を行っていた株式会社ピー・ジー・エムの杉本社長。

45歳前後のときに出演していたマネーの虎では

「繊細かつ大胆な人に投資したい」と語っていた
杉本社長ですが、

その後は、店舗の閉鎖が相次いでいたようです。

高須基仁(たかす もとじ)

写真集などの出版を行うモッツ出版株式会社の代表として番組に出演していた高須社長。

2019年まで出版プロデューサーとして活動していたものの、

9月17日に、肺がんのため亡くなられました。

竹麓輔(たけろくすけ)

初期から準レギュラーとして出演し、ラーメン店チェーン(むつみ屋)の経営を行っていたハートランドの代表「竹麓輔」社長。

2013年に自己破産してしまい、負債15億を負っていたようです。

上野健一

不動産業のノシアス理想都(グループ)の代表として知られた上野社長。

不動産の開発会社ZKR(旧全管連)の社長でもあり、年商63億の虎。

出演当時は、40歳前後でしたが

マネーの虎がゴールデンに移行して間もない頃、番組を降板していました。

番組内では「オーラパワーのある志願者に投資したい」と語っていた上野社長ですが、

2015年には、一般社団法人「全国勝手連連合会・総本部」を設立。

現在は上野 玄津(うえの げんしん)と名乗り

温泉関連事業を行う「KRGグループ」の会長ほか、宗教法人「千光寺」の代表役員をつとめています。

床波浩(とこなみひろし)

IT関連事業(チケット販売のシステム事業)などを行っていた
株式会社ビットウェイブの「床波」社長。

「一直線でギラギラした人」に投資したいと語り

中国の社長による次世代型・物流システムへの1300万円の投資を決めたものの

後に不成立に。

会社が倒産してからは、番組に出演していなかったそう。

野尻佳孝

「夢または目標に日付を入れている人」が投資の対象だと語り、

当時の最年少(29歳)の虎として登場した野尻社長。

ウェディング事業などを行う株式会社テイクアンド・ギヴニーズの代表であり

同社は、2006年に東証1部に上場。

2011年の売上高は467億でした。

2007年には、CMや映画に出演していた女優・ファッションモデルの田波 涼子さんと結婚され
長男・長女が生まれています。

文野直樹

26歳で大阪王将を父から引き継ぎ、年商71億の会社にまで成長させた文野社長。

投資の条件は、「パッションを持っているかどうか」

番組内で一度も投資をしなかった文野社長ですが、

その後、イートアンドを上場させ現在も、外食・中食を含めた
総合フードビジネス事業を展開されています。

大原茂桂

番組では「日本一のラガーマン社長」などと紹介され、

渋谷にある「クラブ・エイジア」などを経営する株式会社カルチャー・オブ・エイジアの代表であった大原社長。(当時42歳)

インターネットで女性ボーカリストやタレントを募集し、

「クラブ・エイジア」で行なわれたライブの映像を

ネット上で配信するなど先進的な試みをされていた大原社長ですが

逝去されています。

櫻木 博(さくらぎ ひろし)

櫻木博

当時は53歳だった櫻木社長。

ファミリーレストランを経営するトマトアンドアソシエイツの代表取締役で

年商は157億。

f1レーサーを目指す志願者への投資をしぶっていた櫻木社長ですが、

出演当時、すでにレストラングループを売る
手配を進めており、

資金繰りが危うい状況だったみたいですね。

野口美佳

ピーチ・ジョンの元代表であり、全国に16の直営店を展開した野口社長。

ワコールの大株主になったものの、その後はピーチジョンがワコールの子会社となり、業績不振を理由に取締役を解任されていたようです。

現在、悠々自適な生活をおくっていると噂の野口社長ですが、

2016年にはパーソナルジムをオープンしていました。

早原浩三

年商10億のインターネット会社を経営していた早原社長。(当時36歳)

「チャンスをものにできる魅力的な人に投資したい」と語り

着物リサイクルビジネスの志願者への投資を決めるもその後、番組を降板していたそう。

2011年にアップスを退任してからはスマートフォンアプリ開発などを行う
「Goopi Pte Ltd」 をシンガポールで起業されていたようです。

樋口道也

新古書店の経営を行う株式会社ドリームの樋口社長。

番組内では、早い段階で投資を決めることから

スピード投資男と呼ばれた樋口社長ですが、

2018年は、石垣島で奥様と二人で暮らしているそう。

レイコ・B・リスター

化粧品などの輸入販売を行う株式会社エル・インターナショナルのレイコ社長。

番組内では、女性社長だけが出演した回のみに出ており

2017年まで日本輸入化粧品協会の理事長をつとめていたようです。

岩井良明

学習塾や予備校を経営する株式会社モノリスの代表として知られた岩井社長。

当時、年商10億〜12億の虎として番組に出演し

「正義感と社会貢献という2つのキーワードを持つ志願者」に投資したい、

と語っていた岩井社長ですが、

多くの志願者に投資し、2019年現在はモノリスの会長として教育専門の広告代理ビジネスをメインにされています。

臼井由妃

当時、年商23億の健康用品メーカー「健康プラザコーワ」の代表であった臼井社長。

現在は、作家として講演活動なども行っています。

尾崎友俐

当時年商10億のレストランプロデューサーであり、

レストランの経営を行う「オリエンタル」の代表取締役CEOとして知られた尾崎社長。

現在は沖縄で、飲食店を経営されているようです。

貞廣一鑑

カフェなどの経営を行う株式会社ラヴ代表取締役CEOである貞廣社長。

当時、年商16億〜25億を稼ぎ出していた広島のカリスマDJであり、

カフェスタイルの家具屋さんなどに投資していた貞廣社長ですが、

その後は、社名を商業藝術に変更されていました。

2019年3月には、炭焼き串とあわを楽しむスタンディングバー「あわよくばあー」を
JR品川駅・港南口にオープンしていたそう。

南原竜樹

自動車の輸入販売を行っていた元オートトレーディングルフトジャパンの南原社長。

当時、年商55億を稼ぎ

「バランスのとれたガッツのある人に投資したい。」と語っていました。

その後は、取引先の破綻によって100億もの負債をかかえるも

見事に復活し、年商100億以上の虎として返り咲いていたようです。

2018年頃は、仮想通貨のビジネスなどに取り組まれていたそう。

おわりに

今回は、マネーの虎に出演していた社長をまとめてみました!

放送終了から、15年以上がたった現在虎の命運もハッキリと別れてしまいましたね。

ちなみに、放送終了前には多くのテレビタレントが志願者として出演していたみたいです。


タレント志願者のその後については、以下の記事でまとめています。

また追加の情報があればアップしていきたいと思います!

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。