2019年の箱根駅伝が
ついに始まりましたね!

前回(2018年)4年ぶりの
往路優勝を果たすも
翌日に逆転され、

総合優勝を青学に
奪われてしまった東洋大学。

10年連続で3位以内に入っている東洋大学は、
2019年の箱根駅伝では、
総合優勝を目指します!

今回は、そんな東洋大学の
酒井俊幸(監督)について
過去の名言や評判などをまとめてみました!

酒井俊幸(監督)評判まとめ!

箱根駅伝の優勝校である青山学院大学の
最大のライバル
とも言われている東洋大学。

そんな東洋大学の
駅伝部の監督である酒井監督は、

区間配置が絶妙だと言われています。

さらには選手を見抜く力が秀でている
との声も。

同じ福島出身で、東洋大学のエースランナーであった
柏原選手を
スカウトした人物でもあります。

山の神と呼ばれ、山登り区間で活躍した柏原選手。

酒井監督の指導は、とても厳しいそうで、

卒業後の選手が
活躍し続けているのは、酒井監督のおかげ
といった声も。

酒井 俊幸は過去の辞任(解任)騒動で東洋の監督に

名前:酒井 俊幸(さかい としゆき)
生年月日:1976年5月23日
出身:福島県

地元の石川高校をご卒業後、
東洋大学の経済学部に進学された酒井監督。

在学中には、3年連続で
箱根駅伝を走っています。

卒業後は、コニカミノルタに入社し、
2002年〜2004年
実業団の駅伝連覇に貢献されていたようです。

2005年からは、母校の教師として活動、

当時から、柏原選手の才能を見抜き
東洋大に伝えていたそう。

そして、2008年、

前任であった「川嶋伸次」監督が部員の痴漢行為の
責任を取る形で辞任したため、
東洋大学(陸上部)の監督に就任した酒井監督。

酒井監督 解任

その後は、箱根駅伝の2年連続優勝の
立役者となっています。

当時、最年少でありながら、
チームを優勝に導いた酒井監督ですが

好きな言葉は克己心(こっきしん)だそう。

克己心とは、自分の欲望を抑える心のことですが、

何事においても
大事なことですよねー。

人間誰しも、楽な方に
流れてしまうのですが、

酒井監督は、大学時代の箱根で、
思うように結果を残せなかったという

過去の、ご自身の体験から

そのような言葉を大事にされており、
チームづくりにも
反映させていたようです。

酒井監督の名言をまとめてみた!

42歳という若さで、
東洋大学を率いる名監督。

ベイビーフェイスでイケメンな監督には、女性ファンも多いようです
酒井監督 名言

すでに学生時代からの彼女?らしき女性と
ご結婚されていたようで
お子さんも二人、いらっしゃるみたいです。

愛妻家のようで、羨ましいな〜。

今回は、酒井監督の名言をまとめてみました!

”その”一秒を削り出せ

↑は、支えてくれた人のため
チームのため

「一秒一秒を、皆で背負大事にしよう」と
そういった意味がこめられた
チームスローガンであり

過去の箱根で
21秒差で、優勝を逃してしまった際に

その悔しい気持ちを
チーム全員で
背負う必要がる、といった考えだそうで。

あえて「削る」という表現を使うことで
それに向けて
いっそうの努力をしやすくなる、といった狙いも。

”当たり前のことを当たり前にする”

当たり前のスタンダードをどこに当てるのか、が
大事だと思います。

一般の大学生の時間の過ごし方と
競技者(アスリート)との
時間の過ごし方は違う。

自己管理が大事なので
生活もしっかりしなければ。

箱根駅伝を目指すのと、オリンピックを目指すのでは
違いが出てきます。

社会人選手と同じ場所を目標にするなら
一流の生活レベルでないと
勝負にならない。

箱根に選ばれず、悔し涙を飲んだ4年生に対しては、

箱根駅伝というのは
走ることで、学べることもあれば
走れないことで
学べることもある。

2019年の箱根で、区間新記録を出した相澤選手に対しては

速いと思うなよ

選手たちに慢心の心を持たせない
ストイックな姿勢は

後半で涙を飲んだ、
昨年の箱根があったからこそ、
でしょうか。

ちなみに、東洋大学の生徒は
箱根駅伝の前まではツイッターを
禁止されているようで、

脇を固めていらっしゃいますよね。

このような、一つひとつの努力の積み重ねが
勝利を引き寄せるのでしょう。

酒井監督の今後の指導から
目が離せなくなりそうですね。

というわけで今回は、東洋大学・陸上部の
酒井監督についてその評判や経歴
過去の名言などをまとめてみました!!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!

関連記事とスポンサーリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。