ルフィ達と同じ
最悪の世代の海賊であるx(ディエス)ドレーク。

ドレーク ワンピース

元海軍の将校であり、
初登場時は、2億2000万ベリー
懸賞金をかけられていましたね。

アゴにあるxの傷と胸のエックスが
トレードマークです。

ドレーク海賊団を率いる
ノースブルーの出身、33歳、

頂上戦争後は、カイドウの
部下になっていたドレークですが、

どんな海賊なのでしょうか?

今回は、「ディエス・ドレーク」について、
その強さや、
悪魔の実の能力などをまとめてみました!

海賊ドレークは2年後カイドウの部下に!長いものにまかれるルーキー達

白ひげと海軍による
頂上戦争の後で、

四皇・百獣のカイドウのお気に入りの
冬島に上陸していたドレーク。

カイドウに守備を任されていた
部下(スコッチ)に戦いを挑むなど
怖いもの知らずな振る舞い。

お前の首を取れば、カイドウが黙っていないとでも???

扉絵シリーズでは、カリブーを倒し、
どこかへ
連行していましたね。

この頃のドレークはまだ、
カッコよかったのですが、

現在のドレークは、カイドウの部下
(真打ち)となっており、

ルフィが最初に訪れた
ワノ国の村を破壊していました。

ドフラミンゴを恨んじゃいない

元王下七武海であり、
カイドウと繋がっていた
ドンキホーテ・ドフラミンゴは

ドレークの父親(ディエス・バレルズ)の命を奪った
仇でした。

元海軍将校であり、バレルズ海賊団を率いていたディエス・バレルズ

ドレーク自身、バレルズから、
奴隷のような扱いを
受けていたためか、

ドフラミンゴがルフィに負けた際には、「親父がやられたのは昔の話だ、
別に恨んじゃいない」
などと発言しています。

ドフラミンゴによるバレルズ一味への襲撃から
一人だけ運良く逃げ出し、
海軍に保護されたドレークは、

そのまま将校の
地位まで駆け上がりました。

元少将ドレークの悪魔の実の能力とは?モデルはあの恐竜か

ドレークのモデルとなったのは
イギリスの英雄である
海賊「フランシス・ドレーク」。

海軍中将であり、

海賊紳士とも呼ばれたドレークは、

マゼランに次いで2回目(イギリス人としては初)に
世界一周を果たした
歴史上の人物です。

航海の途中、スペインで
海賊行為を働くなどしたドレークですが、
1596年にこの世を去っていました。

ワンピースの世界のドレークは
海軍の元少将(階級的にはヒナと同じ)
にまでのぼりつめた後、

海賊となり

ルフィやローなどと同じ
最悪の世代の
ルーキーの一人に数えられていましたね。

世にも珍しい、ゾオン系の古代種リュウリュウの実
(モデル・アロサウルス)を食べており

その能力などは、
明らかになっていませんが
戦闘シーンを見る限り、格闘タイプだと思われます。

白亜紀に生息していた肉食恐竜
のような姿となり、
敵に噛みつくなどの攻撃をするドレーク。

ジャックもそうですが、
ゾオン系の古代種は
あまり強そうに見えませんね。

覚醒したら、
相当強いのかもしれませんが

ドレークの現在の強さは?元七武海のローよりは弱いか

シャボンディで、最悪の世代同士の戦いを止めていたドレーク

暴れたきゃ 新世界へっ

大将(黄猿)の能力を再現した
人間兵器(パシフィスタ)の
性能を確かめるため、

ウルージやホーキンスに
加勢する形で
戦いを挑んでいたドレーク。

恐竜の姿になり、バーソロミュー・くまの姿をした
パシフィスタに
噛み付いたドレークですが、

レーザーで体を貫かれ、
人間の姿に戻ってしまいます。

その後、黄猿に光の速度で蹴られ、
ノックアウトされていました。

一見、冷静なキャラにも見えるものの、

黄猿がいたことに気づかずに
突っ込んでいくあたり、

案外おっちょこちょいな
性格なのかもしれません。

しまった、黄猿に会うつもりはなかった!!!

あれから2年が経ち、
パワーアップしたと思われる
ドレークですが、

ワノ国では、ホーキンスとともに
カイドウの部下として
再登場していましたね。

これまでに大した活躍が
見られなかったドレークですが、

新世界では、存分に
暴れていただきたいものです!

追記)カイドウの部下になったと思われたドレークですが、
海軍本部・機密特殊部隊「SWORD(ソード)」の
隊長でもあったそう。

いつ海軍に戻ったのでしょうか?
(ひょっとすると、最初から海賊になってはいなかった?)

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!


というわけで今回は、ワンピースの
ディエス・ドレークについて、
その強さや、悪魔の実の能力などをまとめてみました!

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。