2019年のラグビーワールドカップが
まもなく始まりますね!

開催国であり、予選プール突破を目指す
日本代表ですが、

日の丸を背負って戦うのは
どのような選手なのでしょうか?

今回の記事では、2019年のラグビーワールドカップ日本代表に選ばれている
ジェームス・ムーア選手について
ポジションや彼女の噂などをまとめてみました!

ジェームス・ムーア選手のポジションは?プロフィールもまとめ

名前:ジェームス・ムーア(James Moore)
生年月日:1993年6月11日(2019年9月時点で26歳)
出身:オーストラリア・ブリスベン
身長:体重:195㎝(102㎏)
ポジション:LO(ロック)
キャップ数(国代表同士の対抗試合に出場した回数):2
ベンチプレス:130kg

筋肉が凄い、と評判のジェームス・ムーア選手のポジションは
FWのLO(ロック)です。

スクラムの際に2列目の左右に位置するロックは

ラインアウトでは、
ボールを空中で奪い合うため
身長と体重の両方が求められます。

トンプソンルーク選手やファンデルヴァルト選手がつとめるポジションですね!

トンプソンルーク選手に次ぐ長身選手であり、

ベンチプレス130kg超えの
ジェームス・ムーア選手は
ロックのポジションに向いていそうです。

ジェームス・ムーア選手は結婚しているの?彼女についても

イケメンなムーア選手ですが、
現在までに、結婚はしていないようです。

公式の情報では、

「ガールフレンドと過ごすのがリフレッシュ。」
などと、

過去に彼女の存在を匂わせる発言をしていた、
とされていますが、

2019年9月現在のムーア選手に

交際相手がいるのかは分かりません。

これだけイケメンなムーア選手なので

どのような女性と
お付き合いしていたのか
気になりますよね。

ムーア選手は賢い女性がタイプだそうです。

26歳ということで、結婚しても
おかしくはない
年齢ではありますが、

ラグビーへの情熱が人一倍だと言われているムーア選手なので

今は、その時期ではないのかも。

もし、婚約者などがいる場合は、

ワールドカップが終わった後、
式を挙げるつもりなのかもしれませんね。

来日して3年目であり

日本語の通訳を通しているムーア選手。

日本の女性はオーストラリアでも
人気があるようなので

ムーア選手が日本語を
話せるようになった際には
日本人のガールフレンドができるかも。

ジェームス・ムーア選手の経歴や凄さも

タックルの強さや
豊富な運動量が持ち味の
ジェームス・ムーア選手。

(現代のラグビーは、運動量を増しており
ロックの選手などの運動量が
勝負の鍵とも言われています。)

10歳でラグビーをスタートし

オーストラリアのブリスベンステート高校から
クイーンズランド工科大学(ブリスベン)に進学。

2016年に来日し、ジャパンラグビートップリーグに参加する
「東芝ブレイブルーパス」に
加入していました。

東芝に所属していた
日本代表のリーチマイケル主将が、

「ライバル」としてその名を挙げたほどの
仕事量を誇っていたムーア選手。

現在は、福岡県・宗像市を本拠地とする
「宗像サニックスブルース」(トップリーグ参加チーム)に
所属しているそう。

九州が好きで、「気に入った。」

などと、話していたムーア選手。

オーストラリアは、
自分の故郷に誇りを持つ国民が多い、

と聞きますが

ムーア選手も
「福岡は第二の故郷。」と
誇りに思ってくれているのかも。

イケメンすぎるラグビー日本代表

2018年には、「サンウルブズ」に招集されたジェームス・ムーア選手。

「サンウルブズ」は、2016年から「スーパーラグビー」※に参加している
日本のチームです。

スーパーラグビーとは※・・・日本を含めた5か国、
計15のクラブチームで行われる
世界最高峰のプロラグビーリーグ。

ムーア選手は、
以前から、「日本代表になりたい!」
と、考えていたそうで、

念願どおり代表に
選出されたみたいですね。

オーストラリア国籍を
お持ちのままであろうムーア選手。

帰化したとの情報はありませんが、

在住期間が3年以上であれば、

日本国籍を取得していなくても
代表にはなれるそう。

ムーア選手は、2019年のPNC(パシフィック・ネーションズカップ)でも活躍していたようです。

日本代表としてW杯を戦うムーア選手を
応援したいですね!

というわけで今回は、
ラグビーワールドカップ日本代表の
ジェームス・ムーア選手についてまとめてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。