ラグビーワールドカップで
日本代表の活躍が盛り上がる中

癒し系として人気急上昇中の
あの選手にも注目が集まっています。

今回は、ラグビーワールドカップ
日本代表の「具智元」選手について
兄や筋肉の凄さなどをまとめてみました!

具智元(ラグビー)兄や父がスゴい!たくましすぎる筋肉

名前:具・智元(グ・ジウォン)
生年月日:1994年7月20日(2019年10月時点で25歳)
出身:韓国ソウル
身長:183cm(122kg)
所属チーム:ホンダヒート
ポジション:PR(プロップ)
キャップ数:7

笑顔がかわいい、と人気の「具智元」選手

グーくんの愛称で親しまれるの「具智元」選手ですが、

ラグビーにおけるポジションはFWのプロップです。

プロップの意味は支柱(重要な存在)。

相手の突進をつぶすなどのほか、
最前線でスクラム※を組むため、
たくましさが求められます。

※スクラムとは・・・軽度の反則があった場合など、
それぞれのFWが3列に組み、ボール投入後に押し合う
ラグビーのみで見ることの出来る試合再開時のプレー。

体格が凄まじい「具智元」選手ですが、

「365日筋肉痛。遊んでいるところを見たことがない」

などと

高校時代の恩師が絶賛していたほど
練習の鬼でもあったようです。

普段のトレーニングでは、首や足を
重点的に鍛えているとのこと。

スクラムの最前線では、相手の押し返す力と、
味方の押す力がぶつかり合い

前後からの圧力は
1トンを超えるため
首が太く頑丈になってしまうのだそう。

「具」選手選手の鍛え上げた76センチの
太ももから繰り出される

迫力満点のプレーにも期待したいですね!

筋肉のスゴさといえば、姫野選手も↓

「具智元」選手の父親である東春(ドンチュン)さんは元韓国代表の
伝説的なPRであり、

アジア最強PRと呼ばれ
本田技研鈴鹿(ホンダヒートの前身)で
プレーしていました。

兄の具 智充(グ・ジユン)さん(27)も
現役のラグビー選手で

「具智元」選手と同じく、文理大学附属校と
拓殖大学を卒業後
ホンダでプレーしていたとのこと。

名前:智充(グ・ジユン)
生年月日:1992年5月2日(2019年10月時点で27歳)

身長:176cm(91kg)
ポジション:CTB(センター)

具 智充さんは、BK(バックス)のスタンドオフや
センター※のポジションで活躍し

ジャパンラグビートップ
チャレンジリーグの
マツダブルーズーマーズ戦にて

公式戦の初出場を果たしていました。

※スタンドオフとは・・・スクラムなどからのボールを最初に受け取る選手
パスやキック、ランなど、その後のプレーが攻撃の基点になるため
司令塔とも呼ばれる。

※センターとは・・・パスやキックでチャンスを広げる選手

「具智元」選手の経歴は?

中学生の時に、ラグビーをするために来日した「具智元」選手。

小学6年の時に、ニュージーランド留学を経験されており、

日本文理大学・附属高校に進学。

ラグビーで高校日本代表に
選ばれていたそう。

拓殖大学に入学し、
U-20日本代表にも
選ばれていた「具」選手ですが、

2016年にサンウルブズに加入、

大学卒業後は

本田技研工業・株式会社「鈴鹿製作所」が運営する
ホンダヒートに入り、

2017年のトンガ戦で、
日本代表デビューを果たしていました。

2019年10月現在、
韓国籍のままではあるものの、

日本代表の条件は満たしていたようです。

具智元選手の君が代への韓国の反応も

10月13日のスコットランド戦では、
先発入りしていた具智元選手。

親子で「伊勢神宮」参拝するなど
親日の日本通であり、

日本代表の試合前に「君が代」斉唱されていた
「具智元」選手ですが

日の丸を背負い、チームの勝利にも貢献していたため、

韓国メディアで
「具智元」選手が報じられることは無かったそう。

もともと韓国では、ラグビー自体
盛り上がっては
いないみたいですが、

韓国国内のツイッターには、

反日の活動を批難し、「具智元」選手の活躍を称える声も。

ラグビー世界最強アイランドを下した
日本代表チーム。
その日本チームで大活躍を広げた具智元

彼は日韓関係を心配し
日本人の声援に感謝を忘れない。

桜のジャージを着て戦う
「具智元」選手を
応援していきたいですね!

というわけで今回は、ラグビーワールドカップ
日本代表の「具智元」選手について
その経歴などをまとめてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!!

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。