2018年のラグビー欧州6カ国対抗戦(シックス・ネイションズ)にて
全勝優勝を果たしていた
世界ランキング1位のアイルランド代表、

2019年のワールドカップでは
日本と同じプールAを戦います。

初戦で、世界7位のスコットランドと対戦する
アイルランド代表ですが

先発メンバーとして、
注目されているのが

SH(スクラムハーフ)のコナー・マレー選手。

かなりの男前であり、
彼女はモデルさんなのだそう。

いったい、どんな選手なのでしょうか?

今回は、ラグビーワールドカップ
アイルランド代表のコナー・マレー選手について
プロフィールや交際相手の情報をまとめてみました!

コナーマレーのプロフィールをwiki風にまとめてみた!

名前:コナー・マレー(コナー・マーレー)
身長:188cm(93kg)
所属:マンスター(PRO14)
出身:アイルランド・リムリック(マンスター地方)
キャップ:73(得点85・トライ数14)

世界最高峰のSH(スクラムハーフ)※
などと呼ばれているコナー・マレー選手。

スクラムハーフ※とは、SO(スタンドオフ)とのポジションと合わせて
ハーフバック
とも呼ばれるポジションです。

ハーフバックとは・・・フォワードとバックスのつなぎ役のこと

スクラムからボールを拾い上げ、
スタンドオフの選手にパスするなどの
役割を担うスクラムハーフですが、

試合中にボールを追い続ける必要があり
高いパススキルに加えて
スタミナも求められるポジションです。

SOのセクストン選手と合わせて
欧州最強コンビ
などと呼ばれているマレー選手。

これまでには、ラグビー以外に

アイルランド発祥の団体球技である
「ゲーリックフットボール」※の選手としても
活動されていたようです。

※ゲーリックフットボールとは・・・手足を使って、ボールをH型の相手ゴールに入れる競技。

ラグビーでは、U-20(アンダートゥエンティー)の選手として
自国代表のプレーを経験した後

国内のプロチームである
マンスターで活躍され

2011年のワールドカップでは
アイルランド代表として
自国の勝利に貢献していました。

2013年からはイングランドやスコットランドなどの
代表選手から選ばれる
「ライオンズ」のメンバーとなり

2017年には、ニュージーランド代表
「オールブラックス」相手に
得点(トライ)を決めるなどしたマレー選手。

攻守の両面で活躍し

2017年には、アイルランドの選手協会が選ぶ
最優秀選手賞を
受賞されていたようです。

身長は188cmと、
SHとしては大型の選手であり、

密集に強く
パスやキックにも
長けているマレー選手。

高さや距離があり、ピンポイントで落ちる
高精度のボックスキック※は
対戦チームにとって、かなり厄介ですね!

※ボックスキックとは・・・箱に落とすように、ピンポイントで狙うキックのこと。

マレー選手が不在だと
「アイルランドが機能不全におちいる」

と言った声もあるほど

代表にとって、欠かせない存在なのだそう。

マレー選手はイケメンで彼女もスゴかった

濃い顔立ちのイケメンとしても知られているマレー選手ですが、

彼女のジョアンナ・クーパーさん(25)は、

元ミスユニバースアイルランド代表のモデルであり、

ロンドンで活躍する
ミスコン女王だったようです。

マレー選手が羨まし過ぎます(笑

ネット上からは、このような声も

交際相手が美人なラガーマンランキング1位は
アイルランド代表
コナーマレーで決まりだわ

長身イケメンかつ
最高峰のラガーマンだなんて、、、、

天は二物三物を与えたのかもしれません((泣)

まとめ

力強いFW(フォワード)の突進を
中心戦略とするアイルランドですが、

スクラムハーフのマレー選手&スタンドオフのセクストン選手による
手堅いゲームメイクで、

プールAの中でも
頭一つ抜けたチームに。

ベスト8入りを目指す日本にとって
最も手強い相手であることは
間違いないでしょう。

そんなアイルランドの
戦績を左右するといっても
過言ではない

マレー選手のワールドカップでの活躍に
注目していきたいですね!

というわけで今回は、ラグビーワールドカップ
アイルランド代表のコナーマレー選手についてまとめてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!!

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。