2019年9月から行われるラグビーワールドカップで
日本代表への復帰を果たす
38歳のトンプソン・ルーク選手。

ジャパンラグビートップチャレンジリーグに参加する
近鉄ライナーズに所属しており

ポジションはスクラムや
空中戦で活躍するLO(ロック)です。

2015年に出場したW杯では
日本のベストプレイヤーと呼ばれるほどの活躍をみせ
歴史的な3勝に大きく貢献。

専門雑誌「ラグビーマガジン」(ラグマガ)の
「読者が選ぶワールドカップMVP」にも
選ばれていました。

倒れてもすぐに立ち上がり、
ボールを持てば
粘り強く進む

献身的なプレーに
ファンも多いトンプソンルーク選手。

9月現在は、

所属チームの本拠地が存在する
大阪(東大阪市)に在住。

関西弁を話し、
トモの相性で親しまれている
トンプソンルーク選手ですが、

どのような人物なのでしょうか?

今回は、ラグビー日本代表のトンプソンルーク選手について
代表復帰の話や
名言などをまとめてみました!

トンプソンルーク選手のプロフィールや経歴まとめ!

名前:トンプソンルーク
生年月日:1981年4月16日(2019年9月時点で38歳)
身長:196cm(110kg)
ポジション:LO
所属:三洋電機→近鉄ライナーズ
出身:ニュージーランド・クライストチャーチ
9月時点のキャップ数(国対抗試合の出場回数):66(得点45・トライ数9)

ラグビー選手を父に持つトンプソンルーク選手。

妹はネットボール※の選手だそう。

※ネットボールとは・・・パスのみでボールをつなぎ、
相手ゴールにシュートして
得点を競うゲームのこと。

13歳でラグビーをスタートし

ニュージーランド元代表の
「リッチー・マコウ」選手などがOBの

リンカーン大学を卒業していました。

オールブラックスのキャプテンをつとめたリッチー・マコウ選手

2004年に23歳で来日し、

2010年には日本国籍を取得。

2007年のフランス大会に始まり、

今年(2019年)で4大会連続での
ワールドカップ出場を果たす
トンプソンルーク選手ですが、

↑今回のW杯は特別なものになりそうですね。

トンプソンルーク選手の妻や娘(息子)など家族についても

トンプソンルーク選手には
15歳の時から交際していた
幼馴染の奥さん(ネリッサさん)との間に

3人のお子さん(2女1男)が
生まれています。

今年7歳の
娘の名前は茉矢(まや)さん。

2015年5月に生まれた
息子はヘンリー勇人(ゆうと)さん。

日本生まれの日本国籍です。

「家族がいるから頑張れる」
と話していた
トンプソンルーク選手ですが、

長女を小学校に通わせるため

家族は今年から、
ニュージーランドでの生活を
スタートするのだそう。

トンプソンルーク代表復帰の話が泣ける

前回(2015年)のワールドカップ・イングランド大会の後で、

「もうおじいちゃんだから」などと

代表引退を表明していた
トンプソンルーク選手ですが、

2017年のアイルランド戦で
一時的に復帰し、

今年(2019年)2月には、

スーパーラグビー※
日本のチームとして初参戦した「サンウルブズ」に加入。

6月には代表合宿に招集され

9月にスタートするワールドカップ(日本大会)にも
日本の代表として
出場が決まっていました。

スーパーラグビー※・・・日本を含めた5か国、
計15のクラブチームで行われる
国際リーグ戦の呼び名。

一時的とはいえ

現役選手として復帰した
トンプソンルーク選手なので、

最後のチャンス?ということもあって

ラグビーへの情熱が
全身を攻めたてたのでしょう。

2018年にニュージーランドに
帰国する予定だったにも関わらず

後押ししてくれた奥さん(ネリッサさん)からは

「もう1度日本代表に
戻りたいんでしょ?」

「本当にやりたいなら、
私は止めない」

とのお言葉をもらい
復帰を決意されたそう。

トンプソンルークの名言でも泣ける

前回のワールドカップでの
南アフリカ撃破の中心選手であり、

試合中の「歴史を変えるのは誰?」の一言で

選手たちを奮い立たせていた
トンプソンルーク選手。

ネット上からは、

トンプソンルーク選手の名言に心打たれた、
という声が多く寄せられています。

↓ハッとさせられるような一言が多いですよね。

最後の挑戦となるであろう
今回のワールドカップでも

ルーク選手の活躍や
新たな名言に期待したいですね!

というわけで今回は、ラグビー日本代表の
トンプソンルーク選手についてまとめてみました!

また追加情報があれば
アップしていきたいと思います!!

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。