残すところ4試合となった
2019年のラグビーワールドカップ
日本大会ですが

本日の準決勝で、優勝候補のオールブラックスが
イングランドに敗れ
ノックアウトステージ敗退となりました。

試合前のハカの際に、笑みを浮かべていたイングランドのファレル主将↓

各国のファンは驚きを隠せないようで、

イングランドのメディアも、自国の歴史的勝利を大きく報じていました。

今回は、ラグビーニュージーランド代表(オールブラックス)に勝利した
イングランド代表への
海外の反応をまとめてみました!

イングランド代表のニュージーランド戦勝利への海外の反応まとめ

2019年10月26日(土)に行われた、
ラグビーワールドカップ準決勝で

世界ランク1位
ニュージーランドに
19−7で勝利していたイングランド代表。

近年、サッカーやクリケットで
目覚ましい活躍を見せるイングランドですが、

ラグビーワールドカップで
ニュージーランドに勝ったことは
1度もありませんでした。

準々決勝でアイルランドを圧倒していた
オールブラックスなだけに

今回イングランドに負けたのは、かなり衝撃的でしたね。

海外のラグビーファンからは、さまざまな反応が寄せられています。

試合前には、以下のような声が↓

イングランド代表のハカへの対応が新鮮だったな!

試合が始まってからは↓

イングランド代表のラグビーは
私たちを失望させないわね。
イングランドは良くやっている。
このまま勝ってくれ!
(アイルランドのサポーター)
イングランドを尊敬するわ。(フランスのサポーター)

ニュージーランドのすべての試みが
今回の試合のように精査されるのは、
正しく公正なことです。

まったくもってスポーティな週末だ。
イングランドは素晴らしいパフォーマンスを見せている!
(ウェールズのラグビーファン)
いったい何が起きたの??
イングランドが勝っているのは分かるけど。
(海外のラグビーにわかファン)
サニービルウイリアムズはどこだ?
オールブラックスには頑張ってほしい!
ニュージーランド代表は、
残り時間
私達を落胆させないでくれ!!
これまで見た中で最高の試合だった!
(イングランドのクリケットサポーター)
アメリカが今回の勝利から
何か学べないかな?
(メキシコ・アメリカ人のサポーター)

イングランド代表のハカへの対応には、以下の声が↓

良くやったイングランド。
ハカへのスタンスには腹がたったが。
布と石、あの服装は勝つためのものだった。
あのVのフォーメーションは勝利(ヴィクトリー)を
意味するVだったのか?
ハカは戦争の叫びではなく、
歌と踊りのラインに沿った
パフォーマンスアートだった。

オールブラックスが練習に行き、
歌と踊りをリハーサルしたことを知って、
私はそれを真剣に受け取れなかった。

エディー監督に対するコメントも

イングランドのエディー・ジョーンズ監督とファレル主将への、試合直前のインタビュー↓

エディー監督の記者への対応には、海外から以下の反応が↓

エディーはいい奴だな、
いつも面白いよ。

質問への回答を
ほとんど聞けないなんて、
この記者会見は何だったんだ?
エディーは素晴らしい戦術家であり
コーチの天才だ。
エディーがワールドカップの記者会見で
マスコミを処理したやり方は
素晴らしかった!

世界最大規模のラグビー人口を誇る
イングランドでは、

目の超えたファンの視線が
代表に向けられ、
W杯のプレッシャーも相当なものだったようです。

選手たちがW杯に集中できたのは、エディー監督のおかげなのかも。

イングランドの地元メディアは
他国では考えられないほど
代表チームに否定的で、一挙一動を騒ぎ立てる。

W杯登録の選考などは、メディアの格好の獲物であり、
選手たちへの雑音になります。
だから、リスクを背負ってでも、早期に代表メンバーを発表しました。(エディー監督)

↓オールブラックスも、試合後はメディアに叩かれそうになったみたいですね。

ニュージーランド代表のスティーブ・ハンセン監督は、
インタビューの際の「無礼な」質問から
キアラン・リード主将を迅速に防御しました。(ニュージーランドの国有テレビ局)
オールブラックスの「準決勝」進出は

能力の高さと、その背後にある歴史によるもの。

これはかなり平均的な質問です。
(スティーブ・ハンセン監督)

今回のW杯が始まる前には、

「イングランドが日本大会の主役に
なリそうな気がしている。」

と予想していた
元日本代表の「五郎丸」選手。

僕が今回のW杯で楽しみにしているのは
イングランドだ。

前回大会で悔し涙を飲んだイングランドだが
そこにエディーさんが乗り込んで
チーム力をぐっと上向かせた。

直前のシックスネーションズでは
優勝をウェールズに譲ったが、
ほとんどのスコア(数値)でイングランドがトップだったのだ。

W杯を知り尽くしているエディーさんは

あえて、伸びしろを見せてオールブラックスを倒す戦略を
着々と練っていたハズ。
(五郎丸選手へのインタビュー)

前回大会で日本代表キャプテンをつとめた
「廣瀬俊朗」選手も
イングランドの決勝進出を予想していたようで

元日本代表は、エディー監督のマネジメントに、
絶対的な信頼を
おいていたみたいですね。

まとめ

エディー・ジョーンズ監督への試合後のインタビュー↓

ボールをとり続け、前に進み続けることができた。
彼らを打ち負かすには、
本当に深く掘り下げなければなりませんでした。
日本語で:日本の皆さん、いい雰囲気を作ってくれて
ありがとうございました。(エディー監督)

ニュージーランド代表に
日本でプレーする選手が
多いこともあってか

日本国内からは、オールブラックスの準決勝敗退を悲しむ声が
寄せられています。

一方で、前回(2015年)大会でエディー監督が
日本代表ヘッドコーチを
つとめていたためか

イングランドの勝利を喜ぶ
日本人も多かったみたいですね!

世界のラグビーファンは
W杯では、もちろん自国を応援しますが、
2番目の国を応援することも良くあります。

日本のファンの皆さんには
2番目の国として
イングランドを応援してくれたら嬉しいですね。(エディー監督)

考え抜かれた戦術を実行し
勝利をおさめたイングランド代表。

ホスト国である日本同様、
全世界に向けて
最高の試合ができましたね。

この調子で決勝戦も
盛り上げていただきたいと思います!

というわけで今回は、ラグビー・ニュージーランド代表に勝利した
イングランド代表への
海外の反応をまとめてみました!

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。