日本人初のスーパーラグビー※参加者であり、

2019年のラグビーワールドカップの
日本代表にも
選ばれていた「田中史朗」選手。

田中史朗 プロフィール

ジャパンラグビートップリーグに参加する
「キヤノンイーグルス」に所属している
SH(スクラムハーフ)※の選手です。

※スーパーラグビーとは・・・各国のスター選手が集まる
世界最高峰のプロラグビーリーグのこと。

※スクラムハーフとは・・・フォワードとバックスのつなぎ役であり
スクラムなどの際に獲得したボールを
味方(スタンドオフなどに)に供給するポジション。

小柄な選手がつとめることが多いスクラムハーフは

スクラムには参加しないものの

パスをする回数が最も多く
常にボールを追いかけるため、

パススキルに加えて、

瞬間的な判断力や持久力が
必要とされるポジションです。

守備においては、相手FW陣のスクラムサイドの
突破を防ぐフィジカルや
メンタリティなどが求められます。

ほかの選手と比べて
小柄な田中選手ですが、

今回、3度目となる
ワールドカップ日本代表に
選ばれていました。

前回(2015年)のイングランド大会では

「五郎丸」選手などと同じく有名になり

テレビにも出演していましたね。

2019年9月時点での
日本代表キャップ(代表出場回数)は70と
国際経験も豊富な田中選手ですが、

どのような人物なのでしょうか?

今回は、ラグビー日本代表の「田中史朗」選手の
プロフィールや家族の情報に加えて
嵐の櫻井翔さんとの関係などをまとめてみました!

田中史朗のプロフィールや経歴まとめ!気になる年俸も

名前:田中史朗(たなかふみあき)
生年月日:1985年1月3日(34歳)
出身:京都府
身長:166cm
体重:75kg
出身校:伏見工業高校
最終学歴:京都産業大学
2019年9月までのキャップ数:70(得点40・トライ数8)
所属チーム:パナソニック(2007年〜)
愛称:ジャック、フミ、フーミン

田中史朗

伝説のラグビードラマ
「スクールウォーズ」のモデルにもなった
伏見工業高校を卒業されていた田中選手。

高校時代には、
全国高校ラグビーで優勝を経験。

その後は、関西大学リーグで
4度の優勝を誇る
「京都産業大学」で活躍され、

9年ぶりとなる
大学選手権での準決勝進出に
貢献していました。

卒業後は、ジャパンラグビートップリーグに参加する
「三洋電機ワイルドナイツ」
(現パナソニック・ワイルドナイツ)で

レギュラーを勝ち取り

2007年度シーズンの
トップリーグ新人賞を獲得。

ベスト15も受賞していました。

2011年には、ワールドカップの
日本代表に選ばれており、

翌年には、パナソニックで活動しながら

スーパーラグビーに参加する
「ハイランダーズ」(ニュージーランド)に、
日本人として初参戦。

毎年2月〜7月に行われ、
南半球3カ国のプロチームが競う

世界最高峰のラグビーリーグで
4シーズンプレーしていたそう。

2014年には、世界の一流選手が揃う
「バーバリアンズ」に所属

2015年のワールドカップにも
日本代表として出場し

2019年には、国内トップリーグに加盟する
「キヤノンイーグルス」に
加入していました。

田中選手の年俸は?

気になる田中選手の収入ですが、

2016年まで在籍した
ハイランダーズ時代の年俸は
1500万円ほどだったのでは?

と言われています。

日本代表HC(ヘッドコーチ)を務める
「ジェイミー・ジョセフ」氏の
指導のもとで、

2015年にスーパーラグビー初優勝を果たした
↓ニュージーランドのハイランダーズ↓

スーパーラグビーとは開催時期が違う国内トップリーグの
パナソニックワイルドナイツにも
所属していた田中選手なので

当時の年収は、
1800万円ほどでしょうか?

2017年からは、
スーパーラグビーに参加する日本のチームである
「サンウルブズ」でプレーしていた田中選手。

2019年現在は、
キャノンに所属しており

年俸は、
800万~2000万
ほどだと思われます。

プロ(ラグビー専門)選手か、
社員選手かでも
大きく変わってくるみたいですね。

田中史朗と櫻井翔の関係とは?

状況判断能力や
ボールさばきは
世界トップクラスだと言われている田中選手。

追記)10月13日のスコットランド戦では、走り回り
大男たちにもひるまず
体当たりするなど

日本代表の勝利を呼び込んでいたようです。

そんな田中選手と
嵐の櫻井翔さんとの関係
についでも
気になっている人が多いとのこと。

しかし、二人の間に
直接的なつながりは
無いみたいですね。

ラグビーワールドカップの
スペシャルサポーターをつとめる櫻井翔さんは、

小学5年から6年生まで
(幼稚舎の時代)に
2年ほどラグビーをされていたそうで、

ポジションは田中選手と
同じSH(スクラムハーフ)
だったみたいです。

ラグビー好きの櫻井翔さんは
今でも、トップリーグの
試合などを見に行くのだそう。

ちなみに、2012年に
ラグビー日本代表のキャプテンを任された
「廣瀬俊朗」選手は、

櫻井翔さんの大学時代の
同級生だったようで、

TBS系ドラマ
「ノーサイド・ゲーム」の最終回で

俳優として共演していたみたいですね。

「ノーサイド・ゲーム」は、「半沢直樹」や
「下町ロケット」を生み出した
「池井戸潤」さん原作のドラマであり、

主題歌は米津玄師さんの「馬と鹿」。

ラグビーを全く知らなかった
主人公の「君嶋」が

悪習を改革し、

低迷中の「アストロズ」を
素晴らしいチームに導いていく物語です。

平均の視聴率は11.7%と
数字に苦戦しがちな
夏クールの連ドラにおいて、

高い数字を記録していた「ノーサイド・ゲーム」。

「アストロズ」のエース浜畑役を演じた
廣瀬さんの影響で、
ラグビーに興味を持った、というファンも多いのではないでしょうか?

私もその一人なんですけどね。

ドラマを見逃した人も、原作を読めば
ポジションなど基本的なことも含めて
内容を理解できると思うので、

一応、楽天のリンクを貼っておきますね。↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ノーサイド・ゲーム [ 池井戸 潤 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2019/10/23時点)

直接的な関係は無いと思われる
田中選手と櫻井翔さんですが

今後は、テレビ番組で共演するかもしれません。

田中史朗の嫁や子供についても!家族写真もラブラブな雰囲気!?

短髪にヒゲがトレードマークであり、

ネット上には、「かわいい」との声も
寄せられていた田中選手。

2011年に元バドミントン選手の作山智美さんと
結婚されており

長女(愛真さん)も誕生しています。

オリンピックを目指していた智美さんは、

あのオグシオ(バドミントン元日本代表)も
所属していた
「三洋電機」のバド部に所属していた時代に、

同期入社でラグビー部だった
田中選手と出会い

交際に発展。

結婚を機に選手を引退し、

田中選手をサポートされていたそう。

普段から

ストレッチなど、
奥さんに体を
ケアしてもらっているおかげで

田中選手は、怪我もなく
プレーできていたみたいですね。

メンタル的にも家族の存在が
支えになっていたようで

田中選手は、合宿中などに
心が折れそうになると、

ご自身の名前「フミ(23)」と、
智美さんの旧姓(作山)の
「サク(39)」を足した

「61」という数字を数えながら、
1カ月の日程を
完走されるのだそう。

アスリートにとっての家族の存在は、

かけがえのないものだったのですね。

世界で一番小さいスクラムハーフの

ワールドカップでのプレーに
注目していきたいと思います!

また追加情報があれば、
アップしていきたいと思います!!

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。